企業アプリケーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > アプリケーション > 企業アプリケーションの意味・解説 

企業アプリケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/17 15:25 UTC 版)

企業アプリケーション・ソフトウェア はビジネス機能を実行するアプリケーション・ソフトウェアである。例えば、会計、生産スケジューリング、顧客情報追跡、預金口座管理などがある。通常はサーバにホストされ、同じ組織の従業員によって同時に使用される。メジャーなサブカテゴリとして、ERP(企業資源計画)、CRM(顧客関係管理)、SCM(サプライチェーン・マネジメント) などがある。他のカテゴリとしては、銀行保険業大学病院、民間政府など、ユーザの産業に固有な機能を供給する。




「企業アプリケーション」の続きの解説一覧



企業アプリケーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「企業アプリケーション」の関連用語

企業アプリケーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



企業アプリケーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの企業アプリケーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS