セカンドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > セカンド > セカンドの意味・解説 

2nd

読み方:セカンド

第2の、2番目の、などの意味表現。英語で序数詞の「second」を略記した表現単なる数詞の「2」と区別するための表記。第1は「1st」、第3は「3rd」。

セカンド【second】

読み方:せかんど

第2のもの2番目。「―クラス」「―カー

野球で、二塁。または、二塁手。「―ベース

自動車で、前進第二段ギア

セコンド

[補説] 1は、「2nd」と書くこともある。


セカンド

行政入力情報

団体名 セカンド
所轄 岡山市
主たる事務所所在地 岡山市北区神田町一丁目5番20号
従たる事務所所在地  
代表者氏名 平岡 直行
法人設立認証年月日 2010/10/12 
定款記載され目的
この法人は、青少年に対してスポーツを通じて非行防止環境作りを行うとともに放課後支援クリーン活動行い青少年の健全育成寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/03 08:30 UTC 版)

セカンドセコンド(second) カタカナ転写として、セカンドとセコンドが用いられるが、分野や習慣、組織によってバラツキがある。




「セカンド」の続きの解説一覧

セカンド (2nd 507XX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 15:58 UTC 版)

ジージャン」の記事における「セカンド (2nd 507XX)」の解説

1952年発売基本的なディテールファースト相似しているが、戦後登場したセカンドはファーストに比べファッション性高まった主な違いシンチバック廃止前身頃ポケット増加である。 ポケット左右両方装備された。 シンチバック廃止後、代替としてボタンアジャスターが装備される。 このボタンアジャスターは後のモデルまで引き継がれる事となる途中1955年より、パッチ革製からオイル紙製変更された。

※この「セカンド (2nd 507XX)」の解説は、「ジージャン」の解説の一部です。
「セカンド (2nd 507XX)」を含む「ジージャン」の記事については、「ジージャン」の概要を参照ください。


セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:15 UTC 版)

リヴァイアサンのセカイ」の記事における「セカンド」の解説

ロードによって吸血鬼になった人間

※この「セカンド」の解説は、「リヴァイアサンのセカイ」の解説の一部です。
「セカンド」を含む「リヴァイアサンのセカイ」の記事については、「リヴァイアサンのセカイ」の概要を参照ください。


セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:23 UTC 版)

アミテージ・ザ・サード」の記事における「セカンド」の解説

この作品世界一般的なアンドロイドガイノイド)、頭部機能停止させるスイッチを持つ。また、スイッチ存在人間容易に判別が可能。

※この「セカンド」の解説は、「アミテージ・ザ・サード」の解説の一部です。
「セカンド」を含む「アミテージ・ザ・サード」の記事については、「アミテージ・ザ・サード」の概要を参照ください。


セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 10:07 UTC 版)

星界の紋章 (ゲーム)」の記事における「セカンド」の解説

第2世代レプリカントローティーン少年の姿をしている。人類統合体軍服着用ファーストの6か月後に生産され改良型

※この「セカンド」の解説は、「星界の紋章 (ゲーム)」の解説の一部です。
「セカンド」を含む「星界の紋章 (ゲーム)」の記事については、「星界の紋章 (ゲーム)」の概要を参照ください。


セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 16:39 UTC 版)

装甲巨神Zナイト」の記事における「セカンド」の解説

グローバリーIIIとともにやってきた地球人ゾイド人との混血装甲巨神性能最大限引き出せるのはセカンドであり、生粋のゾイド人ではない。装甲巨神最終兵器NOVA」を発動できるのもセカンドのみとされている

※この「セカンド」の解説は、「装甲巨神Zナイト」の解説の一部です。
「セカンド」を含む「装甲巨神Zナイト」の記事については、「装甲巨神Zナイト」の概要を参照ください。


セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:35 UTC 版)

BALDR SKY」の記事における「セカンド」の解説

第二世代(セカンド)の脳チップ備えた、よりネット環境適合した人間首筋神経挿入子(ニューロ・ジャック)が2つ備えられているのが特徴旧世代脳チップとは異なり端末使用しない無線での常時ネット接続仮想世界への没入ダイブ)が可能。また、防壁等といった様々な電脳機能強化されている(ただし、安全のため識者没入する際には可能な限り有線ワイアード)を用いることを推奨している)。

※この「セカンド」の解説は、「BALDR SKY」の解説の一部です。
「セカンド」を含む「BALDR SKY」の記事については、「BALDR SKY」の概要を参照ください。


セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 05:36 UTC 版)

元・世界1位のサブキャラ育成日記 〜廃プレイヤー、異世界を攻略中!〜」の記事における「セカンド」の解説

主人公作中の設定によれば青黒い髪と銀色目に透き通るような白い肌長身細身超絶美形期間限定課金アバター」。余ったアイテムお金保管しておくためにメヴィオンで作成したいわゆる倉庫キャラであるが、現実世界自殺した主人公魂が乗り移った

※この「セカンド」の解説は、「元・世界1位のサブキャラ育成日記 〜廃プレイヤー、異世界を攻略中!〜」の解説の一部です。
「セカンド」を含む「元・世界1位のサブキャラ育成日記 〜廃プレイヤー、異世界を攻略中!〜」の記事については、「元・世界1位のサブキャラ育成日記 〜廃プレイヤー、異世界を攻略中!〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「セカンド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

セカンド

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:37 UTC 版)

発音(?)

せかんど
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

名詞

(英語second音写

  1. 第二のもの。
  2. 自動車変速装置第二速。セカンド・ギア
  3. 野球ソフトボール二塁二塁手

関連語


「セカンド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



セカンドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セカンド」の関連用語

セカンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セカンドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセカンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジージャン (改訂履歴)、リヴァイアサンのセカイ (改訂履歴)、アミテージ・ザ・サード (改訂履歴)、星界の紋章 (ゲーム) (改訂履歴)、装甲巨神Zナイト (改訂履歴)、BALDR SKY (改訂履歴)、元・世界1位のサブキャラ育成日記 〜廃プレイヤー、異世界を攻略中!〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセカンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS