体系化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 体系化の意味・解説 

体系化


体系化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

体系化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/22 00:30 UTC 版)

戦いの原則」の記事における「体系化」の解説

体系的な戦いの原則論じられるうになるのは、18世紀から19世紀にかけて軍事学科学的方法導入されることが主張され、また普遍的な原理解明することに関心寄せられるようになってからであったジョミニは『戦争概論』で次の4つの原則戦いの原則として明らかにしている。 主力戦場決勝点か、または敵の後方連絡線に対して継続的に投入すること。 我の主力以って敵の個別戦力交戦するように機動すること。 戦場において我の主力決勝点か敵の緊要箇所に対して打撃すること。 主力決勝点投入されるだけでなく、交戦のために準備すること一方でこのような戦いの原則には限界あることを、クラウゼヴィッツは『戦争論』で主張している。クラウゼヴィッツとしても防御優位性攻勢重要性奇襲予備効果軍事行動において一般的に依拠するべきであるとは考えていたが、戦争における不確実性非合理性があること強調していた。

※この「体系化」の解説は、「戦いの原則」の解説の一部です。
「体系化」を含む「戦いの原則」の記事については、「戦いの原則」の概要を参照ください。


体系化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 14:59 UTC 版)

クトゥルフ神話」の記事における「体系化」の解説

クトゥルフ神話」という語は、長らくダーレス考案とされてきた。何時から使用され始めたのかは不明だが、クラーク・アシュトン・スミスダーレス宛てた1937年4月13日付けの手紙に「the Cthulhu mythology」がラヴクラフト作品全般言い換える語として現れているそのためクトゥルフ神話」は、ダーレス独自の見解加え体系化した後の呼称としてラヴクラフト作品群や、その世界観を指す「原神話」や「ラヴクラフト神話Lovecraft Mythos)」と区別する意味で「ダーレス神話Derleth Mythos)」と呼ばれることもあった。特にダーレスによって持ち込まれとされている旧神/旧支配者という善悪二元論的な対立関係否定的な立場読者は、この両者明確に区別している。だが近年ラヴクラフトダーレスの「旧神設定自作に取込んだ形跡指摘されてもいる。 この神話体系用いられ固有名称後の作家たちにも引き継がれているが、作中の扱いについては各作家自由であり一般的なシェアード・ワールド限定されない

※この「体系化」の解説は、「クトゥルフ神話」の解説の一部です。
「体系化」を含む「クトゥルフ神話」の記事については、「クトゥルフ神話」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「体系化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「体系化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

体系化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



体系化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの戦いの原則 (改訂履歴)、クトゥルフ神話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS