オーバードースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > オーバードースの意味・解説 

オーバードーズ【overdose】

読み方:おーばーどーず

《「オーバードース」とも》麻薬過剰摂取すること。過剰摂取によって病気になった障害残ったりすること。また、致死量までの大量摂取のこと。OD


過剰摂取

(オーバードース から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 05:26 UTC 版)

過剰摂取(かじょうせっしゅ、英語: overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じるほどの量によって、薬物が使用されることである[1]。それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪の場合死亡することがある[1]過量服薬ともいう。英語ではオーバードースオーバードーズ、略称は OD。英語の超過を意味する over と服用量の dose との複合語である。


  1. ^ a b c d e 世界保健機関 1994, p. 50.
  2. ^ a b c d e f Jones, Christopher M.; Mack, Karin A.; Paulozzi, Leonard J. (2013-02). “Pharmaceutical Overdose Deaths, United States, 2010”. JAMA 309 (7): 657. doi:10.1001/jama.2013.272. PMID 23423407. http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1653518. 
  3. ^ a b 日本うつ病学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本生物学的精神医学会、日本総合病院精神医学会 (2010年12月1日), “「いのちの日」 緊急メッセージ 向精神薬の適正使用と過量服用防止のお願い” (pdf) (プレスリリース), http://www.jscnp.org/news/news_20101201.pdf 2013年3月12日閲覧。 
  4. ^ a b 嶋根卓也「ゲートキーパーとしての薬剤師 医薬品の薬物乱用・依存への対応」『日本薬学会』第133巻第6号、2013年、 617-630頁、 doi:10.1248/yakushi.13-00056-2NAID 130003361957
  5. ^ a b 福永龍繁「監察医務院から見えてくる多剤併用」『精神科治療学』第27巻第1号、2012年1月、 149-154頁。 抄録
  6. ^ a b Nick Wing (2013年8月30日). “America, It's Time For An Intervention: Drug Overdoses Are Killing More People Than Cars, Guns”. huffingtonpost. http://www.huffingtonpost.com/2013/08/30/drug-overdose-deaths_n_3843690.html 2014年5月22日閲覧。 
  7. ^ a b Overdose Facts & Stats”. International Overdose Awareness Day. 2014年1月20日閲覧。
  8. ^ a b c Bachhuber, Marcus A.; Saloner, Brendan; Cunningham, Chinazo O.; Barry, Colleen L. (2014-08). “Medical Cannabis Laws and Opioid Analgesic Overdose Mortality in the United States, 1999-2010”. JAMA Internal Medicine. doi:10.1001/jamainternmed.2014.4005. PMID 25154332. 
  9. ^ a b c d e Overdose Death Rates. By National Institute on Drug Abuse (NIDA).
  10. ^ a b Frances, Allen (2013-06). “The past, present and future of psychiatric diagnosis”. World Psychiatry 12 (2): 111–112. doi:10.1002/wps.20027. PMC 3683254. PMID 23737411. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/wps.20027/full. 
  11. ^ Peter C. Gøtzsche (2012-12-14) (pdf). Corporate crime in the pharmaceutical industry is common, serious and repetitive (Report). Nordic Cochrane Centre. http://www.cochrane.dk/research/corporatecrime/Corporate-crime-long-version.pdf 2014年6月4日閲覧。. , これの短縮版は以下である:Gotzsche, P. C. (2012). “Big pharma often commits corporate crime, and this must be stopped”. BMJ 345 (dec14 3): e8462–e8462. doi:10.1136/bmj.e8462. PMID 23241451.  前者の報告書において、ファイザー・2009年23億ドル、ノバルティス・2010年4.23億ドル、サノフィ・アベンティス・2009年9500万ドル以上、グラクソ・スミスクライン・2011年30億ドル、アストラゼネカ・2010年5.2億ドル、ジョンソン・エンド・ジョンソン・2012年11億ドル以上、メルク・2007年6.7億ドル、イーライリリー・2009年14億ドル以上、アボット・2012年15億ドル
  12. ^ Prescription Drug Abuse”. whitehouse.gov. 2014年8月2日閲覧。
  13. ^ Cameron Hardesty (2014年2月11日). “5 Things to Know about Opioid Overdoses”. whitehouse.gov. 2014年8月2日閲覧。
  14. ^ “Emergency department visits for drug-related suicide attempts rise over six year period” (プレスリリース), Substance Abuse and Mental Health Services Administration, (2014年8月7日), http://www.samhsa.gov/newsroom/advisories/1408062805.aspx 2014年8月10日閲覧。 
  15. ^ Use of new psychoactive substances now an epidemic”. Parliament.uk (2013年12月20日). 2014年7月25日閲覧。
  16. ^ International Overdose Awareness Day
  17. ^ a b c アレン・フランセス 著、大野裕(監修) 編 『〈正常〉を救え―精神医学を混乱させるDSM-5への警告』青木創(翻訳)、講談社、2013年10月、321-329頁。ISBN 978-4062185516 、Saving Normal, 2013
  18. ^ アメリカ疾病予防管理センター (2013年7月2日). “Policy Impact: Prescription Painkiller Overdoses”. Centers for Disease Control and Prevention. 2014年8月2日閲覧。
  19. ^ Martins, Silvia S.; Sampson, Laura; Cerdá, Magdalena; et al. (2015). “Worldwide Prevalence and Trends in Unintentional Drug Overdose: A Systematic Review of the Literature”. American Journal of Public Health 105 (11): e29–e49. doi:10.2105/AJPH.2015.302843. PMC 4605170. PMID 26451760. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/23294765/. 
  20. ^ a b Warner M, Trinidad JP, Bastian BA, Minino AM, Hedegaard H (2016). “Drugs Most Frequently Involved in Drug Overdose Deaths: United States, 2010-2014” (pdf). Natl Vital Stat Rep (10): 1–15. PMID 27996932. https://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr65/nvsr65_10.pdf. 
  21. ^ “FDA requires strong warnings for opioid analgesics, prescription opioid cough products, and benzodiazepine labeling related to serious risks and death from combined use” (プレスリリース), アメリカ食品医薬品局(FDA), (2016年8月31日), https://www.fda.gov/newsevents/newsroom/pressannouncements/ucm518697.htm 2017年5月10日閲覧。 
  22. ^ Bohnert ASB, Ilgen MA (January 2019). “Understanding Links among Opioid Use, Overdose, and Suicide”. N. Engl. J. Med. (1): 71–79. doi:10.1056/NEJMra1802148. PMID 30601750. https://doi.org/10.1056/NEJMra1802148. 
  23. ^ a b Overdose Basics”. International Overdose Awareness Day. 2014年1月20日閲覧。
  24. ^ Brenda Goodman (2011年11月22日). “Energy Drinks Send Thousands to the ER Each Year”. WebMD. http://www.webmd.com/mental-health/addiction/news/20111121/energy-drinks-send-thousands-to-the-er-each-year 2014年6月25日閲覧。 
  25. ^ a b B・W・ウォルシュ 2007, pp. 26–31.
  26. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2009-01). Borderline personality disorder - Clinical guidelines CG78 (Report). National Institute for Health and Clinical Excellence. pp. Introduction,1.3.5.1. http://guidance.nice.org.uk/CG78 2013年3月24日閲覧。. 
  27. ^ 平島奈津子、上島国利、岡島由香 2008, pp. 140–141, 145–146.
  28. ^ 軽い不眠症で薬漬けの妻が死亡 夫は薬物中毒死を訴え続ける”. SAPIO (2011年10月20日). 2013年6月21日閲覧。
  29. ^ 頻発する患者の死(2)「わがままな子」の治療”. yomidr. (2012年1月23日). 2013年6月21日閲覧。
  30. ^ 齊尾武郎「そんなに薬が必要ですか――職場でよくみる精神科多剤投与の実際――第107回日本精神神経学会学術総会シンポジウム:向精神薬の過量服薬,自殺企図を巡る諸課題」 (pdf) 『精神神経学雑誌』2012年、 SS163-SS170。[リンク切れ]
  31. ^ 「クリニックやすらぎ事件」など。この例では不当労働行為で民事訴訟、各レセプト請求で院長が逮捕・起訴・有罪判決が出た。
  32. ^ 松本俊彦、松下幸生、奥平謙一 ほか「物質使用障害患者における乱用物質による自殺リスクの比較 : アルコール, アンフェタミン類, 鎮静剤・催眠剤・抗不安薬使用障害患者の検討から」『日本アルコール・薬物医学会雑誌』第45巻第6号、 530-542頁、 NAID 10027807739
  33. ^ David Nutt (2010年3月17日). “Mephedrone: the class D solution”. the guardian. http://www.theguardian.com/commentisfree/2010/mar/17/mephedrone-class-d-solution-criminalise 2014年7月25日閲覧。 
  34. ^ “衆議院厚生労働委員会”. 1. 第175回国会. (2010-08-03). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=117504260X00120100803 
  35. ^ Robert S., Gable. “Acute Toxicity of Drugs Versus Regulatory Status”. In Jeffeson M. Fish. Drugs and society : U.S. public policy. Rowman & Littlefield. pp. 149-162. ISBN 0-7425-4245-9. https://books.google.co.jp/books?id=xpZhjBuDkuwC 
  36. ^ David Nutt (2010年3月17日). “Mephedrone: the class D solution”. the guardian. http://www.theguardian.com/commentisfree/2010/mar/17/mephedrone-class-d-solution-criminalise 2014年7月25日閲覧。 
  37. ^ Daniel J. DeNoon (2012年10月23日). “FDA: 5 Death Reports for Monster Energy Drink”. WebMD. http://www.webmd.com/food-recipes/news/20121023/death-reports-monster-energy-drink 2014年6月25日閲覧。 
  38. ^ Kerry Mcqueeney (2012年3月8日). “Bank worker kills himself after he takes massive overdose of caffeine tablets”. デイリー・メール. http://www.dailymail.co.uk/news/article-2111916/Edward-Fisher-Caffeine-tablets-kill-Knutsford-bank-worker-takes-massive-overdose.html 2014年6月25日閲覧。 
  39. ^ 上條吉人 著、相馬一亥(監修) 編 『臨床中毒学』医学書院、2009年10月、224,226,236頁。ISBN 978-4260008822 
  40. ^ 薬物に関する独立科学評議会 (Last updated 2014-04-04). “'Legal Highs'/NPS”. Independent Scientific Committee on Drugs. 2014年7月25日閲覧。
  41. ^ 医薬品インタビューフォーム(2015年1月 改訂第15版)プロポフォール - 1%ディプリバン注 (pdf)”. www.info.pmda.go.jp. 医薬品医療機器総合機構(PMDA)、アストラゼネカ株式会社 (2015年1月). 2016年9月15日閲覧。
  42. ^ Olfson, Mark (2014-06-19). “Re: Changes in antidepressant use by young people and suicidal behavior after FDA warnings and media coverage: quasi-experimental study”. BMJ 348 (jun18 2014): g3596. ISSN 1756-1833. http://www.bmj.com/content/348/bmj.g3596/rr/702742. 
  43. ^ 世界保健機関 2005, p. 85.
  44. ^ 子どもによる医薬品誤飲事故の防止対策の徹底について”. 2015-012-18閲覧。
  45. ^ 鉄中毒 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  46. ^ Goldfrank, Lewis R. (1998). Goldfrank's toxicologic emergencies. Norwalk, CT: Appleton & Lange. ISBN 0-8385-3148-2 
  47. ^ 英国国立医療技術評価機構 2004, Chapt.1.5.5.
  48. ^ 英国国立医療技術評価機構 2004, Chapt.1.1.4.
  49. ^ a b Vanden Hoek, TL; Morrison, LJ; Shuster, M; Donnino, M; Sinz, E; Lavonas, EJ; Jeejeebhoy, FM; Gabrielli, A (2010-11-02). “Part 12: cardiac arrest in special situations: 2010 American Heart Association Guidelines for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care”. Circulation 122 (18 Suppl 3): S829–61. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.110.971069. PMID 20956228. 
  50. ^ 英国国立医療技術評価機構 2004, Chapt.1.5.1.
  51. ^ 英国国立医療技術評価機構 2004, Chapt.1.5.1.5.
  52. ^ a b c 世界保健機関 2010, DRU1.
  53. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2004, Chapt.1.5.3.
  54. ^ House of Commons Home Affairs Committee (2013-12-17). Drugs: new psychoactive substances and prescription drugs / Twelfth Report of Session 2013–14 (Report). pp. 6、9、17. http://www.publications.parliament.uk/pa/cm201314/cmselect/cmhaff/819/819.pdf. 
  55. ^ イギリス薬物政策委員会 (2012-10) (pdf). A fresh ApproAch to drugs. the UK Drug Policy Commission. ISBN 978-1-906246-41-9. http://www.ukdpc.org.uk/wp-content/uploads/a-fresh-approach-to-drugs-the-final-report-of-the-uk-drug-policy-commission.pdf 2014年8月2日閲覧。 
  56. ^ a b Budnitz, D. S.; Salis, S. (2011-06). “Preventing Medication Overdoses in Young Children: An Opportunity for Harm Elimination”. PEDIATRICS 127 (6): e1597–e1599. doi:10.1542/peds.2011-0926. PMID 21555494. http://pediatrics.aappublications.org/content/127/6/e1597.long. 
  57. ^ a b Lovegrove, M. C.; Mathew, J.; Hampp, C.; Governale, L.; Wysowski, D. K.; Budnitz, D. S. (2014-09). “Emergency Hospitalizations for Unsupervised Prescription Medication Ingestions by Young Children”. PEDIATRICS 134 (4): e1009–e1016. doi:10.1542/peds.2014-0840. PMID 25225137. 
  58. ^ Abby Phillip (2014年9月5日). “These are the 12 drugs sending the most kids to the emergency room”. ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/news/to-your-health/wp/2014/09/15/these-are-the-12-drugs-sending-the-most-kids-to-the-emergency-room/ 2014年9月30日閲覧。 
  59. ^ a b Budnitz, Daniel S.; Lovegrove, Maribeth C.; Shehab, Nadine; Richards, Chesley L. (2011-11). “Emergency Hospitalizations for Adverse Drug Events in Older Americans”. New England Journal of Medicine 365 (21): 2002–2012. doi:10.1056/NEJMsa1103053. PMID 22111719. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsa1103053. 
  60. ^ GWAR Vocalist Dave Brockie’s Cause of Death Ruled as Accidental Heroin Overdose





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーバードース」の関連用語

オーバードースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーバードースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過剰摂取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS