レッドストーンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > レッドストーンの意味・解説 

レッドストーン

分類:ロケット


名称:レッドストーン
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関会社:アメリカ陸軍弾道ミサイル局(ABMA)
運用機関会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ場所: ケープカナベラル空軍基地
運用開始年: 1960年
運用終了年: 1961年

レッドストーンは、第二次大戦後アメリカにわたったウェルナー・フォン・ブラウン博士ドイツ人ロケット技術者が中心になって、アラバマ州ハンツビル陸軍弾道ミサイル局(ABMA)で開発したロケットです。陸軍の中射程弾道ミサイルとして1950年開発始まり1958年実用化しました。レッドストーンは宇宙開発にも利用され、上に固体ロケット追加した4段式のジュピターCとしてアメリカ初の人工衛星エクスプローラー1を打ち上げたほか、本来の1段式の形でマーキュリー有人宇宙機打ち上げにも使われました。

1.どんな形をし、どんな性能持っているの?
液体推進剤の1段式ロケットで、胴体円筒形先端円錐形にとがり、後部には4尾翼が付いています。全長は25.3m(マーキュリー宇宙機共)、直径1.78mで、離床重量は29.9tになります。1基だけのロケット・エンジンは、エチルアルコール(25%を混合)と液体酸素推進剤として、35.4tの推力発生させます

2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
マーキュリー・カプセルの打ち上げでは、エンジン150秒間燃焼し、宇宙機を約2.3km/sまで加速します。レッドストーン・ロケットから切り離されたマーキュリー宇宙機は、弾道を描きながら高度186kmまで上昇して降下大気圏再突入して発射台から486km離れ大西洋上に着水します。

3.どんなものを打ち上げたの?
マーキュリー有人無人試験機とチンパンジーを乗せた試験機を打ち上げた後、1961年5月5日にはアラン・B・シェパード宇宙飛行士の乗った"フリーダム7"(MR-3)カプセルを高度186kmまで打ち上げるのに成功しました。同年7月21日には、V・Iグリソム宇宙飛行士の乗った"リバティー・ベル7"(MR-4)を同じように弾道飛行させました。

4.どのくらい成功しているの?
1960年11月のマーキュリー・カプセルの最初無人打ち上げでは、離床直後エンジン停止しましたが、その再打ち上げを含めた3回の無人打ち上げと、2回の有人打ち上げは、いずれも成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ジュピターC(ジュノーI)があります


レッドストーン

名前 Redstone

レッドストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/19 13:02 UTC 版)

レッドストーンRED STONE




「レッドストーン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レッドストーン」の関連用語

レッドストーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レッドストーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレッドストーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS