野呂 元丈とは?

のろ‐げんじょう〔‐ゲンヂヤウ〕【野呂元丈】

[1694〜1761]江戸中期本草学者伊勢の人。本姓高橋、名は実夫。儒学医学本草学学び幕府採薬御用各地旅行参府オランダ人質問し、「阿蘭陀本草和解」を著した。


野呂 元丈 (のろ げんじょう)


野呂元丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 05:11 UTC 版)

野呂 元丈(のろ げんじょう、元禄6年12月20日1694年1月15日〉- 宝暦11年7月6日1761年8月6日〉)は、江戸時代中期の本草学者日本における蘭学の先駆者とされる。本姓は高橋、名は実夫。通称は源次。連山と号す。高橋善太郎の子。野呂三省の養子。


  1. ^ a b 野呂元丈ゆかりの里を歩く〜元丈コース”. 観光三重. 三重県観光連盟. 2014年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  2. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.52


「野呂元丈」の続きの解説一覧



野呂 元丈と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野呂 元丈」の関連用語

野呂 元丈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野呂 元丈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野呂元丈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS