バッファとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > バッファの意味・解説 

バッファ

別名:バッファー
【英】buffer

バッファとは、コンピュータ即座に処理しきれないデータ一時的保持しておくための記憶領域を指す意味で用いられる語である。ビジネスシーンでは、「いざという時のための資源予備余裕・ゆとり」のような意味で用いられることも多い。

コンピュータ用語としての「バッファ」の意味

バッファという言葉はIT用語(PC操作において目に触れる言葉)として比較的よく知られている。

コンピューターにおけるバッファは、日本語では「緩衝域」などとも表現される。これは入出力処理において入力と処理との間に生じるタイミングのずれを補うために用いられる記憶領域である。入力される(データを受け取る)側の機器で処理しきれない分のデータは一旦、バッファに保持される。そしてデータを処理できる状態になってから、バッファに留め置かれたデータが受け取られて処理される。

入力されたデータ逐次処理していくタイプ機構において、処理可能な限度上のデータ一気に受け取ってしまう場合があると、データ順序どおり正しく処理できなくなる可能性がある。バッファはそのような事態を防ぐための、データ一時的貯留地のような役割を果たす

PCプリンタ接続してデータ印刷する場面は、バッファが活用される典型的な例といえるPCからプリンタ印刷データ送信する速度と、プリンタ実際に紙へインク出力する速度には、明らかな差がある。PCからどんどん送られてくるデータ直に印刷することは難しい。プリンタにはバッファ用のメモリ記憶装置)が搭載され、そこに印刷データ保持しておく。PCから送られてくる印刷データバッファメモリ保持しておき、印刷進行状況に応じてバッファからデータ取り出すこうすることによって、印刷データ送受信実際印刷齟齬なく円滑に遂行できるようになっているPC側もプリンタ印刷速度(の遅さ)に影響されることなく処理を完了できる。

動画再生においてはPCデコーダーの処理性能(あるいはストリーミング再生におけるダウンロード速度)が満足な水準達していない場合には、映像として見るに堪えない途切れ途切れデータ再生となってしまうため、デコーディング済み(あるいはダウンロード済み)の映像データをバッファ領域に貯めてから再生する形が取られる。もっとも、昨今PC性能インターネット接続環境も十分に高速化しており、動画再生でバッファが機能していると意識せられる場面はそう多くない。

工業部品における「バッファ」の意味

IT用語の他にも、「衝撃和らげる装置・部品・機構」を指す用語としてバッファという呼称が用いられてる。むしろこちらが本義であり、IT用語としてのバッファも広い意味ではこちらの語義包含される。

代表的な例としては鉄道接続部分設けられた機構が挙げられる。鉄道車両におけるバッファは、前後車両との間に生じ得る衝撃緩和する役割を持つ。

エレベーターの上下に設置される衝撃緩和装置もバッファと呼ばれるエレベーターにおけるバッファは、上昇しすぎて天井にぶつかったり、吊り下げ機構呼称落下してしまい地面にぶつかったりした場合に、その激突衝撃和らげる役目を果たす。

ビジネス用語としての「バッファ」の意味

ビジネスシーンでもバッファという語がしばしば用いられている。意味はおおよそ時間人員の《余裕》」と解釈できる。

たとえば、4時間あれば終わる(と見積もられた)作業があったとして、その作業きっかり4時間だけ割り当てたとすると、作業中に難航する部分があったり、途中でやむをえず他の用事を挟んだりした場合に、4時間予定を超えてしまうことになる。そのような事態が生じることを見越して、あらかじめ設けておく多少時間余裕は、バッファと呼ばれることが多い。

あるいは、会議催し事で配布するための資料などを用意する場合、ぴったり参加予定人数分だけ用意しておいたのでは、直前になって参加者が増えた場合に配る資料が足りなくなる。資料一部汚損した場合にも不都合が生じる。そのような事態が生じることを見越して、あらかじめ設けておく多少余裕は、バッファと呼ばれることが多い。

半導体メモリのほかの用語一覧
メモリーカード:  xDピクチャーカード Type M  XQD
仮想メモリ:  オンメモリ  バッファ  ページング  仮想メモリ  スラッシング

バッファ buffer

緩衝器のこと。「バンパー(bumper)」「ショックアブソーバー(shock absorber)」ともいう。 ②電算機では入出力操作のためデータ一時的貯えておく記憶装置のこと。

バッファ

読み方ばっふぁ
【英】:buffer

待ち行列モデルなどにおいて, サービス処理能力を超えたサービス要求一時的待避させて, スムーズに処理が行えるにようにする場所. 待ち行列形成されるのもここである. 単一待ち行列モデルでは "待合室" と呼ばれることが多いが, 直列型待ち行列モデルはじめとする待ち行列ネットワーク, 通信コンピュータなどの応用分野では, バッファと呼ばれることも多い.


バッファ

名前 Buffa

バッファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/27 04:48 UTC 版)

情報処理機器におけるバッファ緩衝(域)[1][2]: buffer)とは,記憶単位間のデータ転送において一時的にデータを記憶することを指す[注釈 1]。 二つの記憶単位が同期されていなかったり,それぞれの処理速度が異る場合によく用いる[1]


註釈

  1. ^ 元々は物理的な衝撃を吸収して和らげる緩衝器の意味である。 この言葉が計算機など情報処理機器の中で電気的に似たような働きをする部分に対して用いられている。

出典

  1. ^ a b JISX0011 1989, 用語番号11.01.17.
  2. ^ JISX4311 1996, 表4.


「バッファ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「バッファ」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バッファ」の関連用語







7
ワンクッション 国語辞典
76% |||||

8
救助網 国語辞典
76% |||||

9
緩衝器 国語辞典
76% |||||

10
緩衝装置 国語辞典
76% |||||

バッファのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バッファのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバッファの記事を利用しております。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバッファ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS