ラッセルのパラドックスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > パラドックス > ラッセルのパラドックスの意味・解説 

ラッセルの パラドックス 【ラッセルのパラドックス】 〔Russell's paradox〕

〘論〙 1902年ラッセルによって発見された集合論基礎にかかわるパラドックス。「自分自身を含む集合」を考えると矛盾突き当たることが示される。この矛盾数学危機として受けとめられ、その克服目指し数学基礎論分野成立した。

ラッセルのパラドックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 14:49 UTC 版)

ラッセルのパラドックス: Russell's paradox)とは、素朴集合論において矛盾を導くパラドックスである。バートランド・ラッセルからゴットロープ・フレーゲへの1902年6月16日付けの書簡における、フレーゲの『算術の基本法則』における矛盾を指摘する記述に表れる[1]。これは1903年に出版されたフレーゲの『算術の基本法則』第II巻(: Grundgesetze der Arithmetik II)の後書きに収録されている[2]。同じパラドックスはツェルメロが1年先に発見していたが、彼はその発見を公開せず、ヒルベルトフッサールなどのゲッティンゲン大学の同僚たちだけに知られているだけだった[3][4]




  1. ^ a b (フレーゲ 2002, pp. 118f)
  2. ^ a b (フレーゲ 2000, pp. 403f)
  3. ^ a b c (フレーゲ 2002, pp. 90f)
  4. ^ a b (Rang & Thomas 1981)
  5. ^ (Russell 1903, Appendix B: The Doctrine of Types)
  6. ^ (デデキント 2013, p. 46)}
  7. ^ (デデキント 2013)}
  8. ^ (Zermelo 1908)
  9. ^ (ツェルメロ 2013)


「ラッセルのパラドックス」の続きの解説一覧



ラッセルのパラドックスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラッセルのパラドックス」の関連用語

ラッセルのパラドックスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラッセルのパラドックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラッセルのパラドックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS