collaborationとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 不動産用語 > collaborationの意味・解説 

コラボレーション【collaboration】

[名](スル)異な分野の人や団体が協力して制作すること。また、制作したものをもいう。共同制作共同事業共同研究協業合作コラボレートコラボ。「部門越えてコラボレーションすることで新し発想商品生み出す


コラボレーション 【Collaboration】

共同作業と訳すが、最近では協働作業といわれている。プロジェクトチームのような連続した共同作業ではなく創造創出目的とした人的協業関係のような概念である。さまざまな背景を持った人間がある目標向けて協力して、新しアイディア創発することで、特にコンピュータネットワーク利用して従来にない発想を得ることを言う。異な分野専門的知識能力を持つ人々個々発想お互いに補完するということのみならず異な視点交錯させることで、新たな視点を見いだし、新し考え方創出してゆくような仕事仕方

コラボレーション[collaboration]

個々ミュージシャンが、バンドとして常に一緒に活動するのではなく共同で曲やアルバム制作したりすること。単なるゲスト参加ではなく、曲を共作したりと共同作業度合いが高い場合に使う。

コラボレーション collaboration

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

共同制作

日本画華道陶芸という伝統分野で独自の表現追求している作家3人のコラボレーション共同制作

意味説明

分野の者同士が,力を出し合って共同作り上げること

その他の言い換え語例

共同事業 共同研究 共同作業 協働


コラボラシオン

(collaboration から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 07:39 UTC 版)

コラボラシオンフランス語: Collaboration)とは、文字通りには「協力」(コラボレーション)を意味するが、フランスの歴史では特に、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに占領されたフランスで行われた対独協力行為を指す。しばしばコラボ(collabo)と略される。


  1. ^ a b ジョアン・フィンケルシュタイン『ファッションの文化社会学』成実弘至訳 せりか書房 2007年、ISBN 9784796702799 pp.148-150.
  2. ^ ワインと戦争―ヒトラーからワインを守った人々 Don Kladstrup, Petie Kladstrup 著 村松潔 訳 飛鳥新社 2003年 ISBN 978-4588366086
  3. ^ ワインと戦争: ナチのワイン略奪作戦 Christophe Lucand 著 宇京頼三 訳 法政大学出版局 2019年 ISBN 978-4588366086


「コラボラシオン」の続きの解説一覧

コラボレーション

(collaboration から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 15:18 UTC 版)

コラボレーション: collaboration)は、「共に働く」「協力する」の意味で、「共演」・「合作」・「共同作業」・「利的協力」を指す語である。日本語ではコラボと略されることも多い。




「コラボレーション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「collaboration」の関連用語

collaborationのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



collaborationのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2021 Sanko-estate,All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコラボラシオン (改訂履歴)、コラボレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS