スミス大学とは? わかりやすく解説

スミス大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 06:04 UTC 版)

スミス大学(スミス・カレッジ)英語: Smith College)は、マサチューセッツ州ノーサンプトンに本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1875年に設置された。


注釈

  1. ^ 2018-2019年度の学内統計[5]によると、学部学生2,502人は全員女性を自認し[2]、大学院生総数401人[2]のうち男性を自認する人は57人(14.2%)[2]、同じく女性を自認する人は344(85.8%)[2]である。
  2. ^ 309人の教員の内訳は常勤289人、非常勤20人[7]。性差は女性178人 (常勤165人・非常勤13人)[8]、男性131人 (常勤124人・非常勤7人)[8]である。
  3. ^ 2016年新学期の学生対教員の比率は、全学生数2491.33人 (全科目履修生1人に対して単位履修生1/3人で調整)、教員数295.67人 (常勤1人に対して非常勤1/3人で調整) に基づいて算出。すなわち8.4:1 (11.9%) である[7]
  4. ^ 「ニューイングランド地方の知の回廊」は次のように定義された[10]

    KnowledgeCorridor®はコネチカット川沿いのマサチューセッツ州スプリングフィールドとコネチカット州ハートフォードならびにその周辺地域を指します。両都市を含む直径25マイルの範囲に当たり、州間高速道路91号線とブラッドリー国際空港を共有しています。

出典

  1. ^ a b c d e USnews.Rankings 2018.
  2. ^ a b c d e f g h Data About Smith 2018, p. 3.
  3. ^ a b FiveColleges 2019.
  4. ^ SmithStudyGroup 2015.
  5. ^ Data About Smith 2018.
  6. ^ The Botanic Garden of Smith College”. 2015年11月23日閲覧。 - 植物園
  7. ^ a b Data About Smith 2018, pp. 24-25.
  8. ^ a b Data About Smith 2018, pp. 24.
  9. ^ WesternMassEDC 2012.
  10. ^ The Knowledge Corridor®”. westernmassedc.com. 2012年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月22日閲覧。
  11. ^ Data About Smith 2018, p. 16.
  12. ^ a b Data About Smith 2018, pp. 3, 28.
  13. ^ FAQ” (英語). 2015年10月11日閲覧。
  14. ^ Julia Child, Betty Friedan and Other Remarkable Alumnae to Be Honored at Smith Celebration (ジュリア・チャイルド、ベティー・フリーダンほか、スミス大学栄誉賞を授賞)” (英語). smith.edu (1999年10月11日). 2019年2月22日閲覧。
  15. ^ Mitsuru Claire Chino, Executive Officer and General Counsel” (英語). WE forum. Itochu Corporation. 2015年11月23日閲覧。
  16. ^ Aki Shibuya” (英語). NHK World. 2015年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月23日閲覧。


「スミス大学」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スミス大学」の関連用語

スミス大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スミス大学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスミス大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS