PDCAとは? わかりやすく解説

PDCA

別表記:ピーディーシーエー

「PDCA」とは・「PDCA」の意味

「PDCA」とは、Plan、Do、CheckAction頭文字をとった、物事成功に導くためのサイクルである。
ただし、多くの企業pdcaサイクルをもとにマーケティング営業計画立てており、日本のビジネスシーンでは中心的な考え方担ってきた。

PDCAサイクルとは

そもそもPDCAサイクル」とは物事を「P」「D」「C」「A」4段階に分け達成目指す仕組みで医療教育広報などさまざまな分野採用されてきた。4段階の土台を築くのは「計画Plan)」である。この時点で、プロジェクト骨格決まる。企業個人プロジェクト全体像考えどのように進めていくのかを組み立てていく。次に、「実行Do)」の段階で、実際の作業発生するPDCAサイクルでは、一巡目の実行」での成果を必ずしも重要視しないそれよりも、「評価Check)」の材料を得ることのほうが大切だからだ。

評価」の段階で、企業個人は「実行」で集めたデータ振り返っていく。具体的にデータ数値化し、成功失敗の要因探っていく。そして、「改善Act)」を行う。「改善」では、「評価」により導き出された失敗の要因を、どのように修正するのかが結論付けられるこれらの4段階を経てPDCAサイクルはまた「計画」に戻っていく。サイクル一巡した後で再び「計画」へと戻ることで、二巡目はより効率的に成功への道筋を立てられる信じられてきた。このサイクル継続的に繰り返していくことがPDCAサイクルでは重要である

PDCAサイクルメリットは、まず「正確な目標設定」である。実行よりも前の段階目標設定しても、現実に的外れ終わケースは多い。目標自体間違っていると、プロジェクト効率的に成功目指せなくなってしまう。PDCAサイクル実務中から目標見つけ出す方法論なので、二巡目以降に正確な目標設定ができる可能性は高い。同じ意味で、「改善点明確化できる」のもPDCAサイクルメリットだろう。PDCAサイクルでは必ず、「評価」と「改善」の段階を経る。あるアクション反響丁寧に振り返っていくので、改善点見過ごされてしまうリスク少ないのだ。

経験値克服できる」のもPDCAサイクル支持される理由である。一般的にビジネスシーンでは経験値の高さがスキル左右するといわれてきた。前提となる知識スキル同等なら、経験値の高い社員は、低い社員以上の働き見せるだろう。ただし、社員経験値育むどの時間や余裕が、企業側にあるとは限らないPDCAサイクル少な経験を着実に社員成長につなげる手法である。短期間経験を細かく分析し改善点割り出していくので、社員成長につながることもある。

一方でPDCAサイクルにはデメリット語られてきた。確かにPDCAサイクル社員能力引き出しやすい方法ではある。しかし、企業全体利益考えると、「周期遅くなってしまう」傾向にある。PDCAサイクルでは計画失敗した場合評価改善の時間確保して次の計画につなげなくてはならない。二巡目以降での改善前提となっているPDCAサイクルでは、早期成功つかみにくいのである。仮に一巡目でプロジェクト大失敗したとしたら、二巡目を待つことなくPDCAサイクル終わる。

目的手段がすり替わってしまいやすい」のもPDCAサイクル懸念されてきたリスクだ。PDCAサイクルまわしていくのは、あくまでも最終的な目標達成のためである。ただ、PDCAサイクルそれぞれの段階こなしていくだけで、かなりの労力をともなう。いつのまに長期的な目標忘れてしまい、目の前作業ひたすらこなしている状態になっていることも多い。PDCAサイクルでは「改善」から「計画」までの流れを、いかに現場共有していくかが大きな課題だ。

そして、PDCAサイクルには、手法自体が「古い」との批判寄せられている。なぜなら、PDCAサイクルでは決められた目標を達成することはできても、まったく新しアイデア生み出すのは難しいからだ。「計画」から外れるような意見発想は、PDCAサイクルにおいて無視されやすい。いわゆるデザイン思考」からPDCAサイクル程遠く極端にこだわってしまうと、時代の流れに取残される危険も出てくる。「PDCAサイクル固執しているのは日本だけだ」という、グローバルな視点からの批判なされてきた。

それでも、PDCAサイクルが日本社会で切り捨てられずにいるのは、成功事例決し少なくないからだ。社員能力均等に伸ばしサービスの質高めるためにはPDCAサイクル向いている商品品質改善カスタマーサービスの向上などでも、PDCAサイクル役立つだろう。新規開拓業務でもPDCAサイクルを軸にしている企業多く一定の成果上げてきた。

「pdca」の使い方・例文

教育現場でも、PDCAは重視されてきた。何しろ、「生徒成績」というわかりやすい目標がある世界だ。生徒評価し改善点模索することは、多くの教育者いわれなくても実行してきた作業だった。

日本人はPDCAにこだわりすぎている。もちろん、ルーティーン業務をこなす際に、PDCAが役立たないとはいわない。しかし、業界イノベーション起こすつもりがあるなら、PDCAはむしろ足かせになってしまうだろう。古いアイデア固執しかねない手法だからだ。

どうしてテレアポ成功例増えないのか、上層部悩んでいた。やがて、集まったデータに対する分析不十分だという事実に気づいた。PDCAでいうところのCとAである。この2つ段階意識してなかったので業務効率上がらなかったのだ。

PDCAサイクルをまわすために、その企業情報共有改善しようとしていた。せっかく改善点明確になっても、全社共有されなければ意味がない改めて、報連相がいかに大切かを経営者実感していた。

スポーツ世界でもPDCAは肝心だと、コーチ疑っていなかった。むしろ、アスリートこそ、PDCAを意識しなければならない思っているデータに基づいて目標明確にしない限りアスリート厳しい練習耐えられなくなってしまうだろう

会議でPDCAの話をするのは飽きてしまった。結局いつも同じ議題ばかり話していてプロジェクト前に進んでいない。そろそろみんな気づくべきではないだろうか自社業務内容が、PDCAによって改善されるようなタイプではないことに。

机上の空論振りかざすような人間になってならない。たとえば、PDCAでいうところのDを手抜きないようにしよう。どれほど精密なマーケティング調査が行われようとも、結局企業動かすのは人の力だ。従業員発奮しなくては成功つかめないのである

PDCAサイクル終焉社長感じていた。最初改善点見つけるたび、現場共有してもらっている実感があった。しかし最近では売上横ばいになってしまっている。そろそろ、まったく新しい何かを始めなければならないのだろう。

マーケティングツール導入されて、プロジェクト進行急激に加速した一瞬顧客反応数値化できるの大きなメリットだ。キャンペーンいい部分も悪い部分全部見えてくる。あとは、PDCAサイクルまわしていくだけだ。

PDCAを大切にしているのは日本だけといわれている。果たしそうだろうか。作業評価し改善点見つけるなんて当然の行いである。PDCAという呼び名意識していないだけで、世界中ビジネスパーソンは同じことをやっているはずだ。

PDCAサイクル

フルスペル:Plan, Do, Check, Act cycle
読み方ピーディーシーエーサイクル
別名:PDCA

PDCAサイクルとは、マネジメント手法一種で、「計画」(Plan)、「実行」(Do)、「点検」(Check)、「改善」(Act)の頭文字をとったものである1950年代、エドワード・デミング(William Edwards Deming)らによって提唱された。単にPDCAと呼ばれることもある。

PDCAはマネジメントサイクル呼ばれる管理タイプ一種で、あるの管理プロセス反復することによって一連の管理としている。具体的には、業務計画作成計画則った実行実践の結果目標比べる点検、そして発見され改善すべき点を是正する4つ段階繰り返すことで、段階的に業務効率向上させることができる。

PDCAサイクルは、製造業をはじめとして様々な業務で、また大企業経営から従業員レベル業務まで広く応用されている。また、品質管理国際基準であるISO 9000ISO 14000などにも、PDCAサイクルの理念影響与えているとされる

企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  ODM  OODA  PMP  PDCAサイクル  リーンスタートアップ  ロードマップ  SWOT分析

PDCA

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

PDCA

分子式C23H41O5P
その他の名称(3α,12α-Dihydroxy-24-nor-5β-cholane-23-yl)phosphonic acid、PDCA、ホスホノデオキシ-コール酸、Phosphonodeoxy-cholic acid、3α,12α-ジヒドロキシ-24-ノル-5β-コラン-23-ホスホン酸、3α,12α-Dihydroxy-24-nor-5β-cholane-23-phosphonic acid
体系名:(3α,12α-ジヒドロキシ-24-ノル-5β-コラン-23-イル)ホスホン酸


1H-ピロール-2,3-ジカルボン酸

分子式C6H5NO4
その他の名称1H-Pyrrole-2,3-dicarboxylic acid2,3-ピロールジカルボン酸、ピロール-2,3-ジカルボン酸、Pyrrole-2,3-dicarboxylic acid、PDCA
体系名:1H-ピロール-2,3-ジカルボン酸


PDCAサイクル

(PDCA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 09:01 UTC 版)

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)とは品質管理など業務管理における継続的な改善方法。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(確認)→ Act(改善)の4段階を繰り返して業務を継続的に改善する方法。主に日本で使われている[注 1]。AをActionとする場合もある[1]


注釈

  1. ^ アメリカでは日本企業の工場でPDCAが使われている。日本では独自のPDCAの書籍が多く出版されている。
  2. ^ ボイドはその著作の大部分を完成させた段階でこのことを知り、新郷重夫大野耐一の著作に関心を抱くようになった[6]

出典

  1. ^ 入江 2018, pp. 024–025.
  2. ^ a b 入江 2018, pp. 063–064.
  3. ^ 入江 2018, pp. 023–024.
  4. ^ 入江 2018, pp. 066–067.
  5. ^ Richards 2019, pp. 329–341.
  6. ^ a b Richards 2019, pp. 13–18.
  7. ^ "図2 ... PDCAサイクルとの関係 ... パフォーマンス評価 Check" p.3 of JIS Q9001
  8. ^ "方針,目標,要求事項及び計画した活動に照らして,プロセス並びにその結果としての製品及びサービスを監視し,(該当する場合には,必ず)測定し,その結果を報告する。" p.4 of JIS Q9001


「PDCAサイクル」の続きの解説一覧

PDCA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 04:44 UTC 版)

科学的方法」の記事における「PDCA」の解説

PDCA流に考えると、科学的な方法プロセスは、おおざっぱにいえば「仮説の構築」と「その検証」の延々たる繰り返しとみなせる。 「仮説をたて、検証し次の計画反映する思考様式広く一般化されており、プロジェクトマネジメントにおいてはPDCAサイクルという名前で、一般プロジェクト管理に加え研究開発や国の大型研究プロジェクト等の大局的な管理において基本となる考え方として受け入れられている。見方変えると、科学的な方法プロセスは、多重入れ子構造となったPDCAサイクル見ることもできる。 科学的方法プロセス具体的たものの、一例以下に示す。細かい説明は、文献によって異なるが、一般論としては問題発見から結論公表までのプロセスに以下のような要素含まれる考えてよい先行研究のリサーチ何が分かっていないのかを明らかにし、リサーチクエスチョンの抽出仮説の構築の手がかりを得るために自分の知りたいこと解明するために行う文献調査のこと。必要に応じ有効な手法や、自分の結果比較参照する上で有益なデータがないかを調べる。 仮説の構築先行研究のリサーチ場合によっては以前予備実験の結果等を再評価すことでリサーチクエスチョンを明確化し、これを検証可能な命題仮説)に落とし込む 実験の計画準備仮説具体的な検証方法検証計画立案し実際の実験の準備を行う。 予備実験、基礎検討及びその解析:リサーチクエスチョンの抽出仮説の構築モデル構築オーダーエスティメーション実験問題点など評価最適条件探索のために行う実験および評価解析理論的検討等。 解析整理実験データを、処理、整理することで、仮説との論理的な関係を明確にする実証実験 :仮説おおむね正しいことがわかった段階で行う、仕上げ的な実験。Nを稼ぐことにより信頼性上げることや、デモンストレーション前提とする論文執筆公表 :研究の結論を、すでに得たデータや、理論的な考察に基づき論理的に立証したうえで、その過程公知化する。 ここで、リサーチクエスチョンとは、研究全体を貫く「問い」のことである。言い換えれば、「明らかにしたいこと」そのものである。 大学教養課程未満では教育課程では正則的なループ想定した課題与えられることが多い。つまり(1)-(6)までのループ何度か繰り返したあと、(7)に至る、といった極めてオーソドックス流れ想定されている。例え2007年前後出版されている文部科学省高等学校検定教科書課題研究や、学部レベル学生実験教科書には概ね(1)-(6)までのループ何度か繰り返したあと、(7)に至ると」ことを勧める記述がある。 プロ研究者レベルおいても一つ一つ行動は、概ね上の要素還元できる。しかし、プロレベルは、試行錯誤迷走する可能性の高いレベルの高いテーマを扱うことが多いことや、いくつかの仮説並行してテストできるようなスケジュールを組むこと、いくつかの目を同時並行的に行うが多いため、変則的になってくる。 また、プロ研究者レベルにおいては論文では、IMRAD型のように、あたかも「まず先に解答思いえがき、それからそれをささえる事実をさがし始めた」かのように記載するが、現実に検証よりもむしろ仮説構築労力割いている。単なる検証であれば学生テクニシャン任せている場合も多い。 研究者にとっては、仮説構築プロセスこそ重要であるが、この部分については、統一的な見解はなく、散逸的専門的(必ずしも全読者に必要とは限らない)であるため、「#現実の研究プロセスの節において後述する。

※この「PDCA」の解説は、「科学的方法」の解説の一部です。
「PDCA」を含む「科学的方法」の記事については、「科学的方法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PDCA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PDCA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PDCA」の関連用語

PDCAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PDCAのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPDCAサイクルの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPDCAサイクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの科学的方法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS