系統連系とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 系統連系の意味・解説 

けいとう‐れんけい【系統連系】


系統連系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/09 22:58 UTC 版)

系統連系(けいとうれんけい)とは、発電設備などが商用電力系統へ並列(発電設備などを商用電力系統に接続すること)する時点から解列(発電設備などを商用電力系統から切り離すこと)する時点までの状態のことをいう。


  1. ^ ここでの逆潮流とは、発電設備等設置者の構内から商用電力系統側へ向かう有効電力の流れをいう。
  2. ^ このために発電設備設置者は電気事業者へアンシラリーサービス料を支払う必要がある。
  3. ^ a b c 「電気設備の技術基準の解釈」の一部改正及び「系統連系技術要件ガイドライン」(10資公部第68号)の廃止について
  4. ^ 同様の問題は電気設備の技術基準の解釈にも当てはまる。


「系統連系」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「系統連系」の関連用語

系統連系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



系統連系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの系統連系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS