白湯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 白湯の意味・解説 

白湯

読み方:さゆ・しらゆ・はくとう

白湯とは、何も混ぜていない、ただを沸かしただけの「お湯」のこと。一般的に飲用の湯を指し沸騰させてから飲める程度まで冷ましたもの(=湯冷まし)を指す場合が多い。文脈によって用法読み方が違ってくる。

飲み物としての「白湯」は「さゆ」と読まれることが多い。「しらゆ」とも読まれる。「はくとう」と読む場合もある。これは「薬湯」に対する語であり、すなわち薬草などを混ぜていない浴用お湯のことである。ただし、詩吟漢文などでは、飲用の白湯(さゆ)を敢えて漢語的に「はくとう」と読む場合もある。

白湯は普通のを沸かしただけのお湯であり、基本的に・コーヒー・ジュース・酒類などの飲み物全般対比される。こうした飲み物違い、白湯には何も入っていないので、誰でも心して飲むことができる飲み物である。湯冷まし飲みやすく、すぐれた水分補給の手段である。カフェイン糖類アルコールも入っていないため、医薬品との相互作用も起きず、医薬品服用にも適する。

英語には、白湯に直接に対応する単語が特にない。あえて訳出する場合hot water あるいは boiled water のように表現されることが多い。「何も入れていない意味合い明示するために plain の語を加え場合もある。

一般的な白湯の作り方。白湯は、水道水ミネラルウォーター沸騰させた、90度以上の温度にした湯を指すことが多い。「湯冷まし」は、一度そこまで温度を挙げた白湯を、ぬるさを感じ程度(おおもね2030度ほど)まで冷ましたを指すことが多い。とはいえ沸騰した段階から、湯冷ましも含めた、「いちど沸かした(湯)」を総称して「白湯」に含めることも多い。数値的な厳密な定義はないといってよい。

白湯は、元の水の種類を特に問わない水道水でもミネラルウォーターでも、そのまま沸かせば白湯に該当する。沸騰のさせ方にも特に決まりはない。強火にかけて一気沸騰させても、とろ火でじっくり時間をかけて沸騰させても、もちろん電気ケトルなどを使ってもよい。吹きこぼれには注意されたい

水道水は、「水道法」の規定により、微量残留塩素を含めることが義務付けられている。つまり、水道から出てきた直後には、ごく微量ながら塩素化合物が含まれている。無害であり健康になんら影響は及ぼさないものの、においや味に微妙な影響表れる場合はある。そんな水道水も、いちど沸騰させるとことによって、塩素のにおいや味が飛び、気にならなくなることが多い。白湯はこうした観点から好まれている場合も多い。なお、水道水に含まれた塩素化合物を完全に除去するには10程度沸騰させ続け必要があるとされる

白湯は、お湯であるため、当然ながら体を温める効果期待できる。体温上昇冷え性改善冷えからくる内臓機能低下改善などが見込まれる水分摂取しつつ、体の内側から温めることで、消化器系活発化し、利尿排便促される体温と共に血液も温まれば全身血液循環促される血液循環改善すれば体の中老廃物などが排出されやすくなり、代謝上がりやすくなる。そして、白湯は、急速に体温上げるわけではなく内側からじんわり温めることになるため、体への負担少ない。

白湯は、いつ飲んでも効果見込めるが、とりわけ朝、起きてすぐに時間をかけて飲むのが最も効果的とされる。朝は体温一日の中で最も低い時間帯であり、この時点で白湯の飲むことによって、冷えた体を温め代謝上げることができる。もちろん朝以外の時間に飲んでも効果は得られる。カフェイン砂糖が入っているわけではないので、寝る前に飲んでも就寝阻害しない。むしろ、寝る前の白湯は、体温上昇することによって体をリラックスさせ、寝付きよくする効果期待できる。水道湯沸かしがあればいつでも用意できるというメリットもある。温度にさえ気をつければ乳幼児水分補給にも最適である。

「白湯」は「パイタン」と読む場合もある。パイタンは、魚介類豚肉などを強火長時間煮込んでつくるスープのことである。中国語で湯(タン)はスープを意味する言葉であり、白い湯(スープ)のことを指している。実際、パイタンは白く濁ったスープである。パイタンは、「湯(タン)」の一種であり、ほかにも基本の上湯(シャンタン)や、や豚を使っているが、澄んでいる清湯(チンタン)、メイン作る湯(ジータン)など、様々な種類の湯(タン)がある。

日本では「白湯(パイタン)」といえば白湯」を指すものと認識されがちであるが、パイタンの材料鶏ガラとは限らない以外にも豚肉魚介類から作られるパイタンがある。それぞれ味も特徴も違う。白湯は、ガラスープ強火沸騰させ、煮込んで作るスープのことであり、脂肪ゼラチン質が溶けるため、白く濁るといわれている。豚白湯も白湯同様、豚肉材料長時間煮込んで作るスープであり、魚介類を使って作るパイタンもある。また、これらの材料ミックスさせて作る場合もあり、作り方や味はひとつではない。これら以外の材料であっても、煮込んでいるうちに乳化して白くなるようであれば、パイタンと呼ばれる

パイタン【白湯】

《(中国語)》豚骨鶏がらなどを煮込んで作る白く濁ったスープ


はく‐とう〔‐タウ〕【白湯】

何もまぜてない湯。さゆ。しらゆ。

薬湯に対して、普通の浴用の湯。


しら‐ゆ【白湯】

をわかしただけで何もまぜてない湯。さゆ。


さ‐ゆ【白湯/素湯】

真水を沸かしただけの湯。


白湯

読み方:ハクトウ(hakutou)

沸かしただけで何も入れない湯


白湯

読み方:コミズ(komizu)

米を煮た汁。

別名 濃水濃漿


白湯 (さゆ)

一度沸騰させたお湯を、飲めるくらいまでにさましたもの。「湯冷まし」ともいいます。

白湯(ぱいたん)

白湯 豚骨鶏ガラなどの材料強火で煮込んだ際、熱によって脂肪ゼラチン質が乳化してできる白濁したスープ。⇒乳化
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

白湯

読み方:サユ(sayu)

作者 森鴎外

初出 明治23年

ジャンル 随筆


白湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/20 03:06 UTC 版)

白湯(さゆ、しらゆ)は、を沸かしただけで何も入れていないのこと[1]


  1. ^ 白湯(さゆ)とは”. コトバンク. 2014年8月20日閲覧。
  2. ^ 湯冷まし(ユザマシ)とは”. コトバンク. 2014年12月15日閲覧。
  3. ^ 一般社団法人 宮崎県薬剤師会 - 正しい薬の飲み方”. www.miyayaku.or.jp. 2020年3月20日閲覧。
  4. ^ 巨大地震に備えて(その2)|愛知県衛生研究所”. www.pref.aichi.jp. 2020年3月20日閲覧。
  5. ^ a b Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 | 2)方法による分類” (日本語). 2020年3月20日閲覧。


「白湯」の続きの解説一覧



白湯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白湯」の関連用語

白湯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白湯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2021 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2021 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白湯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS