LD50とは?

Weblio 辞書 > 工学 > プラスチック処理用語 > LD50の意味・解説 

エルディー‐ごじゅう【LD50】〔‐ゴジフ〕


LD50

農薬等の化学物質急性毒性を示す値で、マウスモルモット等の哺乳動物に対して経口又は経皮毒試験行い100匹のうち50匹が死ぬ化学物質の量をいう。単位動物体重当たりの化学物質量(mg/kg体重)で表す。

50%致死量

英訳・(英)同義/類義語:lethal dose median, LD50

化合物毒性の程度を表す指標となる数値で、その化合物投与された実験個体50%が死亡するときの化合物量。

半致死量

同義/類義語:LD50, 50%致死量,
英訳・(英)同義/類義語:mean lethal dose, median lethal dose, LD50

化学物質毒性を表す基準一つで、被投与集団個体50%が死亡する物質量

LD50

物質毒性の評価として用いられる。ある物質与え場合半数個体死に至る物質重さで、個体体重1kgあたりの値とする。

さまざまな物質のLD50

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


LD50

日本語では半数致死量といいます。生物対す化学物質などの急性毒性比較多量毒物短期間投与したときの毒性)の程度を示す指標1つで、試験動物半数死亡させる量のことです。

LD50(半数致死量)

化学物質急性毒性指標で、実験動物集団経口投与などにより投与した場合に、統計学的に、ある日数のうちに半数50%)を死亡させると推定される量(通常物質量[mg/kg体重]で示す)のことです。LD50の値が小さいほど致死毒性が強いことを示します。

半数致死量

(LD50 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/18 01:46 UTC 版)

半数致死量(はんすうちしりょう、median lethal dose)とは、物質の急性毒性の指標、致死量の一種としてしばしば使われる数値で、投与した動物の半数が死亡する用量をいう。"Lethal Dose, 50%"を略してLD50と書く。




「半数致死量」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LD50」の関連用語

LD50のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LD50のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2021 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの半数致死量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS