アラン・B・シェパードとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > アラン・B・シェパードの意味・解説 

アラン・B・シェパード

分類:宇宙飛行士


名前:アラン・B・シェパード(Alan B.Shepard)
分類:宇宙飛行士
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1923年11月18日(イースト・デリー、ニューハンプシャー州)
没年月日:1998年7月22日(モントレーカリフォルニア州)
所属宇宙機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)/アメリカ海軍(USN)
飛行実績:マーキュリー計画(フリーダム7/レッドストーン)、アポロ計画(アポロ14号/サターンV)

アラン・シェパードは、1961年5月5日、ケープ・ケネディー空軍基地からレッド・ストーン・ロケットで発射された、マーキュリー3号、「フリーダム7」で、アメリカ人としては初のロケットによる弾道宇宙飛行成功しました。地球をぐるりと回る軌道周回飛行でこそないものの、187kmという到達高度は、大気圏を超えた、まさに宇宙空間でした。彼はまた、1971年2月には、アポロ14号司令官として、月面降り立った世界で5番目の人物となりました。
シェパードは、ふるさとの町の中等学校卒業後、海軍兵学校学び太平洋での日本との戦争従軍したのち、戦後テスト・パイロットとなりました。さまざまな実験機試験飛行をおこなったのち、大西洋艦隊本部づきの士官経てNASAマーキュリー有人宇宙飛行計画メンバーに選ばれました。
1998年7月22日カリフォルニア州モントレー亡くなりました。74歳でした。

1.同じロケット衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
タイタンIIIC(1965年6月1982年3月)。3段式。全重量610t、推力1080t(固体ロケット596t×2、1段239t、2段46t、3段7.2t)。全長34.75m(1段22.28m、2段7.90m、3段4.57m)、本体直径3.05m。
マーキュリー3号単独飛行アポロ14号シェパードとともに月面着陸したのは、エドガー・ミッチェル少佐(着陸船パイロット)、司令船・機械船のパイロットは、スチュワート・A・ローザ少佐でした。

2.宇宙どのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
1961年5月5日ガガーリンによる人類初の地球周回宇宙飛行ショックを受けたアメリカにとって、マーキュリー3号は、名誉挽回最初チャンスとなりました。ただし、地球軌道周回飛行は、翌年7月ジョン・グレン中佐が乗ったマーキュリー6号(フレンドシップ7)まで待たなければなりませんでした
アポロ14号着陸船アンタレスは、失敗に終わったアポロ13号探険するはずだった、赤道近くのフラウマロ平原着陸月面物資採集しました。この飛行また、シェパードによって、世界初め月面ゴルフショットおこなわれたことで知られています。
1961年5月5日アラン・シェパードの乗ったマーキュリーカプセル・フリーダム7は地球帰還大西洋上に着水した。

フリーダム7を吊り上げているところ
フリーダム7吊り上げているところ

3.どれくらい時間宇宙飛んでいるの?
マーキュリ3号は15分、アポロ14号での月面滞在時間は9時間23分に達しました。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラン・B・シェパード」の関連用語

アラン・B・シェパードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラン・B・シェパードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency

©2021 Weblio RSS