プログラム意味論とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > プログラム意味論の意味・解説 

プログラム意味論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 08:16 UTC 版)

プログラム意味論: program semantics)とは、計算機科学(特に理論計算機科学と分類されることもある)の一分野で、プログラミング言語の意味計算モデルに関する分野である。形式的なものは、プログラミング言語の形式意味論とも呼ばれる。標準規格等では形式的でなく意味論を与えているものも多い。


  1. ^ 実用上は一般的な使い方とはなっていないが、yacc(Yet Another Compiler Compiler)の言葉通り、yaccが定義から生成するコードがそれだけで完備した言語処理系になるように使えば、それは属性文法によってその言語の意味論を定義して、yaccにより自動的に処理系を生成した、ということになり、実はプログラム意味論そのものの応用となる。


「プログラム意味論」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プログラム意味論」の関連用語

プログラム意味論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プログラム意味論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプログラム意味論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS