黒木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 黒木の意味・解説 

くろ き [0] 【黒木】

製材ていない皮つきのままの丸木。 ⇔ 赤木 「 -もち造れる室は/万葉集 1637
生木蒸し焼きにして黒くいぶした近世京都洛北八瀬大原などから市中売りに出た。
黒檀こくたん)の異名

くろき 【黒木】

姓氏の一。

くろぎ 【黒木】 ◇

福岡県南部八女やめ)郡の町。中世には黒木氏の城下町農業製材業が盛ん。

黒木

読み方:クロキ(kuroki)

皮のついたままの木材黒檀


くろき (黒木)

Symplocos lucida

Symplocos lucida

Symplocos lucida

Symplocos lucida

わが国本州中国地方四国九州分布しています。海岸近く照葉樹林生え、高さは10メートルほどになります樹皮黒褐色平滑小さな皮目あります楕円形から長楕円形の革質互生し、縁はほとんど全縁です。3月から4月ごろ、前年葉腋穂状花序をだし、芳香のある白色小さな花を咲かせます。雄しべ長く花冠より突き出します。果実楕円形の核果で、晩秋紫黒色熟します。名前は、樹皮黒っぽいことから。
ハイノキ科ハイノキ属常緑小高木で、学名Symplocos lucida。英名はありません。
ハイノキのほかの用語一覧
ハイノキ:  沢蓋木  耽羅沢蓋木  黒木  黒灰

黒木

読み方:クロギ(kurogi)

シラビソ別称
マツ科常緑高木高山植物

学名 Abies veitchii


黒木

読み方:クロキ(kuroki)

コクタン別称
カキノキ科常緑高木

学名 Diospyros ebenum


黒木


黒木

読み方:クロキ(kuroki)

ハイノキ科常緑小高木

学名 Symplocos lucida


黒木

読み方:クロキ(kuroki)

所在 福島県相馬市


黒木

読み方:クロギ(kurogi)

所在 奈良県吉野郡下市町


黒木

読み方:クロギ(kurogi)

所在 岡山県苫田郡鏡野町


黒木

読み方:クロギ(kurogi)

所在 愛媛県大洲市


黒木

読み方:クロギ(kurogi)

所在 福岡県八女郡黒木町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

黒木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/20 07:49 UTC 版)

黒木(くろき、くろぎ)




「黒木」の続きの解説一覧



黒木と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒木」の関連用語

1
100% |||||



4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

黒木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS