形式手法とは?

形式手法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/12 08:34 UTC 版)

形式手法(けいしきしゅほう、: formal methods)は、ソフトウェア工学における数学を基盤としたソフトウェアおよびハードウェアシステムの仕様記述、開発、検証の技術である[1]。ソフトウェアおよびハードウェア設計への形式手法の適用は、他の工学分野と同様、適切な数学的解析を行うことで設計の信頼性と頑健性が向上するという予想によって動機付けられている[2]




  1. ^ R. W. Butler (2001年8月6日). “What is Formal Methods?”. 2006年11月16日閲覧。
  2. ^ C. Michael Holloway. Why Engineers Should Consider Formal Methods. 16th Digital Avionics Systems Conference (27–30 October 1997). オリジナルの2006年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061116210448/http://klabs.org/richcontent/verification/holloway/nasa-97-16dasc-cmh.pdf 2006年11月16日閲覧。. 
  3. ^ Monin & Hinchey 2003, pp. 3-4
  4. ^ Daniel Jackson and Jeannette Wing, "Lightweight Formal Methods", IEEE Computer, 1996年4月
  5. ^ Vinu George and Rayford Vaughn, "Application of Lightweight Formal Methods in Requirement Engineering", Crosstalk: The Journal of Defense Software Engineering, 2003年1月
  6. ^ Daniel Jackson, "Alloy: A Lightweight Object Modelling Notation", ACM Transactions on Software Engineering and Methodology (TOSEM), Volume 11, Issue 2 (2002年4月), pp. 256-290
  7. ^ Richard Denney, Succeeding with Use Cases: Working Smart to Deliver Quality, Addison-Wesley Professional Publishing, 2005, ISBN 0-321-31643-6.
  8. ^ Sten Agerholm and Peter G. Larsen, "A Lightweight Approach to Formal Methods", In Proceedings of the International Workshop on Current Trends in Applied Formal Methods, Boppard, Germany, Springer-Verlag, 1998年10月
  9. ^ Backus, J.W. (1959). “The Syntax and Semantics of the Proposed International Algebraic Language of Zürich ACM-GAMM Conference”. Proceedings of the International Conference on Information Processing. UNESCO 
  10. ^ Knuth, Donald E. (1964), Backus Normal Form vs Backus Naur Form. Communications of the ACM, 7(12):735–736.
  11. ^ フレデリック・ブルックス、『銀の弾などない』 (No Silver Bullet) 、1986年


「形式手法」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「形式手法」の関連用語

形式手法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



形式手法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの形式手法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS