サイクス・ピコ協定とは?

サイクス・ピコ協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/12 14:30 UTC 版)

サイクス・ピコ協定(サイクス・ピコきょうてい、: Sykes-Picot Agreement)は、第一次世界大戦中の1916年5月16日イギリスフランスロシアの間で結ばれたオスマン帝国領の分割を約した秘密協定。イギリスの中東専門家マーク・サイクス英語版 (Mark Sykes) とフランスの外交官フランソワ・ジョルジュ=ピコ(François Marie Denis Georges-Picot)によって原案が作成され、この名がついた。




「サイクス・ピコ協定」の続きの解説一覧



サイクス・ピコ協定と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイクス・ピコ協定」の関連用語

サイクス・ピコ協定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイクス・ピコ協定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイクス・ピコ協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS