為しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 為しの意味・解説 

なし【成し/為し】

動詞「な(成)す」の連用形から》そのようにすること。しむけること。しわざ。

「心の—にやあらむ」〈源・宿木


なし【成・為・生】

〔名〕 (動詞「なす(成)」の連用形名詞化

① (生) 生むこと。

万葉(8C後)九・一八〇四「父母が 成(なし)のまにまに 箸向ふ 弟の命は」

② (成・為) そのようにさせること。しむけること。

源氏100114頃)紅梅「猶たぐひあらじと思ひ聞え心のなしにやありけん」


為し

読み方:なし

サ行五段活用動詞為す」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


為し

読み方:すし

サ行変格活用動詞為る」の連用形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「為し」の関連用語

為しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



為しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS