大白蓮華とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 雑誌 > 宗教雑誌 > 大白蓮華の意味・解説 

大白蓮華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 00:08 UTC 版)

大白蓮華』(だいびゃくれんげ)は、聖教新聞社が月1回発刊している、日本在家仏教新宗教団体の創価学会会員・会友向けの機関誌である。




  1. ^ a b 2016年(平成28年)11月の会則改正で、「三代会長の敬称は、「先生」とする。」とされたため、個人名の次に「先生」の表記が用いられている。詳しくは創価学会会則 第1章 総則を参照のこと。
  2. ^ 『大白蓮華』2018年1月号、21頁。
  3. ^ 「大白蓮華1月号 おわびと訂正」『聖教新聞』2017年12月27日付、2面。
  4. ^ 週刊現代』(講談社)2018年3月3日号、68頁。
  5. ^ a b c d e f g 2016年度の教学部任用試験から、呼称に「(仏法入門)」の語句を追加。
  6. ^ 2016年の任用試験までは満15歳以上または高等部以上。
  7. ^ 2017年11月26日に実施予定だった2017年分の任用試験は第48回衆院選の影響で無期延期となり、2018年6月に繰り延べされることが2017年11月10日の全国総県長会議で正式発表された。なお、2018年分の任用試験はこの繰り延べに伴って実施されない。
    詳細は下記発言を参照のこと
    2017年11月11日付け聖教新聞2面記事「総県長会議での原田会長の指導(要旨)」より。
    「また、本年延期となった教学部任用試験 (仏法入門)は、明年6月に実施することといたします。(中略)なお、明年の任用試験はこの1回のみといたします。試験範囲については、本年予定していたものと全く同じです。」
  8. ^ 基本的には試験が行われる年の大白蓮華に掲載される「座談会拝読御書の解説」の中から無作為に抽出して出題されるため、出題される御書が毎年変動する。
  9. ^ a b 「9月 教学部初級試験、青年部3級試験を実施 立正安国論・佐渡御書などから出題」- 聖教新聞 2017年4月13日付。
  10. ^ 聖教新聞2017年7月11日
  11. ^ 「上級試験・青年部教学試験1級」と「中級試験・青年部教学試験2級」は引き続き筆記式で行われる。
  12. ^ 聖教新聞2014年10月4日、聖教新聞2015年10月17日、聖教新聞2016年10月15日
  13. ^ 出題される御書が毎年変動する「御書3編」以外の全出題範囲(「教学入門」・「世界広布と創価学会」)を掲載。QRコードを読み込むと、全出題範囲の音声解説を聴けるシステムが導入されている。なお、任用試験が実施される際には期間限定で「御書3編」の音声解説機能も追加。
  14. ^ a b 「仏法入門 任用試験のために」 音声
  15. ^ 2017年11月11日付け聖教新聞2面記事「総県長会議での原田会長の指導(要旨)」より。
    「また、本年延期となった教学部任用試験 (仏法入門)は、明年6月に実施することといたします。(中略)なお、明年の任用試験はこの1回のみといたします。試験範囲については、本年予定していたものと全く同じです。」


「大白蓮華」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大白蓮華」の関連用語

大白蓮華のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大白蓮華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大白蓮華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS