コンソーシアムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > > コンソーシアムの意味・解説 

consortium

別表記:コンソーシアム

「consortium」とは・「consortium」の意味

「consortium」とは、複数企業や組織共同特定の目的達成するために結成され連合体のことである。これらの組織は、共同研究開発資源共有市場開拓などの目的協力し合う。コンソーシアムは、参加組織それぞれの専門知識技術持ち寄り協力して問題解決新たなビジネスチャンス創出することができる。

「consortium」の発音・読み方

「consortium」の発音は、/kənˈsɔːrʃiəm/であり、IPAカタカナ読みでは「コンソーシアム」となる。日本人発音するカタカナ英語では、「コンソーシアム」と読むことが一般的である。

「consortium」の定義を英語で解説

A consortium is a group of companies or organizations that come together to achieve a specific goal, such as conducting joint research, sharing resources, or developing new markets. By pooling their expertise and resources, the members of a consortium can work together to solve problems and create new business opportunities.

「consortium」の類語

「consortium」の類語には、alliance同盟)、coalition連合)、partnershipパートナーシップ)、collaboration共同作業)などがある。これらの言葉は、企業や組織共同目標達成するために協力し合う概念表しているが、それぞれの言葉には独自のニュアンスがある。

「consortium」に関連する用語・表現

「consortium」に関連する用語表現には、joint venture合弁事業)、collaborative research共同研究)、strategic alliance戦略的提携)、resource sharing資源共有)などがある。これらの言葉は、コンソーシアムの目的活動関連したものであり、コンソーシアムの構成運営において重要な役割果たしている。

「consortium」の例文

1. The consortium was formed to develop a new technology for renewable energy.(そのコンソーシアムは、再生可能エネルギー新技術開発するために結成された。) 2. Several companies have joined the consortium to share their expertise and resources.(いくつかの企業がコンソーシアムに参加し専門知識資源共有している。) 3. The consortium aims to promote collaboration among its members.(コンソーシアムは、メンバー間の協力促進することを目指している。) 4. The consortium has successfully completed a joint research project.(コンソーシアムは、共同研究プロジェクト成功裏完了した。) 5. The consortium is working on a strategic alliance with other organizations.(コンソーシアムは、他の組織との戦略的提携取り組んでいる。) 6. The consortium has established a resource sharing system among its members.(コンソーシアムは、メンバー間で資源共有システム確立した。) 7. The consortium has expanded its membership to include more companies.(コンソーシアムは、より多く企業含めるようにメンバーシップ拡大した。) 8. The consortium has achieved significant results in its collaborative research efforts.(コンソーシアムは、共同研究取り組み顕著な成果達成した。) 9. The consortium is exploring new business opportunities through joint ventures.(コンソーシアムは、合弁事業通じて新たなビジネスチャンス探求している。) 10. The consortium is committed to fostering innovation among its members.(コンソーシアムは、メンバー間でのイノベーション促進することに専念している。)

コンソーシアム【consortium】

読み方:こんそーしあむ

協会組合連合

開発途上国対す援助方式調整するために、先進国結成する会議国際借款団。債権国会議


コンソーシアム

読み方こんそーしあむ
【英】: consortium

いくつかの企業国営機関を含む)が、シェア決めて一つ事業遂行する形態をいう。
一般にコンソーシアムという言葉使用されるのは、次のような場合においてである。すなわち、数カ国の金融機関共同借款与え国際借款団が組織される場合、あるいは先進国共同して発展途上国経済計画対す援助与えるような場合、あるいはまた、先進工業国企業共同発展途上国大型開発プロジェクト受注する場合などである。リスク大き石油探鉱開発場合このような企業連合方式がよく採用されるまた、かつて石油業界で単に「コンソーシアム」というときは、特にイラニアン・コンソーシアム(Iranian Oil Consortium)を指す場合多かった。これは 1951 年イランにおけるモサデク政権成立に伴う Anglo-Iranian Oil Co.BP前身)の利権国有化と、その後米国政府工作によるイラン主権認めた上で再編成によって、1954 年発足したものであった。コンソーシアムは、BP 40%、R.D.Shell 14 %、米系メジャー 5 社各 7 %、CFP 6 %、米系独立系 9 社(のち 7 社)合計 5 %で構成されイラン国営石油会社 NIOC との間に開発事業請負契約締結したのである。この契約は、1973 年 5 月に、有利な価格での 20 年間を期限とする長期販売購入契約変更された。しかし、197879 年にかけてのイラン革命によって、このコンソーシアムは崩壊し参加各社イラン原油安定調達権益失った。このイラン革命第二次石油危機直接引き金となったわけであるが、「コンソーシアム」=イラニアン・コンソーシアムという業界通称過去のものとなった

コンソーシア(コンソーシアム)

「コンソーシア」とは研究組合意味する
この「コンソーシア」における産学共同研究以前より行われてきたものであり、民間企業研究資金それぞれ支出し研究体制構築する
コンピューター基本ソフト「TORON」などは「コンソーシア」体制によって様々な産業分野への応用成功した例であり、研究者にとっては長期的な研究計画立てられるメリットがあり、また民間企業にとっては研究リスク軽減につながる。

コンソーシアム consortium


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 00:04 UTC 版)

コンソーシアム英語: Consortium)あるいは共同事業体(きょうどうじぎょうたい)は、合弁ではない2つ以上の個人、企業、団体、政府(あるいはこれらの任意の組合せ)から成る団体であり、共同で何らかの目的に沿った活動を行ったり、共通の目標に向かって資源を蓄える目的で結成される。




「コンソーシアム」の続きの解説一覧

コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/29 07:56 UTC 版)

ハバフォード大学」の記事における「コンソーシアム」の解説

ハバフォード大学はトライ・カレッジ・コンソーシアム(Tri-College Consortium)の一員であり、在学生近隣スワースモア大学(英語:Swarthmore College)とブリンマー大学英語版)(英語:Bryn Mawr College)での授業も受けることができ、ブリンマーとは特に親密な関係を築いている。その他にクエーカー・コンソーシアムQuaker Consortium)にも所属しており、ペンシルベニア大学教養学部経済学部ウォートン・スクール)での授業も受けることも可能である。

※この「コンソーシアム」の解説は、「ハバフォード大学」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「ハバフォード大学」の記事については、「ハバフォード大学」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 03:59 UTC 版)

人間総合科学大学」の記事における「コンソーシアム」の解説

埼玉県には、西部地域キャンパス有する19大学によって構成されている「彩の国大学コンソーシアム」(大学間協定)があるが、同大学は"未加盟校"である(2011年時点)。

※この「コンソーシアム」の解説は、「人間総合科学大学」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「人間総合科学大学」の記事については、「人間総合科学大学」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/14 05:15 UTC 版)

東京工科大学片柳研究所」の記事における「コンソーシアム」の解説

研究所複数企業が、共通する主題共同研究する組織である。

※この「コンソーシアム」の解説は、「東京工科大学片柳研究所」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「東京工科大学片柳研究所」の記事については、「東京工科大学片柳研究所」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/04 07:17 UTC 版)

日本マレーシア高等教育大学連合」の記事における「コンソーシアム」の解説

2018年2月現在、22大学によって構成されている。

※この「コンソーシアム」の解説は、「日本マレーシア高等教育大学連合」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「日本マレーシア高等教育大学連合」の記事については、「日本マレーシア高等教育大学連合」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 03:35 UTC 版)

アジア人財資金構想」の記事における「コンソーシアム」の解説

コンソーシアムは、アジア人資金構想への協力大学等構成され、高度実践留学生育成事業と高度専門留学生育成事業とがある。

※この「コンソーシアム」の解説は、「アジア人財資金構想」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「アジア人財資金構想」の記事については、「アジア人財資金構想」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:37 UTC 版)

ESPRESSO」の記事における「コンソーシアム」の解説

ESPRESSOヨーロッパ南天天文台(ESO)と他7機関により共同開発された。共同開発したのは以下の機関である。 Centre for Astrophysics of the University of Porto(英語版) (ポルトガル) Faculdade de Ciências da Universidade de Lisboa, CAAUL & LOLS (ポルトガル) トリエステ天文台英語版) (イタリア) ブレラ天文台英語版) (イタリア) カナリア天体物理研究所英語版) (スペイン) ベルン大学 (スイス) ジュネーヴ大学 (スイス) Institute of Astrophysics and Space Sciences (ポルトガル)

※この「コンソーシアム」の解説は、「ESPRESSO」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「ESPRESSO」の記事については、「ESPRESSO」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 00:17 UTC 版)

リベラル・アーツ・カレッジ」の記事における「コンソーシアム」の解説

いくつかのリベラル・アーツ・カレッジのコンソーシアムがある。 Five College Consortiumマサチューセッツ州西部)【アマースト・カレッジ、スミス・カレッジなどの5大学Tri-College Consortiumペンシルバニア州フィラデルフィア郊外)【スワースモア・カレッジ、ハヴァフォード・カレッジ、ブリンマー・カレッジの3大学Claremont College Consortiumカリフォルニア州クレアモント)【ポモナ・カレッジ、クレアモント・マッケナ・カレッジ、ハーヴィー・マッド大学など5大学+2大学院】 これらのコンソーシアム内では、大学間で単位交換や、図書館ジム球技場食堂など設備共同利用出来る。スポーツ芸術分野では、コンソーシアム全体として大きな団体構成したりなどリベラル・アーツ・カレッジながら研究型大学と並ぶリソース提供している。

※この「コンソーシアム」の解説は、「リベラル・アーツ・カレッジ」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「リベラル・アーツ・カレッジ」の記事については、「リベラル・アーツ・カレッジ」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 16:15 UTC 版)

シスコシステムズ」の記事における「コンソーシアム」の解説

2015年までに、エッジコンピューティングあるいは外付けスマートグリッドとして機能するエネルギールーターを試作した2015年5月4日CEO会長John Chambers同年7月26日付けCEO退任する発表会長職は継続とされた。Chuck Robbinsワールドワイド セールス & オペレーションズ担当シニアバイスプレジデントシスコ勤続 17 年)が、次期CEOとなる。 2015年7月23日、テレビセットトップボックスとケーブルモデム事業Technicolor SA社に6億ドル売却する発表。この事業は元々、シスコScientific Atlanta社を69ドル買収した際に手に入れたのだった。この売却は、コンシューマ市場から徐々に撤退する中で、エンタープライズ分野クラウドベース製品重点を置くシスコ新たな経営陣による取り組み一環として行われた。またビデオ製品に関しては、Technicolor社と引き続き協力していくとされた。 2015年11月19日シスコARM HoldingsDellIntelMicrosoftプリンストン大学とともにフォグコンピューティングへの関心促し開発促進するために、OpenFogコンソーシアムを設立したシスコイノベーション&コーポレートテクノロジー担当シニアディレクタであるHelder Antunesが、コンソーシアム初代会長となった2016年1月Software Defined WANSD-WAN)のスタートアップ企業で、ブランチオフィス ネットワーク設定最適化のためのクラウドサービス提供するVeloCloudに投資March Capital Partners主導するシリーズCラウンドで、VeloCloudに2700ドル出資した。なおVeloCloudには2社が戦略的な投資行っており、そのうち1つシスコであった2016年5月から10月にかけてロスチャイルド株式買収されている。2017年初頭シスコシステムズは、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンBNPパリバ、そしてアクセンチュアなどと、ブロックチェーン推進団体であるチャンバー・オブ・デジタル・コマース(Chamber of Digital Commerce)に参加した2017年2月クラウドモバイルセキュリティリスク対応するクラウドベースのセキュアインターネットゲートウェイを初公開した。公開されCisco Umbrellaは、企業ネットワークVPN使用しないユーザがリモートデータセンターに接続する際に、安全なインターネットアクセス提供できるように設計されている。 2017年度第4四半期決算発表した直後、1当たり株価が7%を超えて上昇する一方で業績アナリスト予想上回ったことから、1株当たり利益60セントから61セント増加した2017年9月Chambers2017年12月任期満了時に会長職から辞任することを発表2017年12月11日Robbins引き続きCEO務めつつ、後任会長選出された。Chambersは「名誉会長」の職に就いた

※この「コンソーシアム」の解説は、「シスコシステムズ」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「シスコシステムズ」の記事については、「シスコシステムズ」の概要を参照ください。


コンソーシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 01:49 UTC 版)

AV1」の記事における「コンソーシアム」の解説

詳細は「Alliance for Open Media」を参照 開発行っているのは半導体産業、ビデオ・オン・デマンドプロバイダやウェブブラウザ開発主体主要企業出資により2015年設立されたコンソーシアムであるAlliance for Open MediaAOMedia)である。 このコーデックInternet Engineering Task ForceIETF)の動画標準化ワーキンググループである Internet Video Codec(NETVC)による標準化最有力候補となっている。彼らは標準化に必要とされる項目をリストまとめている。

※この「コンソーシアム」の解説は、「AV1」の解説の一部です。
「コンソーシアム」を含む「AV1」の記事については、「AV1」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンソーシアム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コンソーシアム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンソーシアムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンソーシアム」の関連用語

コンソーシアムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンソーシアムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2024 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2024 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンソーシアム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハバフォード大学 (改訂履歴)、人間総合科学大学 (改訂履歴)、東京工科大学片柳研究所 (改訂履歴)、日本マレーシア高等教育大学連合 (改訂履歴)、アジア人財資金構想 (改訂履歴)、ESPRESSO (改訂履歴)、リベラル・アーツ・カレッジ (改訂履歴)、シスコシステムズ (改訂履歴)、AV1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS