クワイエットルームにようこそとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > クワイエットルームにようこその意味・解説 

クワイエットルームにようこそ

原題:
製作国:日本
製作年:2007
配給:アスミック・エース
スタッフ
監督:松尾スズキ マツオスズキ
プロデューサー:今村景子 イマムラケイコ

菅原直太 スガワラナオタ
アソシエイト・プロデューサー:高瀬巌 タカセイワオ
原作:松尾スズキ マツオスズキ
脚本:松尾スズキ マツオスズキ
撮影:岡林昭宏 オカバヤシアキヒロ
VFXスーパーバイザー:西田裕 ニシダヒロシ
音楽:門司肇 

森敬 モリタカシ
音楽プロデューサー:安井輝 ヤスイテル
主題曲:日暮愛葉 
美術:小泉博康 コイズミヒロヤス
編集:上野聡一 ウエノソウイチ
録音:坂門剛 
スクリプター:植草奈穂子 ウエクサナホコ
EP:豊島雅郎 トヨシママサロウ

山田晴規 

長坂まき子 ナガサカマキコ

北川直樹 キタガワナオキ

森元晴一 モリモトセイイチ
キャスティング:田辺千明 タナベチアキ
その他:小川真司 オガワシンジ

田口貴久 

米村弘光 

大和田一美 

高野華生瑠 

西村嘉廣 ニシムラヨシヒロ

平金聡一郎 ヒラカネソウイチロウ
助監督:大石誠 オオイシマコト
照明:山崎公彦 ヤマザキキミヒコ
キャスト(役名
内田有紀 ウチダユキ (明日香
宮藤官九郎 クドウカンクロウ (雄)
蒼井優 アオイユウ (ミキ
りょう リョウ (江口
中村優子 ナカムラユウコ (栗田
高橋真唯 タカハシマイ (サエ
馬渕英俚可 マブチエリカ (チリチリ)
筒井真理子 ツツイマリコ (金原
宍戸美和公  (水原
平岩紙 ヒライワカミ (ナース山岸
徳井優 トクイユウ (白井医師
峯村リエ ミネムラリエ (婦長
武沢宏 タケザワヒロシ (芸人
伊勢志摩 イセシマ (白井医師(声))
箕輪はるか ミノワハルカ (患者
近藤春菜 コンドウハルナ (明日香友達
庵野秀明 アンノヒデアキ (松原医師
河井克夫 カワイカツオ (内科医
俵万智 タワラマチ (旅館女将
しりあがり寿 シリアガリコトブキ (旅館番頭
川勝正幸 カワカツマサユキ (旅館板前
しまおまほ シマオマホ (旅館仲居
塚本晋也 ツカモトシンヤ (元旦那)
平田満 ヒラタミツル (俳優
妻夫木聡 ツマブキサトシ (コモノ
大竹しのぶ オオタケシノブ (西野
解説
芥川賞候補にもなった松尾スズキ同名原作小説映画化女性だけの閉鎖病棟で、主人公が再び生きる勇気取り戻していく14日間を描く。監督脚本原作者でもある「恋の門」の松尾スズキ出演は「監督・ばんざい!」の内田有紀、「大帝の剣」の宮藤官九郎、「フラガール」の蒼井優、「憑神」の妻夫木聡、他。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
28歳のライター佐倉明日香内田有紀)は見知らぬ白い部屋で、拘束された状態で目を覚ます現れナース江口(りょう)から「アルコール睡眠薬過剰摂取で運ばれ、2日昏睡していた」と聞かされる。仕事があることもあり退院したいと訴えるが、担当医保護者同意なければ許されないと冷たく返されてしまう。同棲相手放送作家雄(宮藤官九郎)が見舞い来て胃洗浄をしたらの量が多すぎたせいで、内科から精神科に運ばれた」と告げる。こうして明日香女性だけの閉鎖病棟生活が幕を開ける。「食べたくても食べられない」入院患者ミキ蒼井優)、元AV女優過食症西野大竹しのぶ)など、個性的過ぎる患者たちに戸惑う明日香だったが、病院内のルールにも慣れ患者それぞれの過去性格を知るうちに、少しずつ馴染みはじめていく。患者たちは、簡単な買い物電話も面倒な手続きが多いなど、何かと規則で縛ろうとする冷酷ナース江口たちに不満を募らせていた。そんな折、の子分のコモノ妻夫木聡)が面会やってくる明日香開け原稿の穴はコモノ埋めたらしいが、その出来最悪で、明日香持病蕁麻疹発症させてしまう。江口たちは閉鎖病室クワイエットルームの手配をはじめるが、毅然と江口たちのルール至上主義論破し、勝利する。この一件人気者となった明日香。しかし、信頼していたミキの悲しい秘密知ってしまう。ショックを受けた明日香病室に戻ると、西野コモノからの差し入れベッドぶちまけていた。しかも、雄から明日香宛てられた真剣な手紙を、西野勝手に朗読し始める明日香西野罵倒するが逆に追い込まれ、その騒ぎ聞きつけた患者ナースたちが集まりだす。その手紙で全ての記憶蘇り明日香がここにきた本当理由明らかになる

クワイエットルームにようこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 16:26 UTC 版)

クワイエットルームにようこそ』は、松尾スズキの小説。初出は『文學界2005年7月号[1]。2005年下半期の芥川賞候補作品にもなった。


  1. ^ 松尾スズキ 『クワイエットルームにようこそ』 文藝春秋文藝春秋〉、2005年12月15日ISBN 978-4-16-324520-1 巻末


「クワイエットルームにようこそ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クワイエットルームにようこそ」の関連用語

クワイエットルームにようこそのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クワイエットルームにようこそのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクワイエットルームにようこそ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS