ストレートティーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ストレートティーの意味・解説 

紅茶

(ストレートティー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/12 05:14 UTC 版)

紅茶(こうちゃ)とは、摘み取ったを萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰したをその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。


注釈

  1. ^ レポート本文には、「UHT(超高温殺菌)は熱変性しており、味もよくない。」と記されている。
  2. ^ この飲み方は日本式。正式な飲み方はロシア(作法)を参照。
  3. ^ しかし、消費量が最も高いのはトルコであり、イギリスはアイルランドに次いで二位である。

出典

  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、263頁。 
  3. ^ a b 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、267頁。 
  4. ^ お茶百科「紅茶の主要産地 スリランカ」伊藤園、2015年7月20日閲覧
  5. ^ 日東紅茶「紅茶のマメ知識 紅茶の産地」
  6. ^ a b 「鵜方紅茶」復活へ着々 三重・JA伊勢 専用品種、新たに作付け『日本農業新聞』2020年5月6日(2面
  7. ^ 丸子紅茶 | しずおか葵プレミアム
  8. ^ 静岡県/発酵茶ラボとは?
  9. ^ a b 紅茶の会
  10. ^ 【食のフロンティア】「和紅茶」クセ少なく人気/杉の葉使った商品も登場『日経MJ』2018年3月5日(フード面)
  11. ^ 桑原 珠玉「19世紀カリスマ主婦が説く紅茶の入れ方All About(2015年7月23日閲覧)
  12. ^ フクナガヒストリー、食に歴史あり 洋食・和食事始め(産経新聞出版)
  13. ^ http://www.tea.co.uk/tea-faqs
  14. ^ FAQ About TeaUK Tea & Infusions Association(2020年5月22日閲覧)
  15. ^ a b c 島尾伸三『中国茶読本』(平凡社 <コロナ・ブックス> 1996 ISBN 4-582-63307-2)pp.57-64.
  16. ^ 石毛直道『食文化 新鮮市場』(毎日新聞社、1992年)pp.193-199
  17. ^ a b 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、257頁。 
  18. ^ a b c d e 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、258頁。 
  19. ^ 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、258-259頁。 
  20. ^ 「核戦争の最大の懸念は放射能ではなく紅茶不足、50年代の英公文書」AFP(2008年05月05日付配信)
  21. ^ a b c d e 日本紅茶協会 『紅茶の大事典』成美堂出版、2013年、261頁。 
  22. ^ 「紅茶の抹茶」加工に最適 宮崎県都城市の企業が開発『日本農業新聞』2021年11月13日1面
  23. ^ 『紅茶の大辞典』日本紅茶学会編 成美堂出版 ISBN 978-4-415-31373-3
  24. ^ 講談社サイエンティフク-紅茶に重曹を入れたらどうなる?
  25. ^ チョコレートは危険な食品?健康効果、アレルギーや中毒症状についてここからPRESS(2020年5月22日閲覧)
  26. ^ Harold McGee 香西みどり訳『マギー キッチンサイエンス』(2008年、共立出版)p.423,429





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ストレートティーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストレートティーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS