弾劾とは?

だん がい [0] 【弾劾】

( 名 ) スル
不正や罪過をあばき、責任追及すること。 「腐敗した政治を-する」
身分保障された官職にある者を、義務違反非行などの事由で、議会訴追によって罷免し、処罰する手続き日本現行法では裁判官人事官の弾劾制度がある。 → 弾劾裁判所人事官


弾劾

読み方:ダンガイ(dangai)

官吏の不正などを調査し、上部機関報告すること。


弾劾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/19 14:19 UTC 版)

弾劾(だんがい、: Impeachment)とは、身分保障された官職にある者を、義務違反や非行などの事由で、議会の訴追によって罷免し、処罰する手続き。これにちなみ相手を非難する表現にもなっている。


  1. ^ アメリカ上院サイト Complete List of Senate Impeachment Trials(英語) Archived 2010年12月8日, at WebCite
  2. ^ 憲法第1条第2節第5項 "下院は、その議長及び他の役員を選任し、また弾劾の権限を専有する。"
  3. ^ a b 憲法第1条第3節第6項 "上院はすべての弾劾を審判する権限を専有する。この目的のために開会される場合には、議員は宣誓又は確約しなければならない。合衆国大統領が審判される場合には、最高裁判所長官が議長となる。何人といえども、出席議員の3分の2の同意がなければ、有罪の判決を受けることはない。"
  4. ^ 憲法第1条第3節第7項 "弾劾事件の判決は、免官、及び合衆国政府の下に名誉、信任又は報酬を伴う官職に就任、在職する資格を剥奪すること以上に及んではならない。ただし、有罪の判決を受けた者でも、なお法律の規定に従って、起訴、審理、判決、処罰を受けることを免れない。"
  5. ^ “トランプ大統領を弾劾訴追 アメリカ史上3人目 米議会下院”. NHE NEWSWEB. ]NHK. (2019年12月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191219/k10012220621000.html 2019年12月19日閲覧。 
  6. ^ http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232648


「弾劾」の続きの解説一覧

弾劾

出典:『Wiktionary』 (2010/01/16 13:06 UTC 版)

名詞

だんがい

  1. 罪状調べ責任追及すること。

関連語

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弾劾」の関連用語

弾劾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弾劾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弾劾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弾劾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS