監護権とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 監護権の意味・解説 

監護権

読み方:かんごけん

親が子を観察保護する権利親権における本質的な要素

監護権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/25 03:03 UTC 版)

監護権(かんごけん)とは、親権を構成する権利の一つ。保護者未成年者に対する権利として、民法で規定され(民法820条)、刑法保護されているが、同時に監護権は義務であり、監護を怠った結果、その保護する子女の身体生命安全に危険が生じた場合、保護責任者遺棄罪で処罰されることがある。なお、離婚があった場合は親権者と監護権者とが別々に定められるケースがある(民法766条、771条)。




「監護権」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「監護権」の関連用語

監護権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



監護権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの監護権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS