情報処理システムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 情報処理システムの意味・解説 

じょうほうしょり‐システム〔ジヤウホウシヨリ‐〕【情報処理システム】


情報システム

(情報処理システム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 06:31 UTC 版)

情報システム(じょうほうシステム 、英:Information system)、または情報処理システム(じょうほうしょりシステム、英:Information processing system)とは、情報処理や伝達などを行うシステム[1]コンピュータネットワークなどを使用する、いわゆるコンピュータシステムを指すことも多い[1]。またはITシステムとも呼ばれることも多い。


  1. ^ たとえば、宇宙探査機や惑星ローバのような、人間から遠く離れた情報システムについては扱わない、ということだろう。
  2. ^ 過剰な宣伝による期待を持たされたがための失望という


「情報システム」の続きの解説一覧

情報処理システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 07:21 UTC 版)

ADS Mk.1タイコンデロガ級ADS Mk.2アーレイ・バーク級指揮決定システム(C&D) 従来NTDSないしCDS戦術情報処理装置代替するもので、SPY-1レーダーソナーデータリンクなどからの情報総合して周囲の目標について、その脅威度攻撃手段などを自動判断するこれにより目標への対応についての判断において、処理時間飛躍的に短縮された。巡洋艦ではMk.1駆逐艦ではMk.2採用されている。 イージス・ディスプレイ・システムADS戦闘指揮所中枢となるヒューマンマシンインタフェースである。42インチ大の液晶ディスプレイLCD)であるLSDLarge Screen Display)を中核しており巡洋艦では4面構成のMk.1が、駆逐艦では2面構成のMk.2採用される。ただし、巡洋艦のうちBMD 3.6改修受けた艦は、左側LSD 2面外して横長の大型ディスプレイ 1面交換している。また駆逐艦でも、ベースライン9C1/ABMD 5.0CUへのアップグレード改修受けた艦では4面増設している。 武器管制システムWCS) C&Dによって攻撃の判断なされたとき、ミサイル選定しランチャー発射指令送り発射後に中間誘導行い終末段階においては射撃指揮システムに対して指令を行う。実際の攻撃管制するのが武器管制システムWCS)である。従来用いられていたWDSをもとにイージスシステム適合化したものである。 Mk.99射撃指揮システムのほか、対艦ミサイルCIWS、砲などとも連結され、その攻撃管制する巡洋艦においてはMk.1駆逐艦においてはMk.8が採用されている。なお、試験艦「ノートン・サウンド」においては従来型のWDS Mk.12が搭載されていた。

※この「情報処理システム」の解説は、「イージスシステム」の解説の一部です。» 「イージスシステム」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「情報処理システム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

情報処理システムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報処理システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイージスシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS