おさえるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > おさえるの意味・解説 

おさ・える〔おさへる〕【押(さ)える/抑える】

[動ア下一][文]おさ・ふ[ハ下二

㋐物が動かないように、押しつけて力を加える。「手で着物の裾を—・える」「文鎮で紙を—・える」

出入り口に手などを押し当てておおう。「傷口を—・える」「耳を—・える」

対象動き封じる

㋐動いたり逃げたりしないように、しっかりつかまえる。「を—・える」「賊を—・える」

勢いを増す傾向にあるものを防ぎ止めるおしとどめる食い止める。「敵の侵略を—・える」

自分支配下に置いて、自由な動きがとれないようにする。抑圧する。「反対派を—・える」

抑える

㋐ある水準以上には高まらないようにする。「値段手ごろなところで—・える」

スポーツで、相手勢いとどめる。「8回までヒット3本に—・える」「強豪相手前半0点に—・える」

感情欲望などが高ぶるのをとどめる抑制する。「—・えた演技」「怒りを—・える」

自己属するものとして確保する。また、差し押さえる。「制空権を—・える」「証拠を—・える」「財産を—・えられる」

大切なところをしっかり理解する。把握する。「要点を—・える」

相手から杯を差されたとき、それをとどめて相手飲ませる

「文六殿返盞(へんさん)申す、と言ひければ、こは母が—・へまし、間(あひ)をいたしてあげません」〈浄・堀川波鼓

[下接句] 勘所(かんどころ)を押さえる首根っ子を押さえる差しつ押さえつ瓢箪(ひょうたん)で(なまず)を押さえる・目頭(めがしら)を押さえ


おさ・える おさへる 【押・抑】

〔他ア下一(ハ下一)〕 [文]おさ・ふ 〔他ハ下二

[一] 上から下へ向けて力を加えつづける。

① 物が動かないように、手などで力を加える。押しつける。

万葉(8C後)一三・三二九五「やまとの 黄楊(つげ)の小櫛を 抑(おさへ)刺す うらぐはし子 それそわが妻

② 物を支えたり、注意をひいたりするために、手を押し当てる手をかける

宇津保(970‐999頃)蔵開上「御丁のはしらををさへて立ち給つるを」

気絶した者、病人などを介抱するために、手を押しあてる。

今昔1120頃か)二六「死入(しにいり)て不動(はたらかざり)けるを、和(やは)ら取り下して抑へたりければ、一時許(ばかり)有てぞ生たりける」

出入りの口などに手を押しあてる。ふさがるようにおおいかぶせる。

高野平家13C前)一「知らせじとおさふる袖のひまよりも、あまりて涙ぞこぼれける」

(5) 和歌、特に連歌で、ある語に特定の助詞添えてその語が下の述語にかかる力を加える。

連歌教訓(1582)「ぞとおさへては、ると留る也、桜の花ぞさかりなりける」

[二] 物事活動とどめる

① 自由に動くことをおしとめるまた、むりにこちらの思うままにする。

(イ) 進み動いたり、ふえたりするのをくいとめる

大和(947‐957頃)一七二「院も御車をさへさせ給ひて、『なにしにここにはあるぞ』と問はせ給ひければ」

(ロ) 自分思い通り支配する。他の意見主張などをはじめからまた、途中でさえぎりとめたり、制限したりする。抑圧する。

続日本紀天平宝字三年(759)六月一六日宣命「人の心未だ定まらず在りしかば、〈略〉諸(もろもろ)の意(こころ)静まり了(は)てなむ後に、傍(かたへ)の上をば宣(のたま)はむと為てなも、抑閇氐(おさヘテ)在りつる」

(ハ) 動き回らないように、しっかりつかまえる。とりおさえる

平家13C前)八「水の底で倉光(くらみつ)をとってをさへ」

② 涙や気持などが表に現われようとするのをとめる。感情抑制する。こらえる。

書紀720顕宗即位前(図書寮本訓)「遂に億計王と、相抱(たづさ)へて涕泣(な)く。自ら禁(オサフル)こと能はず」

源氏100114頃)若菜下堪へがたきをおさへて明かし給ふつ」

相手のさそうとする杯をおし返しもう一度飲ませる

浮世草子好色一代男(1682)三「いまだ古風やめず、一度一度おさえて酒ぶりかたし」

囲碁で、相手の石に接して、その進もうとする地点占める。

温故知新書(1484)「約 ヲサフル 碁」

浄瑠璃国性爺合戦(1715)九仙山「切ておさへてはねかけて、軍(いくさ)は花の乱れ碁や」

(5) 小舟で、舟を右に向かせるように(ろ)を使う。

[三] 自分支配下にとりこんで、手ばなさないようにする。

品物などについて、他人の自由ならないような処置をとる。さしおさえるまた、自分の手に入るように、前もって約束する。

歌舞伎恋慕相撲春顔触1872序幕此の若殿世になれば、十人扶持は押(オサ)へたもの、何とうまいではないか

物事の大切な点を捜し出してしっかりつかむ。把握する。

団団珍聞‐六九三号1889)「婦人に好れる成駒屋男子を迷はす成田屋と成(なり)の字二つを以て押(オサ)へた今度狂言なれば悪からう筈は無し

[語誌](1)「おす(押)」に継続表わす接尾語「ふ」の付いた形。これと語源同じくする「おそう(おそふ)」は、語義の上では異な変遷をたどっているが、古くは「圧」字を訓じて類似の意味に用いられることもあった。
(2)室町ごろから「おさゆ(る)」が使われ、「日葡辞書」にも「オサエユルエタ」とあるが、未然形連用形は「おさふ」「おさへる」のそれと区別しにくいので、便宜上この項に入れ、「おさゆ」の項には、はっきり区別できる例のみあげた。→おさゆ。
(3)日葡辞書」の増補には、「おさゆる」の意味に「しいる、しいてさせる」があるが、これは(二)①(ロ) に当たり、「おさえて」の形で多く使われたものと思われる。→おさえて


おさ(抑)える

レースで、ポンとスタートを切った馬を、手綱を握る両方の手を、クビつけ根あたりを“おさえるように”してペースダウンして、マイペース持ち込むこと。馬の機嫌損じないように、巧くしないと、反対にひっかかってセーブがし難くなる。また調教目一杯追わず“おさえ気味に追う”という乗り方もある。調教スタミナ使い過ぎないようにするときにこうして乗る


抑える(おさえる)


ピッチングを抑える、ヨーイングを抑える、揺れを抑える、など、機体その時運動姿勢や状態を正常な位置動きにに戻していく事で、「正常な状態に整える」とか「鎮める」という意味も含んでいる。
その方法として、ブレークコードやウエイトシフトを適切に行うわけであるが、特にブレークコードの操作方法をとらえ、押さえと言う場合もある。

押さえる(おさえる)

機体運動抑える際の具体操作方法描写した言い方
機体ライズアップした時、ブレークコードをそのままニュートラルな状態にしておくと、キャノピーパイロット本人よりも先行して潰れてしまう。
これの対応としてキャノピー頭上に上がった時、もしくはキャノピー頭上越えよう(先行しよう)とする運動があるとき、適当な量でブレークコードを引かなければならない
この時操作は引くと言うよりむしろ胸付近で「押さえる」と言った方が感覚的にあっており、この方法を説明する際に、「ブレークコードを押さえる。」と言う表現が使われている。
飛行時にピッチングが起こった時など、そのピッチング運動打ち消為の操作同じくこの表現が使われる。

ヲサエル

読み方:おさえる

  1. 強盗押入ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・北海道

分類 北海道

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おさえる

出典:『Wiktionary』 (2019/08/20 12:35 UTC 版)

語源

古典日本語「おさふ」 < 「おす」 + 継続助動詞「ふ」

動詞

おさえる(さ)える、える】

  1. (他動詞) 動かないよう加え止める
  2. (他動詞) 動作などを何らかの手段用い食い止める
  3. (他動詞) ある範囲超えないようにする。
  4. (他動詞) 重要な点をしっかり理解する。
  5. (他動詞) 自分支配下に置く。

活用

おさ-える 動詞活用日本語活用
ア行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
おさ える える えれ えよ
えろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 さえない 未然形 + ない
意志勧誘 おさえよう 未然形 + よう
丁寧 おさえます 連用形 + ます
過去・完了・状態 おさえた 連用形 + た
言い切り おさえる 終止形のみ
名詞化 おさえること 連体形 + こと
仮定条件 おさえれば 仮定形 + ば
命令 おさえよ
おさえろ
命令形のみ

発音

東京アクセント
お↗さえ↘る
お↗さ↘える
京阪アクセント
↗おさえる


  • 画数:6
  • 音読み:アツ
  • 訓読み:おさえる







  • 画数:15
  • 音読み:ソン
  • 訓読み:おさえる
  • ピンイン:zun3
  • 対応する英語:economize, abide by, comply with



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おさえる」の関連用語

おさえるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おさえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2021 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおさえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS