個人の尊厳とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 個人の尊厳の意味・解説 

個人の尊厳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/23 04:45 UTC 版)

個人の尊厳(こじんのそんげん)あるいは、個人の尊重(こじんのそんちょう)とは、すべての個人が互いを人間として尊重する法原理をいう。日本法では最高の価値基準であり、各種基本的人権、中でも平等権を直接根拠づけるものとされる。世界的ないし歴史的には憲法制定権力に正当性を与える自然権として理解される。人格尊重主義や個人主義は原理が誕生する文化的背景であったが、より直接のきっかけは市民革命である。


[ヘルプ]
  1. ^ 芦部信喜・著、高橋和之・補訂『憲法 第4版』、岩波書店、2007年(平成19年)。野中俊彦ほか著『憲法 I 第4版』、有斐閣、2006年(平成18年)。


「個人の尊厳」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「個人の尊厳」の関連用語

個人の尊厳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



個人の尊厳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの個人の尊厳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS