PDCAサイクルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > PDCAサイクルの意味・解説 

ピーディーシーエー‐サイクル【PDCAサイクル】

読み方:ぴーでぃーしーえーさいくる

PDCA cycle PDCAは、plan-do-check-act(action)の略》生産・品質などの管理円滑に進めるための業務管理手法の一。(1)業務の計画plan)を立て(2)計画に基づいて業務実行do)し、(3)実行した業務評価check)し、(4)改善活動act)が必要な部分はないか検討し次の計画策定役立てる


PDCAサイクル

1950年品質管理の父 エドワード・デミングによって提唱され考え方生産プロセス業務改善連続的なフィードバックツールとして発展した

業務遂行に際し、「計画をたて(Plan)、実行しDo)その評価Check)にもとづいて改善Action)を行う、という工程を継続的に繰り返す」仕組み考え方)のことを言う。

業務流れで捉え評価次の計画活かして業務遂行をより高いレベルもっていくことで、民間企業では品質向上経費削減などに用いられる

業務管理をするマネジメントツールとして広く用いられている。

関連ページ
ワークプロセス領域

PDCAサイクル

フルスペル:Plan, Do, Check, Act cycle
読み方ピーディーシーエーサイクル
別名:PDCA

PDCAサイクルとは、マネジメント手法一種で、「計画」(Plan)、「実行」(Do)、「点検」(Check)、「改善」(Act)の頭文字をとったものである1950年代、エドワード・デミング(William Edwards Deming)らによって提唱された。単にPDCA呼ばれることもある。

PDCAマネジメントサイクル呼ばれる管理タイプ一種で、あるの管理プロセス反復することによって一連の管理としている。具体的には、業務計画作成計画則った実行実践の結果目標比べる点検、そして発見され改善すべき点を是正する4つ段階繰り返すことで、段階的に業務効率向上させることができる。

PDCAサイクルは、製造業をはじめとして様々な業務で、また大企業経営から従業員レベル業務まで広く応用されている。また、品質管理国際基準であるISO 9000ISO 14000などにも、PDCAサイクルの理念影響与えているとされる

企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  ODM  OODA  PMP  PDCAサイクル  リーンスタートアップ  ロードマップ  SWOT分析

PDCAサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 09:01 UTC 版)

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)とは品質管理など業務管理における継続的な改善方法。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(確認)→ Act(改善)の4段階を繰り返して業務を継続的に改善する方法。主に日本で使われている[注 1]。AをActionとする場合もある[1]


注釈

  1. ^ アメリカでは日本企業の工場でPDCAが使われている。日本では独自のPDCAの書籍が多く出版されている。
  2. ^ ボイドはその著作の大部分を完成させた段階でこのことを知り、新郷重夫大野耐一の著作に関心を抱くようになった[6]

出典

  1. ^ 入江 2018, pp. 024–025.
  2. ^ a b 入江 2018, pp. 063–064.
  3. ^ 入江 2018, pp. 023–024.
  4. ^ 入江 2018, pp. 066–067.
  5. ^ Richards 2019, pp. 329–341.
  6. ^ a b Richards 2019, pp. 13–18.
  7. ^ "図2 ... PDCAサイクルとの関係 ... パフォーマンス評価 Check" p.3 of JIS Q9001
  8. ^ "方針,目標,要求事項及び計画した活動に照らして,プロセス並びにその結果としての製品及びサービスを監視し,(該当する場合には,必ず)測定し,その結果を報告する。" p.4 of JIS Q9001


「PDCAサイクル」の続きの解説一覧

PDCAサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 15:29 UTC 版)

ISO 10002」の記事における「PDCAサイクル」の解説

詳細は「PDCAサイクル」を参照 ISO 10002ISO 9000ファミリー規格であり、その中に担うISO 9001と同様品質マネジメントシステムモデルを採用している。すなわち、計画箇条6)、運用箇条7)、分析改善箇条8)の項目により、いわゆるPDCAサイクルによる苦情対応の改善を図るものとなる

※この「PDCAサイクル」の解説は、「ISO 10002」の解説の一部です。
「PDCAサイクル」を含む「ISO 10002」の記事については、「ISO 10002」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PDCAサイクル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PDCAサイクル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PDCAサイクル」の関連用語

PDCAサイクルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PDCAサイクルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2023 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2023 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPDCAサイクルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPDCAサイクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのISO 10002 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS