日本のヘイトスピーチとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本のヘイトスピーチの意味・解説 

日本のヘイトスピーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/30 10:02 UTC 版)

日本のヘイトスピーチ(にほんのヘイトスピーチ)では、日本におけるヘイトスピーチ(憎悪表現)について述べる。




注釈

  1. ^ 「人種差別撤廃条約は、国法の一形式として国内法的効力を有するとしても、その規定内容に照らしてみれば、国家の国際責任を規定するとともに、憲法13条、14条1項と同様、公権力と個人との関係を規律するものである。すなわち、本件における被控訴人と控訴人らとの間のような私人相互の関係を直接規律するものではなく、私人相互の関係に適用又は類推適用されるものでもないから、その趣旨は、民法709条等の個別の規定の解釈適用を通じて、他の憲法原理や私的自治の原則との調和を図りながら実現されるべきものであると解される。」平成26年7月8日大阪高等裁判所判決

出典

  1. ^ a b hate speech”. Dictionary.com. 2015年4月閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 知恵蔵mini朝日新聞出版コトバンク、2013年5月13日、2015年7月21日更新。ヘイトスピーチ
  3. ^ a b c d 小谷順子「Hate Speech規制をめぐる憲法論の展開―1970年代までのアメリカにおける議論」『静岡大学法政研究』第14巻1号 (2009)
  4. ^ “ヘイトスピーチ 被害調査に前向き”. 毎日新聞. (2015年7月3日). オリジナル2016年1月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160110042131/http://mainichi.jp/articles/20150703/ddm/005/010/133000c 
  5. ^ “「ヘイトスピーチ、許さない」 法務省が啓発活動強化”. 産経新聞. (2015年1月14日). http://www.sankei.com/affairs/news/150114/afr1501140002-n1.html 
  6. ^ “全国初、ヘイトスピーチ規制条例…大阪市議会”. 読売新聞. (2016年1月16日). オリジナル2016年1月22日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160122043645/http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160116-OYT1T50102.html 
  7. ^ “ヘイトスピーチ”. 朝日新聞. (2015年7月21日). http://www.asahi.com/topics/word/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81.html 
  8. ^ a b 明戸隆浩「アメリカにおけるヘイトスピーチ規制論の歴史的文脈」『アジア太平洋レビュー』第11号、大阪経済法科大学,2014年
  9. ^ 京都府議会. “ヘイトスピーチ(差別扇動)被害に対する意見書 (PDF)”. 2015年10月閲覧。
  10. ^ a b 林啓太「「アイヌ」ヘイト頻発 反「差別」声上げる時」、東京新聞。2014年12月24日11版20、21面。
  11. ^ 石橋学 (2015年3月29日). “時代の正体<78> 虚偽さえ交えた主張”. 神奈川新聞: p. 23面. http://www.kanaloco.jp/article/81903 
  12. ^ 社会学の価値 宇城輝人 2015年04月22日
  13. ^ ヘイト -スピーチの定義 (PDF) (2016年3月27日時点のアーカイブ) 金尚均 2015年
  14. ^ 「日本型拝外主義」下における地方参政権問題――ヘイト・スピーチ(差別扇動表現)問題に即して 岡崎勝彦
  15. ^ a b “ヘイトスピーチ抑止条例 全国初の成立 大阪市議会”. 毎日新聞. (2016年1月16日). http://mainichi.jp/articles/20160116/k00/00m/040/160000c 
  16. ^ “ヘイトスピーチは差別 朝鮮学校妨害 街宣禁じる判決”. 朝日新聞: p. 夕刊1面. (2013年10月7日) 
  17. ^ 川崎圭吾 (2013年3月18日). “「殺せ」「たたき出せ」 デモ 目立つ過激言動”. 朝日新聞: p. 夕刊4版11面 
  18. ^ a b “憎悪の表現と法規制 ヘイトスピーチ 朝日新聞「報道と人権委員会」”. 朝日新聞: p. 朝刊12版9面. (2015年7月21日). オリジナル2015年11月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20151114021512/http://www.asahi.com/articles/DA3S11871163.html 
  19. ^ “ヘイトスピーチ 事前規制、今秋に制定 川崎市が対策 ネット対応早期に /神奈川”. 毎日新聞. (2017年1月20日). http://mainichi.jp/articles/20170120/ddl/k14/040/199000c 
  20. ^ “ヘイトスピーチ 国が例示 自治体に解消取り組み促す”. 毎日新聞. (2017年2月6日). http://mainichi.jp/articles/20170206/dde/041/040/034000c 
  21. ^ “ヘイトスピーチ 「対策を」 市民団体が県に要請書 /島根”. 毎日新聞. (2017年2月16日). http://mainichi.jp/articles/20170216/ddl/k32/040/511000c 
  22. ^ “ヘイトスピーチ禁止判決 在特会に賠償命令 「朝鮮学校の名誉毀損」 京都地裁”. 読売新聞: p. 夕刊4版 13面. (2013年10月7日) 
  23. ^ “2審も「人種差別」認め賠償命令 朝鮮学校ヘイトスピーチ訴訟 大阪高裁”. 産経WEST. (2014年7月8日). http://www.sankei.com/west/news/140708/wst1407080048-n1.html 
  24. ^ “雰囲気「迎合」が言論の衰退招く 青山学院大学特任教授・猪木武徳”. 産経新聞. (2015年2月12日). http://www.sankei.com/column/news/150212/clm1502120001-n1.html 
  25. ^ 人種民族信条性別社会的身分、門地、障害疾病又は性的指向に対する差別。
  26. ^ a b c 雰囲気「迎合」が言論の衰退招く 青山学院大学特任教授・猪木武徳 産経新聞 2015.2.12 05:01更新
  27. ^ a b “「表現の自由」割れる賛否 ヘイトスピーチ規制”. 京都新聞. (2013年10月7日). オリジナル2013年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131007233426/http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20131007000205 
  28. ^ 児童の権利に関する条約 第3回日本政府報告(日本語仮訳)
  29. ^ 市民的及び政治的権利に関する委員会からの質問事項に対する日本政府回答(仮訳)
  30. ^ 人種差別撤廃条約 Q&A 外務省
  31. ^ 平成26年7月8日大阪高等裁判所判決
  32. ^ 拳骨拓史 (2014). 韓国が次に騒ぎ出す「歴史問題」. PHP研究所. pp. 187. 
  33. ^ ヘイトスピーチ対策について法整備を含む強化策を求める意見書 (PDF)”. 伊田雅彦 (2015年). 2015年8月7日閲覧。
  34. ^ 古谷経衡 (2014). 知られざる台湾の「反韓」: 台湾と韓国が辿った数奇な戦後史. PHP研究所. pp. 251. 
  35. ^ 「騒色公害と景観問題 ―実態と解決策―」、『週刊東洋経済』2014年9月27日、 59頁。
  36. ^ 敵意をむき出しにした「ヘイトスピーチ」 新たな法律で規制すべきか?”. 弁護士ドットコム. 法律事務所オーセンス (2013年5月23日). 2013年12月22日閲覧。
  37. ^ a b c d 市川正人『表現の自由の法理』日本評論社 2003,p58-63
  38. ^ a b “ヘイトスピーチ規制、審議入り 人種差別撤廃法案 国に防止策責務・罰則なし”. (2015年8月5日). オリジナル2015年8月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150805235058/ 
  39. ^ 長谷部恭男『憲法・第五版』新世社、2011年p205-206
  40. ^ 赤坂正浩『憲法講義(人権)』信山社、2011年、p71-72
  41. ^ 表現の自由とヘイトスピーチ 市川正人, 立命館法学 2015年2号(360号)
  42. ^ a b c d “正論1月号 安易な法規制は許さない”. 産経ニュース. (2014年12月2日). http://www.sankei.com/column/news/141202/clm1412020008-n1.html 
  43. ^ a b “敵意をむき出しにした「ヘイトスピーチ」 新たな法律で規制すべきか?”. 弁護士ドットコム. (2013年5月23日). http://www.bengo4.com/c_1009/n_404/ 
  44. ^ 裁判所公式サイト 平成22(ワ)2655 事件名  街頭宣伝差止め等請求事件
  45. ^ “ヘイトスピーチ、在特会の損賠責任認める 最高裁”. 日本経済新聞. (2014年12月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO80765640Q4A211C1CR8000/ 2015年7月閲覧。 
  46. ^ “ヘイトスピーチは人種差別 在特会側への賠償命令確定”. 朝日新聞. (2014年12月10日). オリジナル2014年12月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141210130011/http://www.asahi.com/articles/ASGDB4W6BGDBUTIL01X.html 2015年7月閲覧。 
  47. ^ “ヘイトスピーチ:在特会街宣は人種差別 最高裁が上告棄却、賠償確定”. 毎日新聞. (2014年12月11日). オリジナル2015年7月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150718130728/http://mainichi.jp/shimen/news/20141211ddm041040144000c.html 2015年7月閲覧。 
  48. ^ “橋下氏、朝日新聞出版と和解 「週刊朝日」連載めぐる訴訟、解決金とおわび文書交付”. 産経新聞. (2015年2月18日). http://www.sankei.com/west/news/150218/wst1502180054-n1.html 2015年2月18日閲覧。 
  49. ^ a b 2014年9年19日(金)橋下徹市長登庁会見「文書通信交通滞在費の公開他について」YouTube 日本維新の会配信 17分10秒頃から。
  50. ^ 在日コリアン侮蔑するヘイトビラ貼り男 建造物侵入罪で起訴~福岡地検
  51. ^ “ヘイトビラの男有罪 建造物侵入罪 福岡地裁判決”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2016年10月8日). オリジナル2016年10月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161008114634/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/280551 
  52. ^ 違法性顕著、表現の自由の範囲外 ヘイトデモ仮処分要旨 朝日新聞 2016年6月2日
  53. ^ ヘイトデモ事前差し止め 地裁川崎支部が仮処分 朝日新聞 2016年6月3日
  54. ^ “ヘイトスピーチ賠償命令 在特会、ネットで「差別助長」 大阪地裁”. 読売新聞大阪朝刊. (2016年9月28日) 
  55. ^ “ヘイトスピーチ訴訟 大阪地裁、在特会に賠償命令 「差別を助長」”. 毎日新聞西部朝刊. (2016年9月28日). https://mainichi.jp/articles/20160928/ddp/041/040/025000c 
  56. ^ “在特会ヘイトスピーチ、77万円賠償命令 大阪地裁判決”. 朝日新聞デジタル. (2016年9月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ9W4SY6J9WPTIL01N.html 
  57. ^ “ヘイトスピーチで在特会の敗訴確定 最高裁、上告退ける:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASKCZ5GN1KCZUTIL03T.html 2018年10月11日閲覧。 
  58. ^ 在特会の言動は「差別的」 元会長の損害賠償請求を棄却
  59. ^ 在特会前会長桜井誠氏の発言 差別的言動に認定 有田芳生議員への賠償請求棄却
  60. ^ 在特会前会長の賠償請求棄却 地裁、ヘイトスピーチ認定 
  61. ^ 「百害あって一利なし」高円宮妃がサッカー界のヘイトスピーチ撲滅訴える<スピーチ全文>
  62. ^ 安倍首相、ヘイトスピーチに「極めて残念」 参院予算委(朝日新聞) 2013年5月7日
  63. ^ 在日韓国人らをネット中傷・排斥、控えよ…首相(読売新聞) 2013年5月7日
  64. ^ a b ヘイトスピーチ「憂慮に堪えない」 谷垣法相(朝日新聞) 2013年5月9日
  65. ^ “ヘイトスピーチ「残念」 谷垣法相”. 産経新聞. (2013年5月10日). オリジナル2013年5月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130512023602/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130510/plc13051011430016-n1.htm 
  66. ^ 「皆殺し」「追放」と過激化=ヘイトスピーチに非難強まる―コリアンタウン排斥デモ (時事通信) 2013年5月11日
  67. ^ 神原 2014, p. 141.
  68. ^ 内閣官房長官記者会見・2分50秒以降 2013年10月7日
  69. ^ 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する 法律の施行について(通達) 2016年6月3日
  70. ^ 人種差別撤廃条約第7回・第8回・第9回政府報告
  71. ^ ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動”. 法務省. 2015年2月11日閲覧。
  72. ^ “法務省、ヘイトスピーチ許さない ポスターで啓発強化”. 共同通信. (2015年1月17日). オリジナル2015年2月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150211060719/http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011701001597.html 2015年2月11日閲覧。 
  73. ^ “<時代の正体>「○○人は全員犯罪者だから出て行け」もヘイト 法務省が指針”. 神奈川新聞. (2017年1月9日). http://www.kanaloco.jp/article/223747 
  74. ^ “法務省、ヘイトスピーチの具体例を提示”. 日本経済新聞. (2017年2月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H53_U7A200C1CR8000/ 
  75. ^ 公安調査庁 2011, p. 60.
  76. ^ 公安調査庁 2014, p. 65.
  77. ^ 公安調査庁 2015, p. 68.
  78. ^ a b 公安調査庁 2017, p. 73.
  79. ^ “ヘイトスピーチ 東京法務局、元在特会代表へ勧告 救済措置は初”. 毎日新聞. (2015年12月23日). http://mainichi.jp/articles/20151223/ddm/041/040/154000c 
  80. ^ “法務省がヘイトスピーチ動画を削除要請、実行 初のケース”. 産経ニュース. (2016年2月14日5時30分). http://www.sankei.com/affairs/news/160214/afr1602140006-n1.html 2016年2月14日閲覧。 
  81. ^ “ヘイトスピーチ「普遍的価値観に反する」 日本学術会議が報告”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年10月21日). オリジナル2014年10月22日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141022055031/http://www.asahi.com/articles/DA3S11412515.html 
  82. ^ 「最近の対外的緊張関係の解消と日本における多文化共生の確立に向けて」日本学術会議、2014年9月11日
  83. ^ “ヘイトスピーチ対策法が成立=啓発・相談を拡充、罰則なし”. 時事ドットコム. (2016年5月26日). オリジナル2016年5月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160526035504/http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052400043&g=pol 
  84. ^ “ヘイトスピーチ法が成立 「教育や啓発」国の責務と規定 「不当な差別的言動は許されない」”. 産経ニュース. (2016年5月24日). http://www.sankei.com/politics/news/160524/plt1605240020-n1.html 
  85. ^ 参法 第190回国会 6 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案”. 衆議院. 2016年5月26日閲覧。
  86. ^ 自民党「2014年08月25日(月)〜2014年08月31日(日)までの会議情報」より
  87. ^ 自民党「2014年10月13日(月)〜2014年10月19日(日)までの会議情報」より
  88. ^ 自民党「2014年11月03日(月)〜2014年11月09日(日)までの会議情報」より
  89. ^ ヘイトスピーチ:韓国での実態など調査求める 自民党PT (毎日新聞) 2014年11月4日
  90. ^ “韓国での実態など調査求める 自民党PT”. 毎日新聞. (2014年11月4日). オリジナル2014年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141104132157/http://mainichi.jp/select/news/20141105k0000m010081000c.html 2014年11月4日閲覧。 
  91. ^ “「保育園落ちた」ブログ、平沢議員「表現には違和」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年3月10日). オリジナル2016年6月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160628182747/http://www.asahi.com/articles/ASJ3B46N5J3BUTFK005.html 2016年6月29日閲覧。 
  92. ^ “<自民党>差別問題特命委が初会合”. Yahoo!ニュース. 毎日新聞 (Yahoo Japan). (2016年3月10日). オリジナル2016年3月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160310193032/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000055-mai-pol 
  93. ^ “「保育園落ちた」ブログ、平沢議員「表現には違和」”. Yahoo!ニュース. 朝日新聞デジタル (Yahoo Japan). (2016年3月10日). オリジナル2016年3月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160316062327/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000034-asahi-pol 
  94. ^ “ヘイトスピーチ対策に全力=「品格に関わる」―安倍首相”. Yahoo!ニュース. 時事通信 (Yahoo Japan). (2016年3月18日). オリジナル2016年3月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160327181801/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000130-jij-pol 
  95. ^ ヘイトスピーチ抑止の法案了承 自公近く提出、罰則なし 共同通信 2016年4月5日
  96. ^ 森友学園に絡む左翼勢力は、反基地闘争や反日プロパガンダと1本の線でつながるのです 産経新聞 2017年4月2日
  97. ^ 立憲民主党 - 基本政策 - 共生社会
  98. ^ 「憎悪表現」の対策検討”. 公明党 (2014年10月1日). 2015年5月閲覧。
  99. ^ “公明党議員 新大久保で嫌韓デモの被害実態を聴取”. 聯合ニュース. (2015年2月6日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/02/06/0200000000AJP20150206002300882.HTML 2015年5月閲覧。 
  100. ^ “「公明党の考え」”. G2. オリジナルの2015年5月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150505073550/http://g2.kodansha.co.jp/27047/27158/27967/27969.html 2015年5月閲覧。. 
  101. ^ a b 2014年総選挙各分野政策 44、ヘイトスピーチ 民族差別をあおるヘイトスピーチを許さない”. 日本共産党 (2014年11月). 2014年12月19日閲覧。
  102. ^ 2013年参議院選挙各分野政策 41、いのち・人権の保障”. 日本共産党 (2013年6月). 2014年12月19日閲覧。
  103. ^ [『月刊正論』2015年10月号]
  104. ^ “えらぼーと:2014年衆院選ボートマッチ、検証座談会 利用者、12日間で18万1575人 低関心、与野党に責任”. 毎日新聞. (2014年12月21日). オリジナル2015年2月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150221110027/http://senkyo.mainichi.jp/news/20141221ddm010010032000c7.html 2015年2月21日閲覧。 
  105. ^ “選挙毎日 2014衆院選”. 毎日新聞. (2014年11月29日). オリジナル2015年2月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150213155824/http://senkyo.mainichi.jp/news/20141130k0000m040032000c.html 2014年12月26日閲覧。 
  106. ^ “「現状憂うところある」 ヘイトスピーチで那覇市長”. 琉球新報. (2013年10月10日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-213616-storytopic-1.html 
  107. ^ 毎日新聞 2014年04月09日 地方版
  108. ^ 毎日新聞4月9日付け朝刊掲載の報道について”. 門真市. 2014年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月26日閲覧。
  109. ^ “「ヘイトスピーチ、やり過ぎで問題」橋下市長が対策指示”. 朝日新聞. (2014年7月11日). オリジナル2014年7月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140710232102/http://www.asahi.com/articles/ASG7B5T81G7BPTIL01D.html 
  110. ^ “中学校給食の自校方式「可能性あれば検討」 区民車座集会で川崎・福田市長”. 神奈川新聞. (2014年6月1日). オリジナル2014年6月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140602055707/http://www.kanaloco.jp/article/72279/cms_id/83867 
  111. ^ “橋下市長がヘイトスピーチ批判「ひきょうで格好悪い」”. 朝日新聞. (2014年9月26日). オリジナル2014年9月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140925202105/http://www.asahi.com/articles/ASG9T65T6G9TPTIL01P.html 
  112. ^ “互いに暴言、面談は10分足らず 橋下大阪市長と在特会”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年10月20日). オリジナル2014年10月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141020111549/http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102001001764.html 2014年10月26日閲覧。 
  113. ^ Osaka mayor engages in shouting match with head of anti-Korean group -Kyodo -- Oct 21(written in English)
  114. ^ 橋下×在特会 桜井誠「飛田新地に帰れ」意見交換会フルバージョン Archived 2015年5月17日, at the Wayback Machine.
  115. ^ 「橋下徹「在日の特別永住者制度を見直す」 これでヘイトスピーチも差別もなくなる?」『JCastニュース』(2014.10.26)
  116. ^ ヘイトスピーチ「基本的人権に対する挑戦だ」(2014年7月19日時点のアーカイブ) 舛添知事定例記者会見平成26年7月18日
  117. ^ “【舛添知事定例会見詳報】(上)訪韓への反対の声「何件来たから全部反対とか、何件来たからどう、という問題ではない」”. 産経新聞. (2014年8月2日). http://www.sankei.com/politics/news/140802/plt1408020029-n1.html 2015年1月29日閲覧。 
  118. ^ “舛添都知事:ヘイトスピーチ「立法含めた対策」自民に要請”. 毎日新聞. (2014年8月5日). オリジナル2014年8月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140805140036/http://mainichi.jp/select/news/20140806k0000m010082000c.html 
  119. ^ “ヘイトスピーチ:法規制求める意見書 地方議会続々採択”. 毎日新聞. (2014年12月20日). オリジナル2014年12月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141220133656/http://mainichi.jp/select/news/20141220k0000e040211000c.html 2014年12月28日閲覧。 
  120. ^ “ヘイトスピーチ、地方議会がNO 対策求め意見書相次ぐ”. 朝日新聞. (2014年12月27日). オリジナル2014年12月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141228070423/http://www.asahi.com/articles/ASGDV7G40GDVUTIL04Y.html 2014年12月28日閲覧。 
  121. ^ 東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例”. 2018年10月9日閲覧。
  122. ^ 平成30年第3回定例会提出議案と議決結果”. 2018年10月9日閲覧。
  123. ^ ヘイト規制・LGBT差別禁止の条例成立”. 2018年10月9日閲覧。
  124. ^ “ヘイト文書 大阪の幼稚園、保護者に 「よこしまな在日韓国人、支那人」”. 毎日新聞. (2017年2月17日). http://mainichi.jp/articles/20170217/ddm/041/040/101000c 
  125. ^ 「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン(案)」に関する意見募集
  126. ^ 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進 に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン (案) ~ ヘイトスピーチ解消に向けて ~
  127. ^ ヘイトスピーチ、事前規制 川崎が初指針、施設不許可も
  128. ^ ヘイトスピーチ事前規制 表現の自由に残る懸念
  129. ^ 「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン」の施行について”. 2018年4月2日閲覧。
  130. ^ 「ヘイトスピーチ」規制、川崎市がガイドラインの運用開始”. 2018年4月2日閲覧。
  131. ^ 「ヘイト」指摘で閲覧停止 長野県、サイト掲載の意見”. 2018年6月16日閲覧。
  132. ^ 長野県サイトにヘイトスピーチ表現 投稿をそのまま掲載”. 2018年6月16日閲覧。
  133. ^ 「県民ホットライン」のホームページ公表に関するガイドライン”. 2018年6月16日閲覧。
  134. ^ 掲載防止に長野県が新ガイドライン策定”. 2018年6月16日閲覧。
  135. ^ 朝日新聞デジタル:新大久保の反韓デモ、救済申し立て 「身に危険の恐れ」2013年3月29日21時59分
  136. ^ ヘイトスピーチは表現の自由を逸脱=大阪弁護士会声明 2013年7月3日聯合ニュース
  137. ^ 「大阪地域司法計画2014」について (PDF) (2014年8月8日時点のアーカイブ) 大阪弁護士会公式サイト
  138. ^ 「ヘイトスピーチは許されない」日弁連が「人種差別禁止」基本法の制定を国に要望”. 弁護士ドットコム (2015年5月13日). 2015年5月14日閲覧。
  139. ^ “ヘイトスピーチ 「集会拒否できる」自治体向けパンフ作製”. 毎日新聞. (2016年1月10日). http://mainichi.jp/articles/20160110/ddm/041/040/117000c 
  140. ^ 石橋学 (2017年3月27日). “県弁護士会も声明 あらゆる差別禁止に”. 神奈川新聞: p. 17面 
  141. ^ 2014年7月25日中日新聞朝刊3面
  142. ^ 2014年8月31日中日新聞朝刊3面
  143. ^ 国連差別撤廃委 ヘイトスピーチ 法規制を”. しんぶん赤旗 (2014年8月31日). 2015年5月閲覧。
  144. ^ 石橋学 (2014年9月7日). “時代の正体<20> 人種差別撤廃委員会報告(上)野放しの状況に懸念”. 神奈川新聞. http://www.kanaloco.jp/article/76269 
  145. ^ 小谷順子. “憎悪表現(ヘイト・スピーチ)の規制の合憲性をめぐる議論”. SYNODOS.Inc. (JAPAN).. 2015年8月7日閲覧。
  146. ^ “ヘイトスピーチ” 日韓友好の街で何が…”. NHK. (2013年5月31日). オリジナル2013年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130531135152/http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/05/0531.html 
  147. ^ “街宣禁止と賠償命じる、京都地裁 朝鮮学校周辺”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2013年10月7日). オリジナル2013年10月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20131007232716/http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100701001598.html 
  148. ^ “ヘイトスピーチ」は人種差別 地裁が在特会に禁止命令”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年10月7日). オリジナル2013年10月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20131007232738/http://www.asahi.com/national/update/1007/OSK201310070002.html 
  149. ^ “ヘイトスピーチに賠償命令 京都地裁、初の判決”. 日本経済新聞. (2013年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0701D_X01C13A0CC0000/ 
  150. ^ 第30回 2013年 - 新語・流行語大賞”. 2013年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月閲覧。
  151. ^ 二階堂友紀 (2016年3月29日). “ヘイトスピーチ、3年半で1152件 政府が初の調査”. 朝日新聞. http://digital.asahi.com/articles/ASJ3X7WYZJ3XUUPI004.html 
  152. ^ “在特会と大江健三郎 ~ヘイトスピーチを保守は認めない”. 産経新聞. (2014年12月17日). http://www.sankei.com/life/news/141217/lif1412170002-n3.html 
  153. ^ “【国家を哲学する 施光恒の一筆両断】「ヘイトスピーチ」”. 産経新聞(九州山口版). (2015年1月22日). http://www.sankei.com/region/news/150122/rgn1501220036-n1.html 
  154. ^ “【正論】雰囲気「迎合」が言論の衰退招く 青山学院大学特任教授・猪木武徳”. 産経新聞. (2015年2月12日). http://www.sankei.com/column/news/150212/clm1502120001-n1.html 
  155. ^ a b c “施行後さっそく川崎・渋谷で大混乱 「言論の自由を妨害するな」×「ヘイトデモやめろ!」 DJポリスも出動し…”. 産経新聞. (2016年6月6日). http://www.sankei.com/affairs/news/160605/afr1606050021-n1.html 
  156. ^ “ヘイトスピーチやる心理は? 「心の傷」から攻撃的に”. 東京新聞. (2014年2月24日). オリジナル2015年8月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150807121521/http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kenkoubin/list/CK2014022402000149.html 
  157. ^ 近ごろのデモは何と戦っているのか――対象が「権力」から「人民」に変わるとき文春オンライン9/10(日) 11:00
  158. ^ a b 石橋学 (2015年5月14日). “時代の正体<95> 見えにくい被害実態”. 神奈川新聞: p. 23面. http://www.kanaloco.jp/article/96135/1/ 
  159. ^ ブライシュ 2014, pp. 284-291.
  160. ^ 五野井郁夫[1]なぜヘイトスピーチは蔓延するのか?」、『WEBRONZA』2013年10月19日2015年9月閲覧。
  161. ^ 五野井郁夫 (2015年6月21日). “【書評】ヘイトスピーチ 安田 浩一 著”. 東京新聞. オリジナル2015年6月22日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150622221022/http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2015062102000180.html 2015年6月閲覧。 
  162. ^ 「憲法理論Ⅲ」阪本昌成(成文堂1995,P.63)
  163. ^ a b 「ヘイト・スピーチと「表現」の境界」梶原健祐(九大法学2007.2.26) (PDF) P.67,脚注10,PDF-P.20
  164. ^ 「人種差別的ヘイトスピーチ」長峯信彦(早稲田法学1997.1.30)[1][2]P.186、PDF-P.10
  165. ^ 小林直樹「差別的表現の規制問題―日本・アメリカ合衆国の比較から― (PDF) (2014年10月11日時点のアーカイブ)」『社会科学雑誌』創刊号、2008年12月、奈良産業大学社会科学学会 87-148頁
  166. ^ 世界遺産・吉水神社の宮司がブログでヘイトスピーチ? 「中国人、韓国人は日本に来るな!」...ネットで話題に”. 2018年9月3日閲覧。
  167. ^ 奈良・安堵 「股裂き刑にしたい」ヘイト投稿の町議、辞職”. 2018年4月25日閲覧。
  168. ^ 朝日新聞2013年4月28日朝刊、35面「敵がいる」
  169. ^ 中村 2014, pp. 107-110.
  170. ^ “「在特会」初摘発、4人を逮捕 「日本からたたき出せ」…朝鮮学校に拡声器で抗議”. 産経新聞. (2010年8月10日). オリジナル2010年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100811004332/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100810/crm1008101147006-n1.htm 2013年4月28日閲覧。 
  171. ^ “会長宅からパソコンを押収 在特会事件”. 朝日新聞. (2010年8月11日). オリジナル2010年8月11日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0811-1152-32/www.asahi.com/kansai/news/OSK201008110047.html 2013年4月28日閲覧。 
  172. ^ “在特会事件、幹部ら4人に有罪判決…京都地裁”. 読売新聞. (2011年4月22日). オリジナル2011年4月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110424142956/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110421-OYT1T00798.htm 
  173. ^ 在特会、人権救済申し立て「デモで抗議側から妨害受け」 朝日新聞 2013年4月28日閲覧
  174. ^ “川崎のヘイトデモ、出発直後に中止 反対の数百人が囲む”. 朝日新聞. (2017年3月23日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ65439SJ65UTIL00Q.html 
  175. ^ 石橋学 (2016年6月14日). “時代の正体 ヘイトスピーチ考 デモ中止 上 尊厳守った「世論」”. p. 21面 
  176. ^ “(インタビュー)ヘイトスピーチをたたく 「レイシストをしばき隊」野間易通さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年8月10日). オリジナル2013年8月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130810143029/http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201308090479.html 
  177. ^ a b 二階堂友紀 (2015年7月7日). “反差別、ともに歩もう 国や立場超え、連帯広がる”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社): 夕刊4版1面. オリジナル2015年7月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150711194714/http://www.asahi.com/articles/DA3S11846366.html 
  178. ^ 林啓太、沢田千秋「カウンターの時代」、東京新聞。2015年6月9日11版22、23面。
  179. ^ 神原 2014, p. 42, 奥付.
  180. ^ 神原元 (2014年8月3日). “歴史と文脈ふまえた議論を提起”. しんぶん赤旗: p. 8 
  181. ^ 米軍基地が沖縄に多く置かれていることが差別なのか「沖縄ヘイト」という言葉に隠されたもの(3/6ページ) ケント・ギルバート 正論5月号 産経デジタル 2017年4月22日
  182. ^ 第26回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」佳作入選作 週刊金曜日 2015年9月17日
  183. ^ a b c d e 深田政彦「「反差別」という差別が暴走する」、ニューズウィーク日本版 (Newsweek Japan) 2014年6月24日号 p.32-35
  184. ^ 男組の歴史 男組
  185. ^ 桜井誠『大嫌韓日記』青林堂 2016年
  186. ^ 慰安婦問題街宣で小競り合いNHK ONLINE
  187. ^ 「反差別」元代表を再逮捕 佐賀新聞 2014年06月04日
  188. ^ “【脅迫】ヘイトスピーチした男性を脅した男を逮捕”. gooニュース. ABCニュース (goo). (2014年6月5日). オリジナル2014年6月6日時点によるアーカイブ。. http://www.peeep.us/08bc8ab7 
  189. ^ 大阪地裁で在日韓国人生活保護不正受給詐欺裁判即日結審判決は8月8日(2014年7月28日時点のアーカイブ) - やまと新聞、2014年7月11日。
  190. ^ 凛七星氏の裁判に対する声明(2014年9月13日時点のアーカイブ) 2014年9月8日
  191. ^ “ヘイトスピーチ反対の市民団体元代表を逮捕、生活保護費の不正受給容疑 大阪府警”. 産経WEST (産経新聞社). (2014年4月16日). オリジナル2014年10月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141024194443/http://www.sankei.com/west/news/140415/wst1404150068-n1.html 
  192. ^ a b <ヘイトスピーチ>東京都の対処求め半年…庁舎前アピール
  193. ^ “都知事選・現場から:小さな声、聞いて 差別反対/同性愛/ぜんそく患者”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年2月2日). オリジナル2014年10月9日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141009101204/http://senkyo.mainichi.jp/news/20140202ddm041010118000c.html 
  194. ^ 「なんで止めないんだよ!」 ヘイトスピーチへの行政対応を求める「都庁前アピール」|弁護士ドットコムニュース
  195. ^ “これでいいのか「嫌中憎韓」ブームの出版界に疑問の声”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年6月18日). オリジナル2014年8月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140810075134/http://www.asahi.com/articles/ASG506GZRG50UCVL00C.html?iref=comtop_6_04 
  196. ^ a b 民団新聞2014年8月15日 製造者責任を自問…「反ヘイト出版会」立ち上げ
  197. ^ a b c d “森友学園に指導求める要請書 在日コリアンらの市民団体”. 朝日新聞. (2017年3月2日). http://digital.asahi.com/articles/ASK323FTBK32PTIL003.html 
  198. ^ 石橋学 (2016年1月19日). “子ども守るため闘う”. 神奈川新聞. p. 22面 
  199. ^ 石橋学 (2016年1月19日). “ヘイト反対に61団体 「オール川崎」でネット発足”. 神奈川新聞. p. 22面 
  200. ^ 石橋学 (2017年3月24日). “「反ヘイト宣言を」 市民団体 川崎市教育委に要望”. 神奈川新聞: p. 17面 
  201. ^ a b 石橋学 (2017年3月26日). “差別のない未来を 川崎の市民団体 風船配りアピール”. 神奈川新聞: p. 22面 
  202. ^ “講演「ヘイトではない」 申請者、川崎市に説明”. 神奈川新聞社: p. 22面. (2017年3月23日) 
  203. ^ a b “<ヘイトスピーチ>「人種差別許さない」参院議員会館で集会”. 毎日新聞. (2015年6月26日). オリジナル2015年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150626104045/http://mainichi.jp/select/news/20150626k0000e040269000c.html 
  204. ^ 田原和政 (2016年5月30日). “ヘイトスピーチ対策法成立、差別撤廃の出発点に、弁護士師岡康子氏に聞く(論点争点メディアと人権法)”. 日本経済新聞: p. 朝刊34面 
  205. ^ “論点 ヘイト対策法の評価”. 毎日新聞. (2016年7月1日). http://mainichi.jp/articles/20160701/ddm/004/070/031000c 
  206. ^ “川崎のヘイトデモ巡り勧告 法務省、主催者に”. 日本経済新聞. 共同通信社. (2016年8月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H0V_T00C16A8000000/ 
  207. ^ “ヘイトスピーチ法規制:「暴力」からの救済か、乱用への警戒か”. 毎日新聞. (2014年11月17日). オリジナル2015年8月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150807225719/http://mainichi.jp/shimen/news/20141117ddm004040037000c.html 
  208. ^ “ヘイトスピーチ対策法1年 表現替え続く差別 「反ヘイト」限界も 右派系デモは半減”. 毎日新聞. (2017年5月25日). https://mainichi.jp/articles/20170525/ddm/012/040/039000c 
  209. ^ 朝日新聞デジタル:ヘイトスピーチやめよう 差別反対訴え新宿でデモ - 社会 2013年9月22日
  210. ^ 中野晃 (2015年2月16日). “大阪)「ヘイトスピーチ許さない」タクシーにステッカー”. 朝日新聞. オリジナル2015年5月22日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150522071813/http://www.asahi.com/articles/ASH2B3PHDH2BPTIL00C.html 2015年5月閲覧。 
  211. ^ 安田浩一、G2 (2015年5月18日). “G2レポート・安田浩一 「ヘイトな馬鹿に鉄槌を」【前編】 大阪・日本城タクシー社長を突き動かした2つの「差別」風景”. 現代ビジネス. http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43336 2015年5月閲覧。. 
  212. ^ 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 白昼の福岡・天神で 記者もとばっちり産経新聞2016.6.20
  213. ^ 「どこつかんどんじゃボケ。土人が」 機動隊員が沖縄で暴言 ヘリパッド反対の芥川賞作家に沖縄タイムス2016年10月19日
  214. ^ “「土人」は差別用語 金田法相が認識示す”. Yahoo!ニュース. 沖縄タイムス (Yahoo Japan). (2016年10月25日). オリジナル2016年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161030202129/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00068214-okinawat-oki 
  215. ^ 沖縄県議会バトル詳報(下)「おまえらは犬」「ナメクジでも食うとれ」「戦争に行って死ね」「八つ裂きにしてやる」… 聞くに堪えない警察官への暴言産経新聞2016.10.28
  216. ^ a b c “抗議行動は「ヘイトスピーチ」 海兵隊幹部、また暴言”. 琉球新報. (2015年2月17日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239002-storytopic-271.html 
  217. ^ やっぱり左翼が言う「政府の言論統制」は自作自演だったんだね…古舘伊知郎が白状しちゃったよ産経新聞2016.7.17
  218. ^ 2015年4月3日 八重山日報「背景に反基地感情 ハーフ女児押し倒す」
  219. ^ 「ヤンキーゴーホーム」はヘイトではない! 高江で見た基地問題の本質 ironna SANKEI DIGITAL INC
  220. ^ 第190回 参議院 法務委員会 平成28年5月12日 第13号 (PDF)”. 国会会議録検索システム. p. 5. 2017年2月22日閲覧。
  221. ^ 米軍基地が沖縄に多く置かれていることが差別なのか「沖縄ヘイト」という言葉に隠されたもの(6/6ページ) ケント・ギルバート 正論5月号 産経デジタル 2017年4月22日
  222. ^ 林啓太、出田阿生「ネットのヘイトスピーチ」、東京新聞。2014年6月20日11版S28面、29面。
  223. ^ Michael E. Miller (2015年10月9日). “Japanese cartoonist unapologetic for using migrant girl to criticize ‘fake immigrants’”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2015/10/09/japanese-cartoonist-unapologetic-for-using-migrant-girl-to-criticize-fake-immigrants/ 
  224. ^ “Is this manga cartoon of a six-year-old Syrian girl racist?”. BBC. (2015年10月8日). http://www.bbc.com/news/blogs-trending-34460325 
  225. ^ “Japan manga artist under fire for ‘racist’ illustration of Syrian refugee”. Al Alabiya. (2015年10月10日). http://english.alarabiya.net/en/media/digital/2015/10/10/Japanese-manga-artist-under-fire-for-racist-illustration-of-Syrian-refugee.html 
  226. ^ Tomohiro Osaki (2015年10月2日). “‘Racist’ illustration of refugee girl sparks ire among Japan’s netizens”. The Japan Times. http://www.japantimes.co.jp/news/2015/10/02/national/social-issues/racist-illustration-refugee-girl-sparks-ire-among-japans-netizens#.VjxR6b_SmjE 
  227. ^ Sara Malm (2015年10月8日). “Artist removes drawing of a Syrian girl from Facebook captioned 'I want a luxurious life at the expense of someone else. I'll become a refugee' after 10,000 people declare it 'racist'”. Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/news/article-3264607/Artist-removes-drawing-Syrian-girl-Facebook-captioned-want-luxurious-life-expense-ll-refugee-10-000-people-declare-racist.html 
  228. ^ “El dibujo racista sobre una nena siria que desató la ira en internet”. Clarín. (2015年10月8日). http://www.clarin.com/mundo/Dibujo-japones-racista-nena-siria-desata-polemica_0_1445255708.html 
  229. ^ “難民批判イラスト、差別か風刺か 日本の漫画家が投稿、国内外で波紋”. 朝日新聞. (2015年10月24日). オリジナル2015年1月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/201501107072115/http://www.asahi.com/articles/DA3S12031763.html 
  230. ^ “「保育園落ちた」ブログ、平沢議員「表現には違和」”. Yahoo!ニュース. 朝日新聞デジタル (Yahoo Japan). (2016年3月10日). オリジナル2016年3月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160316062327/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000034-asahi-pol 
  231. ^ “熊本地震 民進・大西氏が首相の視察中止を批判「撤回するなら最初から言うな!」”. Yahoo!ニュース. 産経新聞 (Yahoo Japan). (2016年4月18日). オリジナル2016年4月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160424003159/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160418-00000527-san-pol 
  232. ^ “[古森義久]【「ネトウヨ」はヘイトスピーチである】~全国初、大阪市ヘイトスピーチ抑止条例~”. Yahoo!ニュース. Japan In-depth (Yahoo Japan). (2016年1月23日). オリジナル2016年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160131095614/http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160123-00010000-jindepth-pol 
  233. ^ a b 後藤由耶 (2016年12月26日). “ヘイトスピーチ 在日コリアン母子への中傷 ネット書き込み削除の動き”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20161226/ddm/004/040/078000c 
  234. ^ 石橋学 (2016年10月29日). “差別ブログを削除 法務局要請で運営会社”. 神奈川新聞: p. 22面 
  235. ^ 石橋学 (2016年11月13日). “ユーチューブも削除 差別投稿 在日3世被害訴え”. 神奈川新聞: p. 24面 
  236. ^ 石橋学 (2016年11月12日). “ツイッター社 差別ツイート削除”. 神奈川新聞: p. 22面 
  237. ^ a b 石橋学 (2016年11月15日). “時代の正体 ヘイトスピーチ考 インターネット対策 自治体取り組みに意義”. 神奈川新聞: p. 21面 
  238. ^ 石橋学 (2017年1月21日). “在日3世への差別書き込み まとめサイトも削除 LINE 法務局要請応じ”. 神奈川新聞: p. 24面 
  239. ^ “ヘイトスピーチ3件認定 大阪府審議会”. 読売新聞: p. 大阪朝刊 38面. (2017年3月31日) 
  240. ^ “ヘイトスピーチ 大阪市、実名特定できず 投稿者名で公表”. 毎日新聞. (2017年6月1日). https://mainichi.jp/articles/20170602/k00/00m/040/090000c 
  241. ^ 案件番号「平28-2」(PDF形式, 140.24KB)
  242. ^ 案件番号「平28-4」(PDF形式, 131.04KB)
  243. ^ 案件番号「平28-5」(PDF形式, 130.13KB)
  244. ^ ツイッター社前で「差別ツイート野放しやめて」 「のりこえねっと」や「対レイシスト行動集団」などがツイッターで参加呼びかけ産経新聞2017.9.8
  245. ^ 佐々木俊尚Twitter
  246. ^ 石橋英昭「「殺せ」連呼 デモ横行 言論の自由か 規制の対象か」、朝日新聞。2013年3月16日14版37面。
  247. ^ 川崎桂吾「「殺せ」「たたき出せ」 デモ 目立つ過激言動」、毎日新聞。2013年3月18日夕刊4版11面。
  248. ^ 佐藤圭「ヘイトスピーチ 白昼堂々 欧州と違い 法規制なし」、東京新聞。2013年3月29日11版S28面、29面。
  249. ^ 案件番号「平28-1」(PDF形式, 155.68KB)
  250. ^ 田中一世 (2015年7月29日). “国会前デモに集まるヘイトな人々 「あなた公安でしょ?」 記者はマスク姿に詰問され…”. 産経新聞. http://www.sankei.com/premium/news/150729/prm1507290004-n1.html 
  251. ^ SEALDsというヘイトな人々。 ironna
  252. ^ 【編集日誌】大江健三郎氏の“熱弁”は… 産経新聞 2015年5月8日
  253. ^ a b 「防衛費は人を殺す予算」発言だけじゃない 「たら」「れば」を事実のように語る共産党のデマ・炎上体質を斬る」 産経新聞 2016年7月18日
  254. ^ 産経新聞2015年2月11日朝刊7面
  255. ^ アフリカ日本協議会 (2015年2月13日). “産経新聞 曽野綾子さんのコラムへの抗議文”. 2015年4月閲覧。
  256. ^ a b “曽野綾子氏コラムに「アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる」海外メディア報じる”. ハフィントン・ポスト. (2015年2月13日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/13/sono-ayako-column_n_6677760.html 
  257. ^ a b “曽野氏コラムで南ア駐日大使が本紙に抗議”. 産経新聞. (2015年2月14日). http://www.sankei.com/life/news/150215/lif1502150017-n1.html 
  258. ^ a b “Author Causes Row With Remarks on Immigration, Segregation”. THE WALL STREET JOURNAL. (2015年2月13日). http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2015/02/13/author-causes-row-with-remarks-on-immigration-segregation/ 2015年4月閲覧。 
  259. ^ “Japan PM ex-adviser praises apartheid in embarrassment for Abe”. Reuter. (2015年2月13日). http://www.reuters.com/article/2015/02/13/us-japan-apartheid-idUSKBN0LH0M420150213 
  260. ^ 新潮45』2015年4月号 pp.12-26
  261. ^ “これではメディアのヘイトスピーチだ…『東京』『朝日』『毎日』偏見・無知に基づく不公正・不適切な見解”. 産経新聞. (2015年1月29日). http://www.sankei.com/politics/news/150129/plt1501290005-n1.html 2015年1月29日閲覧。 
  262. ^ 慰安婦「強制連行」の否定がヘイトスピーチなのか? 法規制を求める市民団体「宝塚集会」への違和感 産経新聞 2015年6月29日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本のヘイトスピーチ」の関連用語

日本のヘイトスピーチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本のヘイトスピーチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本のヘイトスピーチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS