神尾 春央とは? わかりやすく解説

神尾 春央 (かんお はるひで)

1687〜1753 (貞享4年宝暦3年)
勘定奉行】 「胡麻百姓絞れば絞る程出るもの」享保の改革年貢増徴推進
幕臣勘定奉行老中松平乗邑の下で年貢増徴政策推進し享保の改革一端を担った隠田摘発有毛検見取法を各地実施し年貢増収成功した西域物語では「胡麻百姓絞れば絞る程出るもの」と、百姓胡麻例え年貢いくらでも厳しくできると考えていたとされる

 年(和暦)
1687年 (貞享4年) 生類憐みの令 0才
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 11
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 15才
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 16才
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 18
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 20才
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 31
1719年 (享保4年) 相対済し令 32
1720年 (享保5年) 江戸大火 33才
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 33才
1722年 (享保7年) 小石川病所設置 35
1732年 (享保17年) 西日本蝗害 45
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定 55
1744年 (延享元年) 神田天文台設置 57


 人物
絵島 1681年1741年 (天和元年寛保元年) +6
徳川 吉宗 1684年1751年 (貞享元年宝暦元年) +3
野呂 元丈 1693年1761年 (元禄6年宝暦11年) -6

神尾春央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 04:35 UTC 版)

神尾 春央(かんお はるひで、貞享4年(1687年) - 宝暦3年5月5日1753年6月6日))は、江戸時代旗本官位若狭守。苛斂誅求を推進した酷吏として知られており、農民から憎悪を買ったが、将軍吉宗にとっては幕府の財政を潤沢にし、改革に貢献した功労者であった。


  1. ^ 『勘定奉行取扱向ノ儀ニ付勤方達書』
  2. ^ 松浦静山の『甲子夜話』より。


「神尾春央」の続きの解説一覧

「神尾 春央」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

神尾 春央のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神尾 春央のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神尾春央 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS