リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > オーストリアの政治家 > リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの意味・解説 

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/06 06:24 UTC 版)

リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギードイツ語: Richard Nikolaus Eijiro Coudenhove-Kalergi1894年11月16日 - 1972年7月27日)は、クーデンホーフ家カレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家汎ヨーロッパ連合主宰者。日本人名の幼名を持ち、その名は、青山 栄次郎(あおやま えいじろう)。


  1. ^ a b c リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー (1955年8月3日). “UNION PANEUROPÉENNE (PDF)” (フランス語). 欧州評議会. 2009年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月11日閲覧。
  2. ^ クーデンホーフ家にはベートーヴェンと同名のルートヴィヒ(Ludwig)が世代をまたぎ存在する(Georg Ludwig Coudenhove、Franz Ludwig Coudenhove、Ludwig Titus Coudenhove)。
  3. ^ Η Ελληνική Σημαία” (ギリシャ語). Γενικό Επιτελείο Στρατού. p. 39 (2003年). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 “Η σημαία των αδελφών Καλλέργη. Μοιάζει αρκετά με τη σημερινή ελληνική σημαία.
  4. ^ 在住外国人と地域の活性化 (PDF)”. 自治体国際化フォーラム. 財団法人自治体国際化協会(CLAIR) (2011年9月). 2013年6月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 倉田稔 (1996年3月). “クーデンホーフ・カレルギー・光子の生涯 : EECの母-世紀末ウィーンを生きた黒い瞳の伯爵夫人 (PDF)”. 人文研究91巻. 小樽商科大学学術成果コレクション Barrel. 2013年6月17日閲覧。
  6. ^ a b c d 牛山貴, 三木茂樹, 中川恵, 猪俣かおる, 松本新 (2007年10月). “国際交流ニュース IHCSA Cafe vol.16 (PDF)”. 広報紙 IHCSA Cafe. 国際交流サービス協会. 2012年6月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Рихард Николас фон Куденхове-Калерги” (ロシア語). Биография. 汎ヨーロッパ連合ボヘミア支部 (PANEUROPA.ru). 2013年7月29日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 田中文憲 (2004年3月). “ヨーロッパ統合の立役者たち(1) : リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー”. 奈良大学紀要 Vol. 32. 奈良大学リポジトリ. 2013年7月29日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 内藤徹雄 共栄大学国際経営学部国際経営学科教授 (2006年3月31日). “研究ノート : 欧州統合の提唱者、クーデンホーフ・カレルギーの思想と行動 (PDF)”. 共栄大学研究論集 第4号. 学術情報発信システムSUCRA. 2013年6月10日閲覧。
  10. ^ a b c d Richard Nikolaus Coudenhove-Kalergi”. ウィーン大学 (2014年). 2015年1月27日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 2005年日本政治学会研究会 分科会F「世界政治における EU」 (PDF)”. 拡大EUの連続性/非連続性 ―クーデンホーフ=カレルギーの構想と活動を中心に―. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月15日閲覧。
  12. ^ a b Die Vereinigten Staaten von Europa”. Eurasisches Magazin (2004年). 2013年7月15日閲覧。
  13. ^ ミツコ・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(4)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月15日閲覧。
  14. ^ a b c d e ミツコ・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(3)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月22日閲覧。
  15. ^ About us - History”. PanEuropa Bulgaria. 2013年7月15日閲覧。
  16. ^ a b c d e Любор Илек. Пан-Европа Куденхове-Калерги — человек, проект и панъевропейское движение” (ロシア語). 汎ヨーロッパ連合ボヘミア支部 (PANEUROPA.ru).
  17. ^ a b c d e f リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(3)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月8日閲覧。
  18. ^ Eppel, Peter (1988). “Österreicher im Exil 1938-1945”. In Emmerich Tálos, Ernst Hanisch, Wolfgang Neugebauer. NS-Herrschaft in Österreich 1938-1945. ウィーン: DÖW. 
  19. ^ a b Anfragebeantwortung (elektr. übermittelte Version) (PDF)”. オーストリア議会 (2012年4月23日). 2013年7月17日閲覧。 “1962. Frankreich. COUDENHOVE-KALERGI, Richard ... Großes Silbernes Ehrenzeichen mit dem Stern ...”
  20. ^ Ida Roland : in memoriam
  21. ^ Christian Pernhorst (2008). “Das Leben des Menschen Richard N. Graf Coudenhove-Kalergi” (ドイツ語). Das paneuropäische Verfassungsmodell des Grafen Richard N. Coudenhove-Kalergi. Nomos Verlag. ISBN 978-3-8452-0873-2. 
  22. ^ a b c d e Paneuropa – eine Erfolgsgeschichte”. Paneuropa Bewegung Österreich. 2013年7月15日閲覧。
  23. ^ a b c d e Otto Zuber (1995). “RICHARD NIKOLAUS Graf COUDENHOVE-KALERGI als Freimaurer”. Jahrbuch der Forschungsloge Quatuor Coronati. 32. Bayreuth: Forschungsloge Quatuor Coronati. https://archive.org/details/DolddownloadrichardNikolausGrafCoudenhove-kalergi1894-1972. 
  24. ^ a b c Пан-европейское движение: документы” (ロシア語). ドイチェ・ヴェレ (2001年11月27日). 2013年7月18日閲覧。 “... его секретарши, госпожи Деш, которая, конечно, никаких научных целей перед собой не ставила, но она сообщает о том, что Куденхове-Калерги покончил с собой. ... Но вот добровольность своего ухода из жизни скрыл, дабы не разочаровывать других в великом мифе, которому он служил. ...
  25. ^ クーデンホーフ=カレルギーは著述家としての顔もあり、著述家の自殺は決して珍しいことではない。1961年のヘミングウェイの自殺は5年後に妻が告白したことにより誰もが知り、三島由紀夫(1970年11月25日死去)、川端康成(1972年4月16日)が日本で自殺した作家である。映画俳優では『イヴの総て』でアカデミー助演男優賞ジョージ・サンダースが1972年4月25日にバルセロナで自殺した。地政学において第一人者であったカール・ハウスホーファーは割腹自殺を遂げている。1970年代、音楽においてはロックンロールの黄金期にあり、デヴィッド・ボウイモット・ザ・フープルのために贈ったグラムロックの讃歌『すべての若き野郎ども』がクーデンホーフ=カレルギーの死の翌日にリリースされた。
  26. ^ a b COUNT COUDENHOVE-KALERGI: SWITZERLAND AS THE MODEL OF EUROPEAN UNITY”. Business Mir (2011年6月). 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  27. ^ Joachim Berger (2010年12月3日). “European Freemasonries, 1850–1935: Networks and Transnational Movements”. European History Online. 2013年5月3日閲覧。
  28. ^ a b c d e f Jonathan Levy (2007-06-30). The Intermarium: Wilson, Madison, and East Central European Federalism. Universal-Publishers. p. 394. ISBN 9781581123692. 
  29. ^ Robert A. Minder (2004). Freimaurer Politiker Lexikon. Studien Verlag. p. 158. 
  30. ^ a b Jajeśniak-Quast, Dagmara (2010), “Polish Economic Circles and the Question of the Common European Market after World War I”, Einzelveröffentlichungen des Deutschen Historischen Instituts Warschau Bd. 23, Fibre-Verlag, ISBN 9783938400586, http://www.perspectivia.net/content/publikationen/ev-warschau/kohlrausch-steffen-wiederkehr_cultures/jajesniak-quast_circles 
  31. ^ Richard N. Coudenhove-Kalergi (2011年9月1日). “Anexo El hombre y el movimiento. Esbozo biográfico de Richard Coudenhove-Kalergi” (スペイン語). Pan-Europa. Félix de la Fuente (traducción), Otto de Habsburgo (prólogo). Paneuropa Verlag GmbH, Augsburg y Ediciones Encuentro, S. A., Madrid. pp. 190-191. ISBN 9788499205540. "Iniciado en 1922 en la logia Humanitas de Viena" 
  32. ^ a b Dieter Schwarz & Reinhard Heydrich (1938) (PDF; 7.2 MB). Die Freimaurerei: Weltanschauung, Organisation und Politik. Berlin: Zentralverlag der NSDAP / Franz Eher Nachfolger GmbH. p. 22. "... der freimaurer Coudenhove-Kalergi (フリーメイソンのクーデンホーフ=カレルギー) ..." 
  33. ^ a b c ウィリアム・R・デンスロウ (著) & ハリー・S・トルーマン (序文) (2004). 10,000 Famous Freemasons From A To J Part One. Kessinger Publishing. ISBN 9781417975785.  (Phoenixmasonryのサイトで閲覧する)
  34. ^ de Hoyos, Arturo; Morris, S. Brent, eds (2004). Freemasonry in Context: History, Ritual, Controversy. Lexington Books. p. 93. ISBN 978-0739107812. http://books.google.com/books?id=hXq4lJeX_DUC&pg=PA93. 
  35. ^ a b c d e 森斉丈 (2013年3月16日). “リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの思想とその源流 (PDF)”. 創価教育研究所 創価教育第6号. 創価大学 学術機関リポジトリ. 2013年10月14日閲覧。
  36. ^ Ziegerhofer, Anita (2004). “Ⅴ. 3. COUDENHOVE UND SEINE MITGLIEDSCHAFT IN DER FREIMAURERLOGE „HUMANITAS“” (German). Botschafter Europas: Richard Nikolaus Coudenhove-Kalergi und die Paneuropa-Bewegung in den zwanziger und dreissiger Jahren. Böhlau Verlag Wien. pp. 50 ff. ISBN 9783205772170. http://books.google.com/books?id=EHXg3QdGAtAC&pg=PA50. 
  37. ^ BENITO JUAREZ, HIS MASONIC FORMATION, STRUGGLES AND LEGACY”. Northern California Research Lodge. 2013年10月28日閲覧。
  38. ^ The Freemasons' Magazine and Masonic Mirror. Vol. XVIII. (New Series) January to June, 1868. London: The Freemasons' Magazine Company Ltd.. (1868). p. 483. http://books.google.com/books?id=lFMFAAAAQAAJ&pg=PA483. 
  39. ^ Giuseppe Mazzini”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年10月14日閲覧。
  40. ^ a b Osterrieder, Markus (2010年). “Der prophezeite Krieg (PDF)”. CeltoSlavica. p. 10. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 “Zwar war er im Juli 1887 am Tag der Initiation in die Loge Le Trait d’Union nicht anwesend, obwohl er mehrfach den Antrag auf Aufnahme gestellt hatte, trat jedoch 1895 der sozialistisch orientierten, antikapitalistischen und antiparlamentarischen Loge Les Chevaliers du Travail (gegründet 1893) bei, [. . .] Vgl Michel Gaudart de SOULAGES, Hubert LAMANT: Dictionnaire des francs-maçons français. Paris 1995, S. 197-198; Henri CASTEIX: Aristide Briand et la franc-maçonnerie. Histoire sans passion de la franc-maçonnerie française. Paris 1987, S. 229-236; Encyclopédie de la franc-maçonnerie. Hrsg. v. Eric SAUNIER. Paris 1999, S. 146f.; Dictionnaire de la franc-­‐maçonnerie. Hrsg. v. Daniel LIGOU. Paris 2004, S. 243-245.
  41. ^ a b Paneurope Suisse - Suisse Magazine”. Paneurope Suisse à Suisse Magazine (汎ヨーロッパ連合). 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  42. ^ a b Friedrich Schiller” (セルビア語). Famous Freemasons. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年6月17日閲覧。 “Na Kernerovu molbu 1785. nastala je Oda radosti i to kao plan za ritualni rad u Loži Kod tri sestre u Drezdenu.
  43. ^ V. Christian Gottfried Körner”. Unser Namenspatron. Freimaurerloge 'Schiller' (unter der A.F.u.A.M.v.D.). 2013年7月15日閲覧。
  44. ^ a b VIII. Die "Ode an die Freude"”. Unser Namenspatron. Freimaurerloge 'Schiller' (unter der A.F.u.A.M.v.D.). 2013年6月17日閲覧。 “Bis in die kleinsten Einzelheiten entstammt der Gedankengang, das Vokabular und der Sprachduktus der Logenwelt. (...) Der Text entstand im September 1785 in Dresden und war mit der Musik von Christian Gottfried Körner für maurerische Tafellogen bestimmt.
  45. ^ Franz-L. Bruhns (Altstuhlmeister Freimaurerloge "Am Rauhen Stein"). “Johann Christoph Friedrich Schiller”. Internetloge, Hamburg. 2013年6月17日閲覧。
  46. ^ Ludwig van Beethoven”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年6月17日閲覧。
  47. ^ リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー (1922). Adel. ライプツィヒ: Leipzig Verlag der Neue Geist, P. Reinhold. 
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 平川均 名古屋大学経済学研究科教授 (2011年2月15日). “鹿島守之助とパン・アジア論への一試論 (PDF)”. SGRAレポート. 公益財団法人 渥美国際交流財団 関口グローバル研究会(SGRA). 2013年6月10日閲覧。
  49. ^ 母・光子は第一次大戦中赤十字社を通して軍を慰問した。十字軍はかつてクーデンホーフ家が従軍した。
  50. ^ Paneuropa History - ePaneurope
  51. ^ a b c Memorandum from Richard Coudenhove-Kalergi on the European flag (Gstaad, 27 July 1950) (PDF)”. CVCE (2012年12月3日). 2013年7月29日閲覧。, 覚書の実物のプリント
  52. ^ Richard Coudenhove-Kalergi”. Paneuropa España. 2013年7月17日閲覧。 “El primer llamamiento a la unidad de Europa lo realizó Coudenhove-Kalergi en Octubre de 1922.”
  53. ^ Geschichte der Paneuropa-Idee”. Paneuropa-Jugend Deutschland E.V. 2013年7月17日閲覧。
  54. ^ a b c d e ジェトロ海外調査部長 山田康博 (2003年1月). “東アジア自由ビジネス圏から東アジア共同体へ 〜汎東アジアの呼びかけ〜”. 東アジア懇談会. 2013年8月19日閲覧。
  55. ^ a b リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(1)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月15日閲覧。
  56. ^ a b Richard Nicolaus Coudenhove-Kalergi (1923). Pan-Europa. (ドイツ語). Pan-Europa出版. "Jedes große historische Geschehen begann als Utopie und endete als Realität."
  57. ^ Günter Baumann (1995年). “Dichtung als Lebensform: Wolfgang Frommel zwischen George-Kreis und Castrum Peregrini”. Königshausen & Neumann. p. 106. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  58. ^ a b Mark Hewitson、Matthew D'Auria (2012). Europe in Crisis: Intellectuals and the European Idea, 1917-1957. Berghahn Books. p. 107. ISBN 9780857457288. http://books.google.com/books?id=7GRYc9sOoWUC&pg=PA107. 
  59. ^ Rolf Steininger, Günter Bischof, Michael Gehler (2008). Austria in the Twentieth Century. Transaction Publishers. p. 295. ISBN 9781412811965. http://books.google.com/books?id=IylrS1jQWyAC&pg=PA295&lpg=PA295. 
  60. ^ a b Richard Nicolaus Coudenhove-Kalergi (1926). Pan-Europe. (英語). A. A. Knopf出版. "Every great political happening began as a Utopia and ended as a Reality."
  61. ^ おおよそのところ、ヨーロッパ(Paneuropa=パンヨーロッパ: 黒塗り)はヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の西半分と東南アジア。アメリカ(Panamerika=パンアメリカ: ナナメ縞)はカナダを除く南北アメリカ大陸。東アジア(Ostasien=イーストアジア: 斑点)は日本列島、中国大陸、朝鮮半島。ロシア(Russisches Bundesreich=ロシア連邦帝国: ヨコ縞)はロシア大陸。イギリス(Britisches Bundesreich=イギリス連邦帝国: タテ縞)はイギリス本土のあるイギリス諸島カナダ、アフリカ大陸東半分、アラビア半島インドオセアニア東南アジア。地図中、トルコ、エチオピアタイは「?」が付されイラン格子模様。(Paneuropa: 2560万km², 4億3100万人. Panamerika: 3020万km², 2億200万人. Osiasien: 1178万km², 4億800万人. Rußland: 2200万km², 1億4500万人. Britannien: 3630万km², 4億5400万人.)
  62. ^ 高嶋久 (2010年5月17日). “書評: 青山栄次郎伝”. 世界日報社. 2013年10月7日閲覧。
  63. ^ 国際基督教大名誉教授 一瀬智司 (2004年9月30日). “21世紀へ現代史の教訓”. 国際基督教大学学報. II-B, 社会科学ジャーナル 53 The Journal of Social Science 53. 国際基督教大学(ICU). pp. 5-16. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 “世界連邦建設同盟(World Federation Movement)が発足した。この団体運動は元来、アインシュタインやバートランド・ラッセル、また今日の EU(欧州連合)の思想的生みの親、クーデンホーフ・カレルギーらによって提唱され、わが国では尾崎行雄、賀川豊彦、湯川秀樹らの諸先達によって始められた精神的な運動団体だった。”
  64. ^ トーマス・マンの妻はユダヤ系(カタリーナ・マン)。マンにはイダと同じくErikaという名の娘がいる(Erika Mann)。
  65. ^ 神尾登喜子研究室 「文化交流入門」とミュージカル『MITSUKO』
  66. ^ Paneurope congress in Berlin May 1930. ゲッティ・イメージズ社所蔵. (写真作成日は会議の2日後)
  67. ^ Paneuropäischer Kongress Berlin 1930
  68. ^ Papenheim, Martin (2012). “Suche nach dem Grund allen Seins”. Damals (5): 24–31. 
  69. ^ FAMOUS MASONS”. United Grand Lodge of England. 2013年8月19日閲覧。
  70. ^ a b c d e History”. 国際汎ヨーロッパ連合. 2013年7月15日閲覧。
  71. ^ Democracy and the concept of gentleman: Coudenhove-Kalergi”. WAIS. 2013年7月15日閲覧。
  72. ^ Persson, Hans-Åke; Stråth, Bo (2007). Reflections on Europe: Defining a Political Order in Time and Space. Peter Lang. p. 99. ISBN 9789052010656. http://books.google.com/books?id=P32dNnKCYLcC&pg=PA99. 
  73. ^ a b c d e f ウィリアム・R・デンスロウ & ハリー・S・トルーマン (2004). 10,000 Famous Freemasons From K To Z Part Two. Kessinger Publishing. ISBN 9781417975792.  (Phoenixmasonryのサイトで閲覧する)
  74. ^ March Issue 2013 Altus Lodge # 711 A.F & A.M. (PDF)”. The Small Town Texas Mason E-magazine by Past Masonic Worshipful Master John "Corky" Daut (2013年3月). 2013年10月14日閲覧。
  75. ^ 西脇威夫 (1994年1月). “ユーロコードの原則とその非工学的枝葉 (PDF)”. 川田工業株式会社 『川田技報』. p. 7. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  76. ^ Jean-Michel Guieu; Christophe Le Dréau (2009) (French). Le « Congrès de l'Europe » à La Haye (1948-2008). Peter Lang. p. 176. ISBN 9789052015736. http://books.google.com/books?id=0JM1BquiVHIC. " il a proposé dès 1932 une journée de l'Europe qui serait célébrée chaque 17 mai, jour de la publication du Mémorandum Briand." 
  77. ^ Winston Churchill, speech delivered at the University of Zurich, 19 September 1946”. 欧州評議会. 2013年7月18日閲覧。 “... We must build a kind of United States of Europe. ... Great Britain, the British Commonwealth of Nations, mighty America - and, I trust, Soviet Russia, for then indeed all would be well - must be the friends and sponsors of the new Europe and must champion its right to live. Therefore I say to you “Let Europe arise!””
  78. ^ Richard Nicolaus Coudenhove-Kalergi (Graf von) (1953). An idea conquers the world. Hutchinson. p. 247. http://books.google.com/books/about/An_idea_conquers_the_world.html?id=-VY1AQAAIAAJ. 
  79. ^ a b 小島健 (2009年3月4日). “欧州統合運動とハーグ会議 (PDF)”. 紀要: 東京経大学会誌 経済学 第262号. 東京経済大学リポジトリ. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  80. ^ a b c d リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(5)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年6月17日閲覧。
  81. ^ わかる!国際情勢 EU(欧州連合)〜多様性における統合”. 日本国外務省 (2010年2月3日). 2013年7月8日閲覧。
  82. ^ ハラルド・クラインシュミット (2002年11月). “国際会議 近代日本史におけるアジア主義: 植民地主義、地域主義、境界 (PDF)”. 比較的観点からみた汎ヨーロッパ主義運動. German Institute for Japanese Studies (DIJ) ドイツ-日本研究所. 2013年8月5日閲覧。
  83. ^ a b c Échange de lettres entre Richard Coudenhove-Kalergi et Paul M.G. Lévy (3 août 1955 - 5 septembre 1955)
  84. ^ a b c d 小城和朗, 土居守, 中田光雄, 飯森明子, 渡部茂己 (2009年3月). “欧州統合とアジア (PDF)”. 常磐国際紀要 第13号. 常磐大学. 2013年8月14日閲覧。
  85. ^ a b c d e リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(2)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月8日閲覧。
  86. ^ 城西国際大学 国際人文学部 准教授 大類久恵 (2009年). “アメリカ黒人史における汎アフリカ主義とディアスポラ意識 ―マルコムXとガーナを結ぶための予備的考察― (PDF)”. 城西国際大学. 2013年8月14日閲覧。
  87. ^ 金丸輝雄 (1963年1月15日). “<書評>クーデンホーフ・カレルギー著鹿島守之助訳「パン・ヨーロッパ」(鹿島研究所出版)”. 同志社法學 14(6). 同志社大学. p. 168. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  88. ^ Jews Participate in Pan-europe Congress Sessions in Vienna”. Jewish Telegraphic Agency (1926年10月5日). 2013年10月14日閲覧。
  89. ^ Max Haller (2008). European Integration as an Elite Process: The Failure of a Dream?. Routledge. p. 275. ISBN 9781134139903. http://books.google.com/books?id=Q8J9AgAAQBAJ&pg=PA275. 
  90. ^ Count Richard N. Coudenhove-Kalergi, 欧州評議会 (2009年3月18日).
  91. ^ Principios y Objetivos”. Paneuropa España. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 “Apoya una identidad europea basada en los valores y en las convicciones cristianas, respetando el aporte del Judaísmo y del Islam a la cultura e historia de Europa.
  92. ^ 北村厚 (2003年3月31日). “一九三一年の独墺関税同盟計画 : 「パン・ヨーロッパ」と「アンシュルス」の間で (PDF)”. 九州大学法学部政治研究室 九大コレクション 九州大学附属図書館. pp. 105-107. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  93. ^ Adolf Hitler (1928). Zweites Buch. "Dieses Paneuropa nach Auffassung des Allerweltsbastarden Coudenhove würde der amerikanischen Union oder einem national erwachten China gegenüber einst dieselbe Rolle spielen wie der altösterreichische Staat gegenüber Deutschland oder Rußland." 
  94. ^ Ziegerhofer 2004, p. 425: "Hitlers „Zweites Buch“, das er bereits zwei Jahre vor den ersten fulminanten Stimmengewinnen der NSDAP bei der Reichstagswahl — 1928 — geschrieben hatte. Darin bezeichnete er Coudenhove als „Allerweltsbastard“ ..."
  95. ^ bastarden」(bastardの変化)とは汚い言葉である。「野郎」、「ろくでなし」、「できそこない」という罵りだけでなく、「雑種犬」、人種間の「混血」、またさらに「婚外子」という意に捉えることができる。
  96. ^ Mark Mazower (2013). “We Europeans”. Hitler's Empire: Nazi Rule in Occupied Europe. Penguin UK. p. 691. ISBN 9780141917504. http://books.google.com/books?id=opefF4rAL6YC&pg=PR691. 
  97. ^ ヒトラーは幼少期からハプスブルク家が嫌いであった。第二次大戦中にナチス・ドイツはその末裔オットー・フォン・ハプスブルクに死刑宣告をした。
  98. ^ a b ナチス・ドイツの国民啓蒙・宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスはクーデンホーフ=カレルギーの逮捕・公開裁判を宣告した(塚本哲也わが青春のハプスブルク』文芸春秋、1996年)。
  99. ^ a b c 塚本哲也『わが青春のハプスブルク』によると、手続きが難航したのはナチス・ドイツではなく、リスボンの米国大使館が渡航を許可しなかったからであり、それは米国に対するクーデンホーフ=カレルギーの政治姿勢に理由があるようで、クーデンホーフ=カレルギーはアフリカにあるフランス植民地の都市カサブランカで正規でないブラックパスポートが入手できるということも知ったが、米国の大学教授として招聘されたため招聘ルートで渡航できた。
  100. ^ a b ヨーロッパ統合の歴史 第3回 クーデンホーフ=カレルギーの活躍”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月8日閲覧。
  101. ^ Maria Kalergis” (ポーランド語). ポーランド国立フレデリック・ショパン研究所 (NIFC). 2013年8月5日閲覧。
  102. ^ a b ミヒャエル・クーデンホーフ=カレルギー”. 江夏画廊. 2013年6月10日閲覧。
  103. ^ Persson & Stråth 2007, p. 114: "in short, a 'cosmopolitan bastard'."
  104. ^ a b c d e f g 理事長 渥美伊都子. “パン アジアの夢 (PDF)”. 公益財団法人 渥美国際交流財団. 2013年8月5日閲覧。
  105. ^ a b c d e クーデンホーフ・カレルギーと鹿島守之助(2)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月19日閲覧。
  106. ^ a b c d e f g h 第3話 鹿島平和賞授賞の舞台”. 特集:鹿島赤坂別館. 鹿島建設. 2012年6月11日閲覧。
  107. ^ 彼女はクーデンホーフ=カレルギーの鹿島平和賞受賞に立会い、鹿島と一緒にメダルを授与した秘書。鹿島がクーデンホーフ=カレルギーの首にリボンを掛けて幸田がリボンの留め金をした。: クーデンホーフ伯爵のメダル授与を手伝う幸田さん(中央)
  108. ^ なぜ鹿島は原発の建設に強いのか”. 東洋経済オンライン (2011年11月29日). 2014年11月17日閲覧。
  109. ^ May 2010:特集「鹿島と原子力」 | KAJIMAダイジェスト | 鹿島の施工実績
  110. ^ 渥美直紀の父渥美健夫は中曽根康弘と同じくCISV(国際こども村)日本協会で会長を務めた。
  111. ^ 吉武信彦 (2010年3月). “ノーベル賞の国際政治学 -ノーベル平和賞と日本:序説- (PDF)”. 高崎経済大学地域政策学会『地域政策研究』第12巻 第4号. pp. 37, 38, 43. 2014年11月17日閲覧。
  112. ^ 首相、「原発推進」明記の意向 温暖化基本法案で”. 47NEWS (2010年3月6日). 2014年11月17日閲覧。
  113. ^ 《再録》鳩山元首相が脱原発デモに参加「思いは同じ」(2012/7/20)”. MSN産経ニュース (2012年7月20日). 2014年11月17日閲覧。
  114. ^ 第6回IFセミナーレポート (PDF)”. IFERIセミナー. 筑波大学大学院 人文社会科学研究科 (2009年6月22日). 2013年7月8日閲覧。
  115. ^ Vanessa Conze (2004). Richard Coudenhove-Kalergi: Umstrittener Visionär Europas. Muster-Schmidt. ISBN 9783788101565. http://books.google.com/books?id=aXagAAAAMAAJ. 
  116. ^ a b 福田宏 (2012). “ミラン・ホジャの中欧連邦構想 —地域再編の試みと農民民主主義の思想—”. 境界研究 (北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター) (3): 76. http://src-hokudai-ac.jp/publictn/japan_border_review/no3/03fukuda.pdf. 
  117. ^ a b リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(4)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月8日閲覧。
  118. ^ Die Geschichte der Paneuropa-Bewegung”. Paneuropa Ukraine. 2013年8月26日閲覧。
  119. ^ a b c 赤間剛 (1983年1月). フリーメーソンの秘密 世界最大の結社の真実. 三一書房. ISBN 978-4380832338. 
  120. ^ a b ПАН-ЕВРОПА И РОССИЯ” (ロシア語). 汎ヨーロッパ連合ボヘミア支部 (PANEUROPA.ru). 2013年8月19日閲覧。
  121. ^ NATO・ロシア理事会”. 知恵蔵2013』. コトバンク. 2013年9月2日閲覧。
  122. ^ 吉武信彦 高崎経済大学地域政策学部教授 (2010年12月4日). “報告論題:「ノーベル賞の国際政治学――欧州統合とノーベル平和賞――」 (PDF)”. 慶應EU研究会. ジャン・モネEU研究センター(慶應義塾大学). 2013年6月12日閲覧。
  123. ^ Search: Count Richard Coudenhove-Kalergi”. The Nomination Database for the Nobel Peace Prize, 1901-1956. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年7月3日閲覧。
  124. ^ Nomination Database: Count Richard Nicolas Coudenhove-Kalergi”. The Official web site of the Nobel Prize. 2014年12月15日閲覧。
  125. ^ Facts on the Nobel Peace Prize”. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年7月8日閲覧。
  126. ^ Adolf Hitler”. The Nomination Database for the Nobel Peace Prize, 1901-1956. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年7月8日閲覧。
  127. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad
    財団法人 日本友愛青年協会 常務理事 川手正一郎 (2008年5月10日). “「友愛」理解のために (PDF)”. 概要. 一般財団法人 日本友愛協会. 2012年6月11日閲覧。
    (英語版: Yuai Association official site: “Yuai” for Understanding Origin of Yuai idea (English) - 「友愛」理解のために 1章. 『友愛の原点』に対応した英語)
  128. ^ a b c d e 第471号 (PDF)”. 機関紙『友愛』. 一般財団法人 日本友愛協会 (2004年9月10日). 2013年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  129. ^ Hans Hesse (2001). Persecution and Resistance of Jehovah's Witnesses During the Nazi Regime, 1933-1945. Berghahn Books. p. 256. ISBN 9783861087502. http://books.google.com/books?id=mcxD0qxHMO0C&pg=PA256. 
  130. ^ 阪東, 宏 (2002年8月), 十五年戦争(1931-1945)における日本政府・軍のユダヤ人政策, 『駿台史学』第116号, 明治大学, p. 38, http://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/1546/1/sundaishigaku_116_27.pdf 
  131. ^ 後に日本外務省は杉原の行為を勇気ある人道的行為と認識していると示した(内閣衆質164第155号 内閣総理大臣 小泉純一郎)。
  132. ^ Levy 2007, p. 396
  133. ^ 薫 - 鳩山家の人々-鳩山会館
  134. ^ 天皇皇后両陛下 ポーランド・ハンガリーご訪問(チェコ・オーストリアお立ち寄り)時のおことば・ご感想”. 宮内庁 (2002年). 2013年6月12日閲覧。
  135. ^ 岡山大学 姜克實 (Jiang Keshi) (2006年9月8日). “石橋湛山の世界経済論 ――一九三〇年代におけるエコノミストの戦争抵抗 (PDF)”. Trans-pacific Relations Conference September 7-11. Princeton University. 2013年10月9日閲覧。
  136. ^ 小特集-欧州統合の思想的基盤とEUの実践 (PDF)”. 常磐国際紀要 第14号. 常磐大学 (2010年3月). 2013年8月19日閲覧。
  137. ^ クーデンホーフ・カレルギーと鹿島守之助(3)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月19日閲覧。
  138. ^ 本田眞哉 (2006年11月2日). “クーデンホーフ光子縁の地を巡って④”. アジア文化交流センター. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  139. ^ ミツコ・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(1)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  140. ^ a b c d e FAMILIE COUDENHOVE”. Paneuropa Union Deutschland e.V.. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  141. ^ Kleisner, Tomas (2012年). “The Medals of The Counts Coudenhove”. Academia.edu. p. 155. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  142. ^ a b c Fabrice d'. Almeida (2008). High Society in the Third Reich. Polity. pp. 223-224. ISBN 9780745643113. http://books.google.com/books?id=OJo8Sw_-TywC&pg=PA223. 
  143. ^ a b c d 沿革〜歴史紹介”. 一般財団法人 日本友愛協会. 2012年6月11日閲覧。
  144. ^ 第507号 (PDF)”. 機関紙『友愛』. 一般財団法人 日本友愛協会 (2010年9月10日). 2013年7月22日閲覧。
  145. ^ a b 共立女子学園の石橋義夫理事長が語る「友愛革命」の精神”. 「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト NettyLandかわら版 (2011年11月). 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  146. ^ 概要”. 一般財団法人 日本友愛協会. 2013年9月2日閲覧。
  147. ^ "鳩山荘松庵+友愛" 鳩山荘松庵 友愛”. Google画像検索. 2013年6月3日閲覧。
  148. ^ 起立したフィッシャー大統領は日本語の本を逆さに持っている。
  149. ^ 日・オーストリア首脳会談(概要)”. 日本国外務省 (2009年9月30日). 2013年6月3日閲覧。
  150. ^ 世界連邦日本国会委員会
  151. ^ ニューズレター614号 (PDF)”. 世界連邦運動協会 (2012年11月28日). 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  152. ^ 茂木は高IQ団体メンサの会員である(JAPAN MENSAのウェブサイトより)が、メイソンであるかは判明していない。
  153. ^ 友愛研究会”. Google Sites. 2013年6月3日閲覧。
  154. ^ a b 一般財団法人 東アジア共同体研究所”. 一般財団法人 東アジア共同体研究所/世界友愛フォーラム. 2013年6月10日閲覧。
  155. ^ The 3rd World Peace Forum 一般財団 東アジア共同体研究所
  156. ^ 鳩山由紀夫オフィシャルホームページ: プロフィール - 略歴”. 鳩山由紀夫オフィシャルホームページ. 2013年8月12日閲覧。
  157. ^ 2006年度 渥美国際交流奨学財団年報, http://www.aisf.or.jp/AnnualReport06/Atsumi_2006.pdf , 2ページ(「クーデンホーフ伯爵と父: 共同体への夢」)写真左端がリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー。隣がバルバラ。車いすで花束を抱えるのがリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの2人目の妻アレクサンドラ。右が鹿島守之助。守之助の妻卯女らしき日本人も右端に後ろ向きで写っている。「年報」は「夫人とお嬢様を同伴して」と言っている。写真の残りのメンバーは車いすを押す女性。ここは横浜港。
  158. ^ a b c クーデンホーフ・カレルギーと創価学会(2)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年7月8日閲覧。
  159. ^ 海外来客”. 創価学園. 2013年9月2日閲覧。
  160. ^ a b c 科学・芸術名誉十字章勲一等(オーストリア)”. 主な顕彰. 創価学会公式サイト SOKAnet. 2012年6月11日閲覧。
  161. ^ 三島由紀夫は、クーデンホーフ=カレルギーとの関係が指摘される映画「カサブランカ」においてはルノー署長(俳優: クロード・レインズ)が一番好きである(平岡威一郎(三島の長男)藤井浩明監修、山内由紀人編『三島由紀夫映画論集成』ワイズ出版、1999年)。
  162. ^ 天野勝文、青木塾、山本泰夫 (2005). ジャーナリズムの情理: 新聞人・青木彰の遺産. 産経新聞出版. p. 212. ISBN 9784902970241. http://books.google.com/books?id=gt4Qn6n-oQgC&pg=PA212. 
  163. ^ a b 概要”. 創価学会について. 創価学会公式サイト SOKAnet. 2013年6月10日閲覧。
  164. ^ 『新・人間革命』 要旨”. 小説人間革命 関連データ. 創価学会公式サイト SOKAnet. 2012年6月11日閲覧。
  165. ^ a b c d クーデンホーフ・カレルギーと創価学会(1)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2012年6月11日閲覧。
  166. ^ 「文明間対話」の軌跡”. 信念と行動. 創価学会公式サイト SOKAnet. 2012年6月11日閲覧。
  167. ^ 池田大作 (2004年3月). “天舞”. 新・人間革命 The New Human Revolution [第12巻]. 聖教新聞社. ISBN 978-4412012578. 
  168. ^ “今日は何の日”. 聖教新聞. (2011年10月30日) 
  169. ^ 池田大作 (1978年11月19日). “環境問題は全人類的な課題”. 聖教新聞. SEIKYO online. 2012年6月11日閲覧。
  170. ^ C・カレルギー, 池田大作 (1972年5月4日). 文明・西と東. サンケイ新聞社. 
  171. ^ 小森義峯 (1992) (PDF). 世界法史上から見た十七条憲法の意義と特質. 国士舘大学学術リポジトリ. p. 43. 
  172. ^ 創価合唱団が演奏会”. 創価学会公式サイト SOKAnet. 2013年7月17日閲覧。 ––1分52秒から「創価歓喜の歌」。
  173. ^ 日蓮正宗と創価学会との関係について, 日蓮正宗公式サイト, http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/p-deta/sokagakkai/soka_1j.htm 
  174. ^ それは「お尋ね」文書から始まった, 日蓮正宗青年僧侶改革同盟, http://www.nichiren.com/jp/organ/organ02/org02_2.html 
  175. ^ 欧州に伸びゆく求道の若き力 伝統の教学研修会, 聖教新聞 (SEIKYO online), (2014年8月18日), http://www.seikyoonline.jp/news/editorial/2014/08/1214270_4420.html 
  176. ^ SGI – European Songs, UK創価学会インタナショナル (SGI-UK), http://www.sgi-uk.info/european-songs/ 
  177. ^ 青年の都ローマで欧州広布50周年記念総会 池田大作SGI会長が祝賀のメッセージ「一人も残らず人間王者に」, 聖教新聞 (SEIKYO online), (2011年10月27日), http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/10/1198584_2470.html 
  178. ^ 主な顕彰”. 池田名誉会長の足跡. 創価学会公式サイト SOKAnet. 2013年7月17日閲覧。
  179. ^ a b c d 寺島, 実郎 (2009年), 連載「脳力のレッスン」7月号: 四六年前の手紙と寺島文庫, 三井物産戦略研究所, http://mitsui.mgssi.com/terashima/nouriki0907.php 2014年11月24日閲覧。 
  180. ^ 寺島, 実郎 (2009年5月31日), 第24回目, オンザウェイ・ジャーナル 月刊 寺島実郎の世界, http://www2.jfn.co.jp/blog/terashima/2009/05/24.html 2014年11月24日閲覧。 
  181. ^ 2007年5月の新潮選書で『二十世紀から何を学ぶか(上)一九〇〇年への旅 欧州と出会った若き日本』として増補改訂。2014年8月の新潮文庫で『若き日本の肖像 一九〇〇年、欧州への旅』として増補改訂。
  182. ^ 潮, 匡人 (2012年). 「反米論」は百害あって一利なし. PHP研究所. ISBN 9784569809847. http://books.google.com/books?id=VMEUAgAAQBAJ&pg=PT37. 
  183. ^ 2005年日・EU市民交流年”. 日本国外務省 (2005年2月). 2013年5月6日閲覧。
  184. ^ シンポジウム ヨーロッパ統合への道 リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーのパン・ヨーロッパ構想からアテネ条約まで”. EU・ジャパンフェスト日本委員会. 2013年5月6日閲覧。
  185. ^ 2005年日・EU市民交流年 参加団体プロフィール”. 日本国外務省. 2013年5月6日閲覧。
  186. ^ 国際アジアシンポジウム「世界同時不況を超えるアジア地域協力 東アジアの歴史的和解に向けて; 欧州統合に学ぶもの ―クーデンホーフ・カレルギー生誕115周年記念―」”. 青山学院大学総合研究所. 2013年6月12日閲覧。
  187. ^ 代表理事・会長ご挨拶. 一般財団法人東亜総研.
  188. ^ 東亜総研の設立目的. 一般財団法人東亜総研.
  189. ^ 「にちぎん」NO.39 2014年秋号 対談/守・破・創. 危機の中から未来を創る”. 日本銀行. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  190. ^ 京都市立 南大内小学校 2012年3月”. 京都市教育委員会. 2013年8月26日閲覧。
  191. ^ 京都市立 南大内小学校 校長 木原博之 (2013年2月). “国際理解教育公開授業及び研修会・講演会のご案内 (PDF)”. 京都市教育委員会. 2013年8月26日閲覧。
  192. ^ 京都市立 南大内小学校 (2011年8月19日). “ロンスペルク城 Ronsperg Castle”. 京都市教育委員会. 2013年8月26日閲覧。
  193. ^ 【日文研フォーラム】 バルト ガーンズ 「『汎ヨーロッパ』から『美の国』へ ―クーデンホーフ=カレルギーと日本―」”. 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構. 2013年7月8日閲覧。
  194. ^ Newsletter No. 12 (PDF)”. 京都大学地域研究統合情報センター (2013年3月). 2013年5月6日閲覧。
  195. ^ a b 桧垣バレエ団:京田辺のバレエ団、「日本の心」ドイツで上演 /京都”. 毎日新聞 (2013年4月11日). 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  196. ^ 海外公演 | 社団法人桧垣バレエ団
  197. ^ 創作バレエ 「みつこ - MITSUKO」 ウィーン公演 オーストリア政府観光局
  198. ^ 会議録 第156回国会 憲法調査会 第9号(平成15年7月24日(木曜日))”. 衆議院. 2013年7月22日閲覧。
  199. ^ a b 会議録 第165回国会 本会議 第4号(平成18年10月2日(月曜日))”. 衆議院. 2013年7月22日閲覧。
  200. ^ 第13回〔1996(平成8)年〕 - 新語・流行語大賞”. 自由国民社 (1996年). 2013年9月2日閲覧。
  201. ^ 塩田潮 (2010年5月11日). “ソフトクリーム首相の命知らずの漫言”. 東洋経済オンライン. 2013年9月2日閲覧。 “ソフトクリームみたいなもの。甘くておいしいが、夏が終われば溶けてなくなる”
  202. ^ 時事通信社 (2010年6月2日). “「強引さ足りなかった」=鳩山首相退陣で中曽根元首相”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 2013年9月2日閲覧。 “ソフトクリームから(芯のある)アイスキャンディーまではなったが、それ以上伸びなかった。これからだから、しっかり勉強してもらいたい”
  203. ^ 会議録 第173回国会 予算委員会 第2号(平成21年11月2日(月曜日))”. 衆議院. 2013年7月22日閲覧。
  204. ^ 会議録 第174回国会 予算委員会 第4号(平成22年1月25日(月曜日))”. 衆議院. 2013年7月22日閲覧。
  205. ^ a b Freemasonry in cinema: Casablanca”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年5月6日閲覧。
  206. ^ Obscure masonic references”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年5月6日閲覧。
  207. ^ Cross Lorraine”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年5月6日閲覧。
  208. ^ a b c カサブランカ”. キネマ旬報社 KINE NOTE. 2013年6月10日閲覧。
  209. ^ Rouget de Lisle”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2013年6月10日閲覧。
  210. ^ Famous Freemasons M-Z”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年6月10日閲覧。
  211. ^ Overview for Michael Curtiz”. ターナー・クラシック・ムービーズ. 2013年6月12日閲覧。
  212. ^ FRANKLIN DELANO ROOSEVELT”. Masonic Presidents Of The United States. The Grand Lodge of Free and Accepted Masons of Pennsylvania. 2013年6月11日閲覧。
  213. ^ Cass Warner-Sperling; Cork Millner; Jack Warner; Jack Warner Jr. Hollywood Be Thy Name: The Warner Brothers Story. University Press of Kentucky. p. 161. ISBN 0-8131-0958-2. 
  214. ^ Koch, Howard E.; Epstein, Julius J. (1973), Casablanca: Script and Legend, The Overlook Press, p. 166, http://books.google.com/books?id=K6QqAAAAYAAJ 
  215. ^ ヨーロッパハウスを彩るアートたち”. 駐日欧州連合代表部の公式ウェブマガジン EU MAG (2013年1月11日). 2013年8月5日閲覧。
  216. ^ European Prize Winners”. European Society Coudenhove-Kalergi. 2013年7月8日閲覧。
  217. ^ オルタナティブ投資 第118号 2010年03月26日”. マネックス証券 マネックスラウンジ. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  218. ^ Coudenhove Gedenktafel”. Hedwig Abraham, Fremdenführerin Wien. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  219. ^ Info und Termine”. Theresianische Akademie Wien. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  220. ^ Kosch, Wilhelm, ed (2003年). Deutsches Literatur-Lexikon. das 20. Jahrhundert Band 5: Butenschön - Dedo. Walter de Gruyter. p. 374. ISBN 9783110961119. http://books.google.com/books?id=NmR_GZTZOecC. 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー」の関連用語

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS