せめてとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > せめての意味・解説 

せめ‐て【攻(め)手】

攻めかかる人。攻める側。「攻め手にまわる」

攻め手段攻撃方法


せめ‐て

[副]動詞「責(せ)める」の連用形助詞「て」の付いたもの

不満足ながら、これだけは実現させたいという最低限願望を表す。少なくとも。十分ではないが、これだけでも。「せめて声だけでも聞きたい」「せめて10若ければなあ」

しいて。無理に

ひとへ隔たれるやうに透き見え給ふを、—絶え間に見奉れば」〈更級

痛切に。切実に。

「このことの—あはれに悲し侍りしかば」〈大鏡時平

非常に。きわめて

高麗の紙の薄様だちたるが、—なまめかしきを」〈源・梅枝


せめ‐て

〔副〕 (動詞「せむ(迫)」「せめる(責)」の連用形に「て」が付いてできたもの。対象間隔を置かず、さしせまって、逼迫(ひっぱく)して、の意から)

① (他にせまり他をせめる意から) しいて。むりに。たって。つとめて

*平中(965頃)二七「せめて対面にと言ひければ」

宇津保(970‐999頃)俊蔭「いとどいみじき物思ひへまさる心地して、恥づかしくいみじけれど、せめてのたまへば」

② (自分にせまり自分をせめる意から) 切実に。しきりに。熱心に

*平中(965頃)三「時をいつとはわかねどもせめてわびしき夕暮れむなしき空眺めつつ」

大鏡(12C前)六「人やあるともおぼしたらで、せめて弾き給を、きこしめせば」

③ 非常に。ひどく。たまらなく。はなはだしく

(10C終)二六四「せめておそろしきもの、夜鳴る神」

源氏100114頃)幻「せめてさうざうしき時は、かやうにただ大方にうちほのめき給ふ折々もあり」

④ (①から(5)へ移る過程的な意味で) むりにがまんすれば。しいていえば

太平記14C後)一二是はせめて俗人なれば言ふ足らず彼の文観僧正振舞を伝(つたへ)聞こそ不思議なれ」

(5) 最小限これだけは実現してほしかった、実現してほしい、という話し手気持表わすこれだけでも。少なくとも。

*金刀比羅本保元(1220頃か)上「ぜひなく位を押し取られ給て、せめて廿年の御宝算をだにも保たせ給はず」

太平記14C後)一一「跡に留(とど)めし妻子共も如何成りぬらんと責(せめ)て其の行末を聞て後心安く討死をもせばや」

[語誌](1)中古前期から副詞として用いられた。この時期に動詞から派生した副詞は「併せて」「改めて」「強ひて」など数が多い。
(2)もともとは、派生する元の動詞「せむ(迫)」の意を残し情態副詞であったが、③のように程度副詞としても用いられるようになった(5)のような現代語で使われる叙述限定表わす用法は、中世からその用例がみられる。


せめ‐て【攻手】

〔名〕

攻めかかる人。攻める方の側。攻撃側。

史記抄(1477)五「昔の攻てと今の攻てとも大に異なれども」

攻め方法攻撃方法


せめ‐て【責手】

〔名〕 責めとがめる人。折檻(せっかん)する人。責める方の側。〔羅葡日辞書(1595)〕

ぎやどぺかどる(1599)上「悪人為には心の責手、訴へ手、苛責の人と成て」


攻めて、責めて

読み方:せめて

マ行下一段活用動詞攻める」「責める」の連用形である「攻め」「責め」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



せめてと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せめて」の関連用語

せめてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



せめてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS