魁傑とは?

魁傑將晃

(魁傑 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 14:01 UTC 版)

魁傑 將晃(かいけつ まさてる、1948年2月16日 - 2014年5月18日)は、花籠部屋所属の元大相撲力士。最高位は東大関。本名は西森輝門(にしもり てるゆき)。得意手は突っ張り、左四つ、寄り。身長188cm、体重130kg。黒いダイヤ怪傑黒頭巾クリーン大関[2]の異名がある。血液型はAB型。引退後は年寄・放駒として放駒部屋の師匠となり、日本相撲協会第11代理事長(在任期間:2010年8月-2012年1月)を務めた[1]




注釈

  1. ^ 因みに部屋は当時の日大柔道部の練習場の隣にあったという。
  2. ^ 媒酌人は衆議院議員の安倍晋太郎安倍晋三の父)夫妻。
  3. ^ 小結の優勝は、1957年夏場所の安念山以来、17年ぶりの事であった。
  4. ^ 長谷川と優勝決定戦
  5. ^ 北の湖と優勝決定戦
  6. ^ a b 角番(全2回)
  7. ^ 関脇陥落
  8. ^ 元大関で初(現在唯一)の平幕優勝
  9. ^ 大関特例復帰制度にあずからずに大関再昇進
  10. ^ 関脇再陥落

出典

  1. ^ a b c d e f g h i ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p23
  2. ^ 角界「異名」列伝 ウルフの時代 時事ドットコム
  3. ^ 中央公論1979年3月号p346~351「九百三十七日間の土俵人生 惜しまれつつ引退したマジメ大関の感懐」魁傑將晃
  4. ^ 中央公論1979年3月号p346~351「九百三十七日間の土俵人生 惜しまれつつ引退したマジメ大関の感懐」魁傑將晃
  5. ^ 魁傑死去 きまじめ一貫 八百長撲滅執念 nikkansports.com 2014年5月19日9時49分 紙面から
  6. ^ 雑誌「大相撲」 2001年5月号P.101
  7. ^ 石井代蔵『大関にかなう』(文春文庫、1988年)
  8. ^ 佐竹義惇「戦後新入幕力士物語」(ベースボール・マガジン社)
  9. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p44
  10. ^ 石井代蔵『大関にかなう』(文春文庫、1988年)
  11. ^ ベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』18ページ
  12. ^ 中日新聞社『土俵一途に 心に残る名力士たち』心に残る大関列伝・魁傑)
  13. ^ a b (追想録)西森輝門さん(前日本相撲協会理事長・放駒親方) 八百長問題で苦衷の決断 日本経済新聞 2014/7/4付
  14. ^ 取り組み日数(現・15日)の3分の2以上の勝ち星(=10勝以上)を上げる事。
  15. ^ 中日新聞社『土俵一途に 心に残る名力士たち』心に残る大関列伝・魁傑)
  16. ^ 「負けるも勝ち」P224
  17. ^ 中央公論1979年3月号p346~351「九百三十七日間の土俵人生 惜しまれつつ引退したマジメ大関の感懐」魁傑將晃
  18. ^ a b 週刊ポスト2014年6月6日号141-143頁
  19. ^ a b 向坂松彦監修『新・相撲のススメ』雄鶏社、1992年、P182「ヨネスケの知ってて欲しい名力士15人」での魁傑の項より。
  20. ^ 石井代蔵『大関にかなう』(文春文庫、1988年)
  21. ^ 杉並区立郷土博物館編「大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史」1991.11
  22. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p76
  23. ^ 『大相撲中継』2017年9月16日号 p60-61
    駒響は相撲が嫌いであったが、中学1年の正月に放駒に東京見学へ連れて行ってもらい「相撲で成功したら贅沢できるんだ」と思って柔道部に入り角界入りに備えた。1994年3月場所で中学卒業と同時に初土俵。1998年9月頃。2年先輩の駿傑とトレーニングに通い始めたのがきっかけで左前褌を取って右四つ寄り、上手投げの相撲も身についてきた。ところが2001年11月場所後、夜遊びで増えた借金を返済するために相撲を引退。道路舗装工事の会社に勤めて借金を返済し、その後運送会社に勤務。2012年頃から兵庫県相撲連盟に所属し、2016年は国体にも出場した。
  24. ^ 日本経済新聞2014年5月19日「評伝 誠実・不屈貫いた苦労人」
  25. ^ 神戸新聞2014年5月20日1面正平調
  26. ^ 「相撲」1992年4月号P127
  27. ^ a b 相撲春秋 拝啓 放駒元理事長 大相撲復活の礎はあなたが作った  NumberWeb2015年10月20日
  28. ^ a b 相撲春秋 拝啓 放駒元理事長 この相撲ブームを見たらきっと NumberWeb2015年10月21日
  29. ^ 但し2014年5月場所に昇進した第71代横綱・鶴竜の直前2場所は14勝(優勝同点)+14勝(優勝)と、弟子の大乃国以来27年ぶりに大関で2場所連続優勝を果たせずに横綱昇進となっている。
  30. ^ 但し2012年5月場所の番付では、琴欧洲日馬富士把瑠都琴奨菊稀勢の里・鶴竜と、大相撲史上初めての「6大関」となっている。
  31. ^ 武蔵川理事長辞任、後任に放駒理事…相撲協会 読売新聞 2010年8月12日閲覧
  32. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年4月号20頁
  33. ^ 2012年5月29日付の朝日新聞には元三役の親方(匿名)が「公益法人制度改革対策委員会示された特別功労金は1名跡3000万円。この額では自殺者が出る」という内容の発言を行った様子が掲載されており、「1名跡2000万円」という放駒案と比較する1つの資料と言える。
  34. ^ 日本経済新聞2014年5月19日「評伝 誠実・不屈貫いた苦労人」
  35. ^ 「[追悼]放駒親方 八百長を憎んだ男の「角界への遺言」 角界が存続できているのは故放駒親方のおかげ」と相撲記者 2014年6月6日号週刊ポスト
  36. ^ 日本経済新聞2014年5月19日「評伝 誠実・不屈貫いた苦労人」
  37. ^ 2014年5月19日読売新聞「評伝 不屈の精神大関復帰 改革バランス感覚発揮」
  38. ^ 放駒親方 辞めさせた力士に申し訳ないと天下りや解説職固辞 2014年6月6日号週刊ポスト
  39. ^ 日本経済新聞2014年5月19日「評伝 誠実・不屈貫いた苦労人」
  40. ^ 朝日新聞2014年5月19日「評伝 大相撲救った孤高の人」
  41. ^ 間垣部屋閉鎖、放駒部屋力士は芝田山部屋へ SANSPO.COM 2013年2月7日閲覧
  42. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p40
  43. ^ 魁傑死去 きまじめ一貫 八百長撲滅執念 日刊スポーツ 2014年5月19日
  44. ^ 大相撲:放駒前理事長死去66歳 八百長問題に対処 毎日新聞 2014年5月18日
  45. ^ 西森さん、死因は虚血性心疾患=大相撲 時事ドットコム 2014年5月19日
  46. ^ “不屈の大関・魁傑”放駒前理事長、急死 唯一の平幕落ちから大関復帰、八百長問題解決に奔走 2014年5月19日6時0分 スポーツ報知
  47. ^ 惜しむ声あふれる…松ケ根親方「おかげで協会立ち直った」 Sponichi Annex 2014年5月19日 05:30
  48. ^ 日馬ら600人参列、戒名に「魁傑」入る…先代放駒親方・西森氏の通夜 スポーツ報知 2014年5月23日閲覧
  49. ^ 300人が放駒親方しのぶ 元大関魁傑、都内で告別式 産経新聞 2014年5月24日閲覧
  50. ^ 花籠昶光『横綱づくりの秘伝 : 私の相撲自伝』 ベースボール・マガジン社 P138
  51. ^ 2014年5月19日読売新聞「評伝 不屈の精神大関復帰 改革バランス感覚発揮」
  52. ^ 2014年5月19日読売新聞社会面「角界正常化へ導く」
  53. ^ 中央公論1979年3月号p346~351「九百三十七日間の土俵人生 惜しまれつつ引退したマジメ大関の感懐」魁傑將晃
  54. ^ 2014年5月20日朝日新聞「天声人語」
  55. ^ 魁傑と輪島が一緒にちゃんこを食べていた頃 クオリティ埼玉2014年6月3日
  56. ^ 相撲春秋 拝啓 放駒元理事長 この相撲ブームを見たらきっと NumberWeb2015年10月21日
  57. ^ a b c d e f g くろだたけし (1982年10月20日). “名選手ものがたり35 日大西森(魁傑)の抜群3段 -41年講道館春季紅白試合-”. 近代柔道(1982年10月号)、67頁 (ベースボール・マガジン社) 
  58. ^ 元大関魁傑急死…北の湖理事長悼む DAILY SPORTS ONLINE 2014年5月18日
  59. ^ 大相撲救った孤高の人 元放駒親方死去 朝日新聞 2014年5月19日
  60. ^ 朝日新聞2014年5月19日 13面「評伝 大相撲救った孤高の人」
  61. ^ 「負けるも勝ち」P68~69
  62. ^ 「大関にかなう」P198~199
  63. ^ スポーツ報知2017/9/6「芝田山親方、トークショーで熱弁 千代の富士戦の秘話明かす」
  64. ^ 相撲春秋 拝啓 放駒元理事長 この相撲ブームを見たらきっと NumberWeb2015年10月21日
  65. ^ 相撲春秋 拝啓 放駒元理事長 この相撲ブームを見たらきっと NumberWeb2015年10月21日
  66. ^ 誠実・不屈貫いた苦労人 元大関魁傑が死去 日本経済新聞 2014/5/18 23:43 
  67. ^ 国技館に前理事長しのぶ声広がる 「あと10年は生きてほしかった」 MSN産経ニュース 2014.5.19 19:44
  68. ^ 週刊現代1977年2月p26~29「独占対談 若三杉と魁傑!「どっちが女にモテルかも勝負だ」
  69. ^ 石井代蔵『大関にかなう』(文春文庫、1988年)
  70. ^ 中央公論1979年3月号p346~351「九百三十七日間の土俵人生 惜しまれつつ引退したマジメ大関の感懐」魁傑將晃
  71. ^ 2014年5月20日 日刊スポーツ 記者席から デレデレじいちゃんに変貌した矢先
  72. ^ 『ACC CM年鑑'79』(全日本CM協議会編集、誠文堂新光社、1979年 53頁)


「魁傑將晃」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魁傑」の関連用語

魁傑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



魁傑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魁傑將晃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS