口説きとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 口説 > 口説きの意味・解説 

くどき [3] 【口説き】

口説くこと。また、その言葉。 「熱心な-に折れる」
日本音楽曲節の称。
平曲で、叙述的部分に用いる素声しらごえ)に近い、単純な節回し
謡曲で、拍子に乗せない語りの部分悲嘆述懐などに用いる。
浄瑠璃で、観客聞かせ所として、怨言懺悔恋慕哀愁懐旧など、自己の心の中に思うことをしめやかにうたう節回し
口説唄」「口説節」の略。
口説模様」の略。

口説き

読み方:くどき

カ行五段活用動詞口説く」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

口説き(くどき)

小歌小唄)と並ぶ、盆踊り歌の代表的ジャンル
原型はすでに中世の「平曲」にあるとされ、近世謡曲浄瑠璃大きく発展し、盆踊りにも取り入れられた。

盆踊りでは、音頭取りが短い節にのせて、7・5ないし7・7の単純な形式繰り返して、長い物語歌っていく。踊り子文句合間に簡単な囃子詞返すことが多い。えんえんと歌いつづけることができるため、夜を徹して踊る盆踊りの際に重宝した。

歌詞内容いわゆる長編叙事詩で、「鈴木主水口説き」「那須与一口説き」などが全国的ポピュラー。その物語多くは、江戸時代流行芸能である浄瑠璃から移植されたものである

口説きは、小唄より遅れて江戸時代に入ってから発達したもの考えられる。特に江戸後期江州音頭登場とともに登場した「口説き祭文」が有名で、現在の河内音頭源流となった。
地域的分布西日本中心とし、郡上踊りなど中部地方あたりでも見られる栃木県八木節東京佃島盆踊りなども口説き形式であるが、源流関西由来のものと考えられる


口説き

作者佐藤二郎

収載図書東京スラム
出版社近代文芸社
刊行年月1996.1


クドキ

(口説き から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 06:50 UTC 版)

クドキ(くどき)は、浄瑠璃歌舞伎のクライマックスで俳優と浄瑠璃とで演じる個所。「口説き」ともいう。元来は平曲謡曲あるいは説経節で登場人物の悲しみを歌う演出であったものが、近世以降各種の口承文芸の演出も加わり多様化した。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 以上に対し、「ツメ」は拷問など緊迫した場面での語りであったと考えられる。

出典



「クドキ」の続きの解説一覧



口説きと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「口説き」の関連用語

口説きのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



口説きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2019 bonodori.net
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクドキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS