リーンスタートアップとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > リーンスタートアップの意味・解説 

リーン‐スタートアップ【lean startup】

読み方:りーんすたーとあっぷ

leanは「やせた、引き締まった」の意》新規事業立ち上げる際に最低限要求に応える製品やサービスをまず提供し顧客反応みながら順次改良を図ることを繰り返ビジネス手法


リーン・スタートアップ

「リーン・スタートアップ」(lean startup)とは、アメリカ起業家エリック・リース氏が2008年提唱した起業新規事業などの立ち上げスタートアップ)のためのマネジメント手法のことです。リーンとは日本語で「ムダがなく効率的という意味で、「かんばん方式」で知られるトヨタ生産方式を他分野応用できるよう再体系化一般化したリーン生産方式」に由来します。リーン・スタートアップは、事業家思い込み顧客にとって無価値な製品やサービス開発してしまうことに伴う、時間労力資源情熱ムダをなくすための方法論最低限コストと短いサイクル仮説の構築検証繰り返しながら、市場ユーザーニーズ探り当てていくのが特徴です。

リーンスタートアップ

【英】Lean Startup

リーンスタートアップとは、事業立ち上げに関する方法論のうち、仮説の構築製品実装、および軌道修正、という過程迅速に繰り返すことによって、無駄な無価値な要素を最小限抑えつつ素早く改良続け成功近づく、というビジネス開発手法である。

リーンスタートアップでは、まずは最低限実用に足る製品Minimum Viable Product)をできるだけ迅速に構築してユーザー提供する利用者反応検証して得られ結果をもとに当初事業アイデア改良軌道修正を図る。消費者需要をつかむために必要な最小限プロセスのみを繰り返すことで、成功つながらない非本質的な)要素に対する時間資金・あるいは情熱などの浪費を省くことが重視される

リーンスタートアップはエンジニア出身シリアルアントレプレナー、エリック・リース(Eric Ries)により2011年にはじめて提唱された。なおリーンスタートアップの「リーン」(lean)には「余分な肉がなく細い」といった意味がある

素早く製品開発し改良重ねるという過程重視する製品開発サイクルとしてはアジャイル開発手法など知られているが、アジャイル製品開発手法であり開発焦点当たる。リーンスタートアップはビジネス開発手法であり事業アイデアそのもの主な修正改良対象になる。


参照リンク
The Lean Startup
企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  OODA  PMP  PDCAサイクル  リーンスタートアップ  ロードマップ  SWOT分析  サテライトオフィス

リーンスタートアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/21 05:06 UTC 版)

リーンスタートアップ英語: Lean startup)は、起業方法論の1つ[1]


  1. ^ a b c d e f 宇賀神宰司 (2012年9月28日). “「リーンスタートアップ」─小さな失敗を重ねて育てる”. 日経BP. p. 1. 2017年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e 宇賀神宰司 (2012年9月28日). “「リーンスタートアップ」─小さな失敗を重ねて育てる”. 日経BP. p. 2. 2017年8月31日閲覧。


「リーンスタートアップ」の続きの解説一覧

「リーン スタートアップ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リーンスタートアップのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リーンスタートアップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリーンスタートアップの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリーンスタートアップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS