PDSとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > > PDSの意味・解説 

ピー‐ディー‐エス【PDS】


ピー‐ディー‐エス【PDS】

personal data store個人情報ライフログ個人自身蓄積・管理して、企業販売したり、情報銀行委託したりする仕組み。パーソナルデータストア。パーソナルデータサービス


パブリックドメインソフトウェア

【英】:Public Domain Software/PDS

プログラムなどの著作者が、その著作権放棄して著作物公共財パブリックドメイン)とすることにより、ユーザーの自由な利用複製配布を可能としたソフトウェアのこと。日本の著作権法では、著作者著作権一部支分権)を他者譲渡したり許諾したりすることはできるが、著作人格権など放棄できない支分権存在するため、法律上、パブリックドメインソフトウェアは成立しない。
米国は、著作権に関する国際条約である「ベルヌ条約」に1992年まで加盟しておらず、著作権成立には一定の手続きを必要とする「方式主義」をとっていたため、この手続き意図的排除することによってパブリックドメインソフトウェアが成立していた。しかし1992年以降ベルヌ条約に従って無方式主義」に移行し、すべての著作物公表同時に自動的著作権発生するようになったこれに伴い、パブリックドメインソフトウェアの理念は「フリーソフトウェア」へ移行した。
関連見出し
フリーソフトウェア
Copyleft

パブリックドメインソフトウェア

【英】Public Domain Software, PDS

パブリックドメインソフトウェアとは、著作権放棄宣言表明されたソフトウェアのことである。二次利用含めて無償利用可能である、といったことを意味する場合が多い。

パブリックドメインソフトウェアは、有志によって作成された有用なソフトウェアとして、インターネット一般的でなかった頃、パソコン通信上で流通していた。

日本の著作権法では、著作権を完全に放棄することはできないため、パブリックドメインソフトウェアは厳密にパブリックドメインではない。後にパブリックドメインソフトウェアの語は「フリーウェア」や「フリーソフト」、「オープンソースソフトウェア」などの語に置き換えられている。

アプリケーションソフトのほかの用語一覧
年賀状ソフト:  毛筆フォント  年賀状ソフト
流通・配布:  オンラインソフト  パブリックドメインソフトウェア  フリーソフトウェア  メールウェア  シェアウェア

硫化パラジウム

分子式PdS
その他の名称:硫化パラジウム、硫化パラジウム(II)、Palladium sulfidePalladium(II) sulfide
体系名:パラジウム(II)スルフィド


PDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 05:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

PDS

一般

会社

商品名・民間規格

人名





PDSと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PDS」の関連用語

PDSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PDSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパブリックドメインソフトウェアの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPDS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS