奇行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 行動 > 奇行の意味・解説 

き‐こう〔‐カウ〕【奇行】


奇行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 21:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「奇行」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「奇行」を含むページの一覧/「奇行」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「奇行」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect


奇行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 14:04 UTC 版)

1950年代終わりから1960年代前半にかけ、榎本顔なじみだった選手立て続けチーム去っていった。1959年オフ親しい仲だった沼澤康一郎佐々木信也現役引退し監督の別当薫もオリオンズ去った1960年オフ以降は球団経営主体変わってオーナー永田雅一球団経営掌握したことや、フロント意向もあり、毎日色の強い選手毎日オリオンズ生え抜き選手)たちが次々と放出されていった同年オフには、榎本付き合い長かった西本幸雄監督が、就任1年目にして監督辞任日本シリーズでの采配を巡って永田意見衝突したため。詳細西本の項を参照)。1961年オフ榎本理解者であった荒川博や、打撃について榎本語り合うであった小森光生チームから放出された。 1963年オフには球団が「ミサイル打線解体して守りチーム作る」という目標を掲げたため、主力選手葛城隆雄トレード出され榎本難解な打撃理論理解示していた4番打者山内一弘トレードによってチーム去った。特に山内トレードは「世紀のトレード」と呼ばれ永田は同トレード放出候補榎本の名前も挙げていた。また、ベテラン主力選手でもあった田宮謙次郎同年シーズン後半本堂保次監督から冷遇を受け、オフ現役引退表明これらの一連の流れによって「大毎ミサイル打線」は瞬く間に崩壊し主力選手の中で榎本ひとりだけが残る形となった球団名が「毎日大映オリオンズ」から「東京オリオンズとなった1964年オフ契約更改にて、球団榎本年俸ダウンさせる旨を告げ、さらに「3割に2厘欠けたから(同年の榎本打率リーグ5位の.298)」という理由でA級10年選手制度によるボーナス満額渋って規定ギリギリしか出そうとしなかった。前年オフ主力選手一挙に抜けていたため、同年の榎本チームリーダー務めなければならない立場置かれ沢木耕太郎は「榎本にはその役回りが(性格的に向いていなかった」と述べている)、その重圧の中でプレーしながら結果残したが、それが球団に全く評価されなかった。同年の榎本リーグ5位の打率他に149試合出場して本塁打は7位、打点は6位、盗塁3位出塁率3位最多四球最多死球最小三振という成績残していた。また、球団側は期待の新人であった山崎裕之榎本背番号「3」を提示し山崎固辞)、さらに前年契約時オーナー永田雅一が「君はチーム大きく貢献している。打率など心配しないでやってくれ」と発言していたこともあり榎本球団に対して強い不信感顕わにした。 大毎時代球団代表であった和田一によると、榎本それまで契約更改の場では、どのような金額提示されても「はい」以外言わない選手であったという。18年間の現役生活の中で榎本契約更改感情を表に出したのは、後にも先にもこの時だけである。沢木耕太郎は「その榎本が、この年だけは頑強に拒絶したのは、孤立無援させられた者の怒り含まれていたのかもしれない」と分析している。 榎本は翌1965年シーズン序盤頃から頭の中で耳鳴り感じるようになり、原因不明頭痛悪寒覚え体調を崩すようになったシーズン中盤頃からは奇怪な行動見せ始め腱鞘炎になったことも相まって成績が低迷1966年頃には大金費やして庭に自家用打撃場を作り試合終わった後もそこで延々と練習するなど、それまで以上に打撃錬磨のめり込むうになる同年以降は自分でもコントロールできないほど感情爆発するという精神的発作見舞われるようにもなり、自分の打撃満足できない自宅にてバットコーラ瓶窓ガラスを壊すようになった。また契約更改訪れた球団事務所にて、椅子座って瞑想耽り7時動かないなどの行動見られた。 1966年メジャーリーガー来日しロサンゼルス・ドジャースとの日米対抗戦開催された際、他の選手練習している中、榎本ひとりだけダッグアウトでじっと座禅組んでいた。不審に思った山内一弘が、「榎本何やっとんのや?」と巨人山崎マネージャー訊くと、山崎は「1時間前からああしたまなんです」と答えた山内が「寝てるんか」と榎本冷やかすと、榎本は「違う」と言って動こうとしなかった。川上哲治監督も、目を瞑ったまま動かない榎本見て心配になり、試合出場できるのか尋ねたという。その後榎本ノック受けずバッティング練習もしないまま、試合スタメン出場したまた、榎本同年のオールスター戦でもベンチ座禅組んでおり、セ・リーグ監督であった川上心配させたという。 1966年自己最高の成績残しているが、このシーズンに関して後年榎本自身く説明がつかない述べており、「とにかくこの頃ひたすら苦しんでいた」という。「(この頃は)気がついたらバットを持って涙を流していた」とも語っている。また1963年の「神の域以降は絶頂期求めてひたすらフルスイング挑んで満足できるスイングができなくなり、いくら精神統一しても、しっくりなくなったという。1964年以降は球団から打率よりも本塁打求められるようになり、器用に自分の打撃スタイル変えることも出来ず苦悩していたと述べている。若手選手とも馴染めず、打撃の話や打撃論を交わせる人がいなくなり、やがてチーム内で孤立していった。1966年頃からは、自分の打撃没頭する榎本の姿はチームメイトから奇異なものを見るような眼で眺められるようになり、チーム内の陰で笑い話にされるようになったチーム名が「ロッテオリオンズとなった1969年以降奇怪な行動がさらに激しくなり、三振をするとバット逆さに持って地面叩きつけたり、球場ガラスベンチ裏でコーラ瓶などをバット叩き割ったり試合前客席入り込んで奇声発したりするなどの行動繰り返し打撃にも影響及ぼした1971年7月途中まで監督であった濃人渉歴代随一選球眼を持つ榎本に対して榎本ボール球振りすぎる」と言い榎本不信感募らせていた。それでも榎本往年の打撃力随所見せていたが(1970年の優勝年など)、同年7月24日二軍監督から一軍監督昇格した大沢啓二とは本格的に馬が合わず大沢若手機動力野球を掲げ功労者である榎本他のベテラン選手に対して厳しい姿勢見せた打撃機会がほとんど与えられなくなり首脳陣から信頼されていないことを悟った榎本は、時代の流れと共に周囲から自身の理解者たちが去っていったことや、衰えによって身体思うように動かなくなったこともあり精神的に追い込まれていった。 1971年8月7日榎本大沢監督の方に対する不満から、大沢がいた医務室ドアガラスバット叩き割り二軍降格処分受けたこれによって精神的な悪化極まった榎本は、自宅応接間猟銃を持って立てこもった榎本理解者であった荒川博は、榎本の妻の電話によって榎本宅に駆けつけ、「何をつまらないことをしているんだ」と応接間入ろうとした。すると榎本は「入るな!」と叫んだ直後、「たとえ荒川さんでも、入ってきたらぶっ放す」と凄まじい音立てて天井発砲した天井壁土が頭にまばらに降ってきた荒川は、「もう自分の手には負えない」とし、自分の家帰るしか仕様がなかったという。この一件については当時週刊誌は「真偽不明」という扱い記事載せたが、後に榎本本人事実であったことを認めている。 旅館他の選手就寝している午後11時ごろから、榎本外で黙々と練習をしていたといわれている。しかし、精神状態悪化した晩年成績残せなくなったキャリア最終年である移籍先の西鉄でも、榎本獲得時には喜んでいた稲尾監督榎本持て余し結局打率.233の成績現役引退となった稲尾は「(西鉄時代の)榎本さんとは会話すら出来ない状態だった」と回想している。同年出場少なく引退試合もなく、報道もほとんどされなかったため、消えていくような引退だったという。 現役時代榎本麻雀をやるわけでもなく、煙草を吸うわけでもなく、仲間と酒を飲んで騒ぐこともしなかった。若手時代荒川博に連れて行かれたキャバレーでは、数分経たないうちに「荒川さん、こんな不潔なところにはいられません。帰りますと言って帰ってしまった程、生真面目性格であった。酒はたまに飲むことがあったが、その時部屋にこもっ飲むこと多く、ずっと考え込んでいたという。榎本精神状態について、葛城隆雄は「発散させるものが何もなかったのかもしれない内にどんどんこもってしまった」と振り返り田宮謙次郎は「責任重さ山内などの主力打者3人チームから一挙になくなり榎本ひとりだけになった)に耐えられなくなったではないか」と語っており、醍醐猛夫は「(榎本が)あまりにバッティング道』を追いつめすぎたかでしょうという旨述べている。また、沢木耕太郎榎本父親に、榎本がなぜ不安定になったのか訊いたところ、父親は「……お医者さんによれば、なんだか入団した年に喰ったデッドボール後遺症とかいうんですがね」とあまり信じてそうもない口調答えたという。 大毎時代球団代表だった和田準一は、榎本について、「神経が細過ぎた」と振り返っている。1960年5月26日試合前練習中にて、榎本バット振っていた。そこにチームメイト柳田利夫通りかかったが、榎本気づかなかったため、榎本振ったバット柳田の顎に直撃した柳田倒れ込み、顎から血が噴き出し大騒ぎになった榎本顔面蒼白になり、身体震わせるほど怯え試合どころの状態でなくなった試合数分前になって榎本の顔が蒼白であったため、西本監督は「コノヤロー、これから戦争をしようってときに、何を女学生みたいにメソメソしてやがるか!」と怒鳴り榎本ビンタしたという。それまで榎本打率.364であったが、同日を境に成績下降したその後打撃復調したのは、柳田怪我から復帰した6月終わり以降だった。同年2位田宮に2分7厘の差をつけて首位打者獲得している。 豊田泰光著書にて、「打撃に関しあれほど純粋で情熱的な人間知りません変わりもと言えば変わりもんで、一塁守備についていても、気になるのは打撃で、ついつい構えている」に続けて、「何せ孤高の人ですから、周りからは敬遠されがちだったんだけど、榎本君のいくところ、不思議なくらい、いつも少年たち群がっていたんです。守備中に打撃ポーズ取っているような選手仲間には迷惑だったろうけど、子どもたちだけは一つのことにそれだけ夢中になれることのすごさを知ってたんだろうね」と、榎本純粋さ本質を突くようなエピソード紹介している。 引退後野球界と関係を断ちメディアからのインタビュー依頼基本的に断っていた。榎本は「本当は打撃コーチやりたいんです。でも誰も声をかけてくれない僕は社交ベタだし。そういう人間には話が来ない」と語っている。また、オリオンズOB会 などにも一切出席していない。野球選手としてチーム多大な実績残し貢献したのにも関わらずOB会榎本の話が出ることは全くなく、引退後安否を知るOB少なかったという。榎本通算2314安打記録しているが、長らく野球殿堂入りもしていなかった(没後2016年1月エキスパート表彰部門選出された)。日本プロ野球名球会入り条件果たした選手の中で引退後球界関連する仕事携わらなかったのは、プロ野球史上榎本ただ1人となっている。

※この「奇行」の解説は、「榎本喜八」の解説の一部です。» 「榎本喜八」の概要を見る


奇行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:41 UTC 版)

信長公記』に記されているように、少年時代信長は奇行で知られ、「大うつけ」と呼ばれた異様な見た目服装で街を歩き、瓜を食べながら歩いたという。さらに父の葬儀際には、位牌向かって抹香投げるという暴挙出ている。このような奇行はしばし信長天才性の象徴とされてきた。 しかし、神田千里は、成人した信長については、このような奇行を行う人物ではなかったと述べる。足利義昭に対する十七か条異見書や佐久間信盛に対する折檻状などに見られるように、信長自身の残した文書からは、信長世間の評判を非常に重視していたことが伺える。そして、信長その時代の常識則った行動取り人々からの支持得よう努めていたという。

※この「奇行」の解説は、「織田信長」の解説の一部です。» 「織田信長」の概要を見る


奇行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 03:33 UTC 版)

司馬榦は自ら政務執り行わなかったが、人事異動する際には必ず才能選んだ爵位俸禄ありながら、まるで自分にないよう様子で、秩禄布帛はすべて山積みにして腐らせてしまった。長雨続いた時は、牛車外に出して露車(幌のない車)を中に入れた。ある者がその訳を尋ねると、「覆いのないものは中に入れほうがいい」と答えたまた、朝臣が訪問して名前を伝えても、司馬榦は必ず車馬門外に留めさせて、あるときは一晩中会わないこともあった。天子拝謁した際、他人との応対穏和で恭順であり、まったく落ち度はなかった。相次いで愛妾亡くなったが、収めても釘を打たなかった。そして空室置いておき、何日間か見に行ったり、その遺体淫らな行為行ない、屍が腐壊すると初め葬った

※この「奇行」の解説は、「司馬榦」の解説の一部です。» 「司馬榦」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

奇行

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 10:32 UTC 版)

名詞

きこう

  1. 奇妙行動

発音(?)

き↗こー

「奇行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



奇行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

奇行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奇行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奇行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの榎本喜八 (改訂履歴)、織田信長 (改訂履歴)、司馬榦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの奇行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS