人間革命とは?

人間革命

作者戸田城聖

収載図書戸田城聖全集 第8巻 小説
出版社聖教新聞社
刊行年月1988.2


人間革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 14:34 UTC 版)

人間革命(にんげんかくめい)は、創価学会第2代会長戸田城聖によって唱えられた宗教思想[注 1]。また、この思想をテーマとして、創価学会の歴史と戸田の生涯を描いた長編小説。創価学会の教学上重要な文献とされ[1]、同名誉会長(第3代会長)池田大作の代表的著作でもある[1]




脚注

  1. ^ 創価学会は「仏法の実践を通して各人が人間革命を成就し、真の幸福境涯を確立する」ことを教義・理念の一環として掲げる(https://www.sokanet.jp/info/kyougi_rinen.html)
  2. ^ 石井は創価学会の会員ではないが、『走れ!!美穂』などを連載していた聖教新聞の記者から贈られた『人間革命』を読んで魅了され、「もし『人間革命』を劇画化するなら絶対に自分がやりたい」と考えていたという[要出典]
  3. ^ 池田名誉会長の原作の第12巻の最終章「新・黎明」のみ劇画では省略されている。

出典

  1. ^ a b c d e 島田裕巳 2004, pp. 120-122.
  2. ^ 高橋 篤史 世界的イベントを3月11日に控えた創価学会の「秘史」を明かそう 2018.03.09
  3. ^ a b 日本最長の新聞小説「新・人間革命」完結 作者・池田大作氏の近況は? 2018年09月15日08時00分 J-CAST
  4. ^ 小説「人間革命」「新・人間革命」が連載7000回
  5. ^ 央忠邦 『日本の潮流 創価学会発展の歩み』、1968年1月31日、149頁。 
  6. ^ a b 島田裕巳 2004, p. 45.
  7. ^ 沼田 健哉 創価学会の研究 : 宗教と科学の関係を中心として 総合研究所紀要 22(2), 1-13, 1997-01-31
  8. ^ きょう「2・11」 戸田城聖先生生誕の日 小説「新・人間革命」第30巻を発刊 上・下2分冊 - 2018年2月11日付け聖教新聞1面記事
  9. ^ 執筆開始50周年記念企画 人間革命 - VTR『~恩師の「真実」を後世に~ 小説『人間革命』の執筆』の予告動画付き
  10. ^ 島田裕巳 2004, p. 48.
  11. ^ 島田裕巳 2004, p. 105.
  12. ^ 島田裕巳 2004, pp. 142-146.
  13. ^ 『新・人間革命』第30巻で完結へ/上巻6月、下巻11月刊行/聖教新聞社、出版・書店業界 NEWS、2018年5月2日 18時51分49秒。
  14. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)312頁
  15. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、214-215頁。ISBN 4-87376-595-1
  16. ^ 追悼・橋本忍「人間革命」 70年代の日本大作映画の傑作として名高いが、観る機会が限られてきた幻の一作をテレビ初放送(archive版)


「人間革命」の続きの解説一覧




固有名詞の分類

映画作品 あばれ行燈  ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ  人間革命  エンドレス・サマーⅡ  兵隊やくざ大脱走
日本の映画作品 千年の恋 ひかる源氏物語  エンジェル 僕の歌は君の歌  人間革命  日常〜恋の声〜  パッセンジャー 過ぎ去りし日々
OVA CBキャラ 永井豪ワールド  ガルフォース  人間革命  ピーター・パン2 ネバーランドの秘密  勇者指令ダグオン 水晶の瞳の少年
伝記映画 ラストエンペラー  終着駅 トルストイ最後の旅  人間革命  敬愛なるベートーヴェン  ボビー・フィッシャーを探して
アニメ作品 に ニニンがシノブ伝  2020年ワンダー・キディ  人間革命  NINKU -忍空-  ニャッキ!
日本の小説 クリアネス  青玉獅子香炉  人間革命  堺事件  遠い海から来たCOO
漫画作品 に 二次元王子オオタくん  日露戦争物語  人間革命  NINKU -忍空-  人間噂八百

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人間革命」の関連用語

人間革命のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人間革命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人間革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS