顔役とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 顔役の意味・解説 

かお‐やく〔かほ‐〕【顔役】

その土地、または仲間うちで、顔を知られていて勢力のある人。ボス。「町の顔役」


顔役

原題:Gangsters '70
製作国:イタリア
製作年:1969
配給:NCC
スタッフ
監督:Mino Guerrini ミーノ・ゲリーニ
製作:Benito Bertaccini ベニト・ベルタチーニ
脚本:Adriano Baracco アドリアーノ・バラッコ

Fernando Di Leo フェルナンド・ディ・レオ

Mino Guerrini ミーノ・ゲリーニ
撮影:Franco Delli Colli フランコ・デリ・コリ
音楽:Egisto Macchi エジスト・マッキ
キャスト(役名
Joseph Cotten ジョゼフ・コットン (Destil)
Franca Polesello フランカ・ポールセロー (Catarina
Cesare Miceli Picardi チェザーレ・ミチエリ・ピカルディ (Rudi
解説
十億リラダイヤ原石掠奪を描いた犯罪映画。製作はベニト・ベルタチーニ監督新鋭ミーノ・ゲリーニ脚本アドリアーノ・バラッコフェルナンド・ディ・レオミーノ・ゲリーニ共作撮影フランコ・デリ・コリ音楽エジスト・マッキ担当出演ジョゼフ・コットンフランカ・ポールセロー、ミリー・ビターレ、チェザーレ・ミチエリ・ピカルディなど。イーストマンカラー、テクニスコープ。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
暗黒街の帝王だったディステル(J・コットン)も、十年刑期を終えて出獄して来た時には、昔の部下セムプレシしか迎えに出てこなかった。現在暗黒街牛耳っているのはアファタトだと聞いたディステルは、さっそく彼を訪ね、大仕事資金求めるが、拒絶されてしまう。しかし、アファタトは一度拒絶したものの、賭博で作ったセプブレシの借金利用し、彼に逆に金を与えディステル動静をさぐらせようと企むそうとは知らず、金の入ったディステルは、大仕事準備始め射撃の名人ルディC・Mピカルディ)、女優の卵のカタリナ(F・ポレセロ)、それに昔の仲間の「旅人」を仲間に引き込んだ。大仕事というのは、南アフリカから運ばれる十億リラダイヤ原石を、途中で飛行機から奪うということだった。計画一分狂いもなく進みダイヤ彼等の手中におさめられた。しかし、彼等ダイヤ分配しようとした時、アファタトの一味襲撃して来た。激しい射ち合いのなかで、ディステルなど、ほとんどすべてが死んでしまった。生き残っていたのはルディカタリナだけであった。二人はすぐにダイヤをもって逃亡をはかったが、ルディ途中カタリナおきざりにして、一人ユーゴ国境へ向った。だが、麻薬で体の弱っていた彼は、国境付近の山を登る途中倒れてしまった。そうして、ダイヤは再び、自然の中に帰って行った。

顔役

読み方:かおやく

  1. 顔の売れた者が担当する役の意、町内などの頭だつた者をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

顔役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/25 03:32 UTC 版)

顔役(かおやく) - ある土地や仲間の間で顔を知られ、勢力のある人物。博徒の親分や幹部などのまとめ役を指す場合もある。




「顔役」の続きの解説一覧



顔役と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「顔役」の関連用語

顔役のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



顔役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顔役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS