果樹栽培とは? わかりやすく解説

果樹栽培

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 14:08 UTC 版)

鹿角市」の記事における「果樹栽培」の解説

鹿角市は、秋田県内において比較的、果物栽培盛んな地域であり、2013年時点でリンゴセイヨウナシサクランボモモブルーベリーマルメロプルーン秋田県内における主産地挙げられた。 なお、秋田県日本におけるモモ主産地というわけではないものの、鹿角市モモ農家日本の他の産地よりも出荷時期遅くして値崩れ防いでいる。具体的には、日本におけるモモ出荷時期は、概ね7月下旬から9月下旬で、東日本モモ主産地である山梨県長野県などですら、遅くとも例年10月上旬まででモモ出荷終えるのに対して鹿角市モモ農家は、10月中は出荷続ける。これをJAかづのは「かづの北限」として売り出しているものの、ここで言う北限とは地理的な意味での北限ではなく日本で最も出荷時期が遅い」という意味である。 日本におけるリンゴ主産地と言えば青森県だが、鹿角市付近リンゴ農家は「鹿角リンゴ」として出荷行ってきた。

※この「果樹栽培」の解説は、「鹿角市」の解説の一部です。
「果樹栽培」を含む「鹿角市」の記事については、「鹿角市」の概要を参照ください。


果樹栽培

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 01:02 UTC 版)

クローンベルク・イム・タウヌス」の記事における「果樹栽培」の解説

クローンベルクには農業盛んな時代があった。この地域では大変多くの果樹栽培されており、特に1786年から1813年までクローンベルク活動した牧師で果樹栽培研究者ヨハン・ルートヴィヒ・クリスト働き顕著であった。組合方式果樹管理会社やシャンツェンフェルトのマーケットホール現存しない)が設立された。地域全体でたとえばイチゴ1950年代まで「クローンベルガー・エルトベーレン」(クローンベルクイチゴ)という商標流通していた。果樹園でのリンゴ栽培重要でアップルワイン作られている。「ケステ」とも呼ばれるクローンベルク忘れてはならないゲーテはここのヴァイマルまで送らせていた。

※この「果樹栽培」の解説は、「クローンベルク・イム・タウヌス」の解説の一部です。
「果樹栽培」を含む「クローンベルク・イム・タウヌス」の記事については、「クローンベルク・イム・タウヌス」の概要を参照ください。


果樹栽培

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/08 03:05 UTC 版)

ハーゲン・アム・トイトブルガー・ヴァルト」の記事における「果樹栽培」の解説

16世紀にはすでにハーゲンセイヨウミザクラ大規模な栽培が行われていた。1900年頃にはドイツ最も重要なサクランボ産地1つとなっていた。しかし集約的なプランテーション果樹栽培が増加するにつれ、この地方のセイヨウミザクラ栽培経済的重要性低下していった。 しかし、ハーゲン町は遺された、一部大変に古い樹木管理尽力し、幹の高いセイヨウミザクラ木の新たな栽培奨励している。現在ハーゲン町の町域内には約 2,000本のセイヨウミザクラの木が生育している。 ハーゲンは、セイヨウミザクラ多様性テーマとした連邦農業食糧庁モデル企画参加した。この企画2010年完了した。このプロジェクトによって、古くからの木で 41種のセイヨウミザクラ果樹園芸学的に同定された。これ以前に 7種が失われていた。ハーゲンはドイチェ・ジーンバンク・オプストのコレクションパートナーである。

※この「果樹栽培」の解説は、「ハーゲン・アム・トイトブルガー・ヴァルト」の解説の一部です。
「果樹栽培」を含む「ハーゲン・アム・トイトブルガー・ヴァルト」の記事については、「ハーゲン・アム・トイトブルガー・ヴァルト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「果樹栽培」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「果樹栽培」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

果樹栽培のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



果樹栽培のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鹿角市 (改訂履歴)、クローンベルク・イム・タウヌス (改訂履歴)、ハーゲン・アム・トイトブルガー・ヴァルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS