動乱とは?

どう‐らん【動乱】

世の中動揺し、乱れること。また、その乱れ暴動などのさわぎ。「動乱が起こる」


動乱

原題:
製作国:日本
製作年:1980
配給:東映
スタッフ
監督:森谷司郎 モリタニシロウ
脚本:山田信夫 ヤマダノブオ
企画:池田静雄 イケダシズオ

坂上順 サカガミスナオ

岡田裕介 オカダユウスケ
撮影:仲沢半次郎 ナカザワハンジロウ
音楽:多賀英典 タガヒデノリ
美術:中村修一郎 ナカムラシュウイチロウ
編集:戸田健夫 トダタケオ
録音:広上益弘 
スチール:遠藤努 エンドウツトム
助監督:澤井信一郎 サワイシンイチロウ
照明:川崎保之丞 カワサキヤスノジョウ
キャスト(役名
高倉健 タカクラケン (宮城啓介)
吉永小百合 ヨシナガサユリ (溝口薫)
米倉斉加年 ヨネクラマサカネ (島憲兵曹長
田村高廣 タムラタカヒロ (神崎中佐
志村喬 シムラタカシ (宮城広介)
永島敏行 ナガシマトシユキ (溝口英雄
久米明 クメアキラ (溝口錦造)
にしきのあきら  (野上光晴)
桜田淳子 サクラダジュンコ (高見葉子
新田昌玄 ニッタショウゲン (安井大尉
吉村佳紘  (地唄舞
中田博久 ナカタヒロヒサ (本間大尉
柏木隆太  (三浦大尉
辻萬長 ツジカズナガ (伊沢大尉
和田周 ワダシュウ (白鳥大尉
神有介  (立原中尉
滝川潤 タキガワジュン (岩崎中尉
岡幸次郎 オカコウジロウ (片山中尉
森田秀  (山崎中尉
石原昭宏  (瀬戸中尉
斉藤真 サイトウマコト (熊谷中尉
森祐介 モリユウスケ (石川中尉
佐藤慶 サトウケイ (広津美次中将
天津敏 アマツビン (水沼太郎少将
金田龍之介 カネダリュウノスケ (三田村政大将)
小堀阿吉雄 コボリアキオ (鹿島義一大将
戸浦六宏 トウラロクヒロ (安部憲兵隊長)
森下哲夫 モリシタテツオ (牧野憲兵上等兵
小林稔侍 コバヤシネンジ (原田軍曹
田中邦衛 タナカクニエ (小松少尉
小池朝雄 コイケアサオ (三角連隊長
橋本成治  (伊東二等兵
青木卓 アオキ (折口二等兵
福田勝洋 フクダカツヒロ (福田少尉
安達義也 アダチヨシヤ (安達中尉
大蔵晶 オオクラアキラ (初年兵1)
町田政則 マチダマサノリ (初年兵2)
赤石富和  (初年兵3)
織田あきら オダアキラ (永井上等兵
近藤宏 コンドウヒロシ (柴田大佐
岸田森 キシダシン (小林少佐
左とん平 ヒダリトンペイ (朴烈全)
遠藤征慈 エンドウセイジ (島田少尉
団巌 ダンイワオ (将校A)
宮崎靖男 ミヤザキヤスオ (将校B)
佐野美智子 サノミチコ (坂本和子
三重街恒二 ミエマチコウジ (配下
阿藤海 アトウカイ (古年兵A)
清水照夫 シミズテルオ (古年兵B)
高月忠 タカツキチュウ (古年兵C)
沢田浩二 サワダコウジ (古年兵D)
青木茂 アオキシゲル (古年兵E)
山田茂 ヤマダシゲル (古年兵F)
村添豊徳  (古年兵G)
大島博樹  (古年兵H)
名和宏 ナワヒロシ (少佐A)
日色ともゑ ヒイロトモエ (神崎昌子)
稲葉裕之 イナバヒロユキ (通信兵)
亀山達也 カメヤマタツヤ (伍長
中屋敷鉄也  (海軍中尉
庄司喬  (海軍少尉
黒部進 クロベススム (海軍中尉
安永憲司 ヤスナガケンジ (海軍中尉
宮地謙吾 ミヤジ (士官候補生A)
高野晃大 タカノアキヒロ (士官候補生B)
瀬良明 セラアキラ (犬養首相
木村修 キムラオサム (背広服の男)
野口元夫  (蔵相
山本武 ヤマモトタケシ (内大臣
稲川善一 イナガワ (侍従長
金子正治 カネコマサハル (教育総監
田中浩 タナカヒロシ (立石少佐
浜田晃 ハマダアキラ (小森少尉
川津祐介 カワヅユウスケ (看守
相馬剛三 ソウマゴウゾウ (裁判長
佐川二郎 サガワジロウ (女衒
高野高志  (医者
佐藤慶 サトウケイ (ナレーター
解説
昭和史の起点となった五・一五事件から二・二六事件までの風雲急を告げる時を背景に、寡黙青年将校とその妻の愛を描いたもの第一部海峡を渡る愛」、第二部「雪降り止まず」の二部構成になっている脚本は「英霊たちの応援歌 最後の早慶戦」の山田信夫監督は「聖職の碑」の森谷司郎撮影は「天使の欲望」の仲沢半次郎それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
第一部海峡を渡る愛」昭和七年四月仙台連隊宮城啓介大尉隊長をつとめる中隊初年兵溝口脱走した。姉の薫が貧しさから千円芸者に売られようとしていたからだ。溝口捜索隊の上司を殺してしまい、宮城弁護申し出る聞き入れられず、溝口銃殺刑に処せられた。宮城は父に用立ててもらった千円香典として渡す。当時日本厳し経済恐慌に包まれ、これを改革すべく、一部海軍将校陸軍士官候補生らが決起した。五・一五事件である。クーデター失敗終り陸軍内部皇道派統制派対立激化させた。この影響仙台にいる宮城にまで及び、部下から脱走兵出し責任朝鮮国境守備隊転任命じられる。そこは、朝鮮ゲリラ軍需物資横流し平然行なわれる腐敗したところだ。官城は将校ねぎらう宴に招待され、そこで芸者になった薫と再会する。薫を責め宮城数日後、薫が自殺を図った。宮城は軍の不正を不問にすることで、入手し薫の命を救う。その頃国内では統制派によって戦争準備押し進められていた。第二部「雪降り止まず」昭和十年十月東京宮城第一連隊配属になり、薫と共に居をかまえた。しかし、二人の間にはまだ男と女の関係はなかった。官城の家には多く青年将校訪れ、“建設破壊か”と熱っぽく語り合っていく。憲兵隊の島謙太郎はそんな宮城家の向いに往みこんで四六時中見張り続けていた。ある日宮城恩師であり皇道派長老格でもある神崎中佐を薫と伴に訪れた。神崎家庭幸せ見て、薫は「私の体は汚れているから抱けないんですか」と宮城につめよる。数日後宮城決行決意していた軍務局長暗殺神崎単身陸軍省おもむき果してしまった。この事件青年将校たちに“時、来る”の感を持たせ昭和維新への機運いっきに高まった。官城たちの行動に、心情的には同調しながらも、憲兵という職務から事を事前にふせごうと島は苦悩する。決行の日が決まり宮城実家帰り父に薫のことを頼むと、はじめて彼女を抱くのだった決行の日が来た。時に昭和十一二月二十五日夜半から降りはじめたは、男たちの熱い思いと、女たち哀しい宿命をつつみこんで、止むことなく降り続いていた。

動乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/28 16:11 UTC 版)

動乱(どうらん)は、社会情勢が動揺し混乱する事態を指す。




「動乱」の続きの解説一覧

動乱

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:19 UTC 版)

名詞

どうらん

  1. 世の中秩序乱れ暴動戦争が起こること。

発音

ど↗ーらん



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動乱」の関連用語

動乱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS