あしらうとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 高松方言 > あしらうの意味・解説 

あしら・う あしらふ [3] 【遇う】

( 動五[四] )
〔「あへしらふ」の転〕
応対する。相手をする。 「難しい客も上手に-・う」
相手を見下したような気持ち接する。いいかげんに扱う。 「鼻で-・う」 「冷たく-・う」
(「配う」と書く。主となるものを引き立てるように)添える。 「根元小菊を-・う」
あしらいをする。
[可能] あしらえる
慣用鼻で- ・ 鼻先で-

あしらう

方言意味
あしらう 養生・ご静養・ご大切・お大事。もてなすことの「遇(あし)らう」が語源考える。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あしらう」の関連用語

あしらうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あしらうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
高松市歴史資料館高松市歴史資料館
Copyright(C) 2019 高松市歴史資料館 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS