代々木アニメーション学院とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > アニメに関係する企業 > 代々木アニメーション学院の意味・解説 

代々木アニメーション学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/19 12:44 UTC 版)

株式会社代々木アニメーション学院(よよぎアニメーションがくいん)は、東証2部上場企業の株式会社キョウデングループに属するアニメやエンターテインメントの専門教育機関[1][2][3]。通称「代アニ(よアニ)」。学校教育法上の学校ではないいわゆる無認可校である[4]




  1. ^ 2016年2月の銀河劇場取得の際のプレスリリース[リンク切れ]には「株式会社代々木ライブ・アニメイション」とあるが、2016年8月の会社概要には「株式会社代々木アニメーション学院」と記載されている。
  2. ^ 国税庁 法人番号情報サイト
  3. ^ 同地には「株式会社代々木アニメーション学院」「株式会社代々木ライブ・アニメイション 」「株式会社YOANI」の3社が本店を置いているが、ここでは出典の「会社概要」に基づき、「~学院」を記載する。なお、「yoani.co.jp」は「~学院」が、「yoani.jp」は「~アニメイション」が取得している。
  4. ^ ただし、学生募集の広告宣伝において、専門課程を持つ専修学校のみが呼称を認められている「専門学校」という表記を使用している。例として、公式サイトのタイトルタグで「アニメ・声優・マンガ・イラストの専門学校」(魚拓)と、公式ツイッターのオープンキャンパス告知では「声優専門学校」(archive)と称している。なお、東京都からの専修学校の認可は受けていない私立専修各種学校|東京都生活文化局)ため、当然専修学校専門課程の設置はされていない。
  5. ^ 2.5次元演劇科 代々木アニメーション学院公式サイト
  6. ^ 江戸の文化と現代のアニメ文化が、異色のコラボ!~オリジナルコンテンツの配信を開始~
  7. ^ 千代田区神田三崎町一丁目三崎町MCビル
  8. ^ 代々木アニメーション学院が水道橋に移転 「YOANI東京校」に名称変更”. みんなの経済新聞ネットワーク(2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  9. ^ “「天王洲 銀河劇場」が2.5次元“代アニ”劇場に 代々木アニメ学院が取得”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年2月2日). オリジナルの2016年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160206201654/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160202-OHT1T50075.html 2016年2月2日閲覧。 
  10. ^ 「天王洲 銀河劇場」名称の継続が正式決定 2016年8月10日閲覧
  11. ^ YOANIレーベル - Amazon.co.jp
  12. ^ 代々木アニメーション学院にAKB48の生みの親である秋元康氏が名誉学院長-兼-総合プロデューサーとして就任.pdf[リンク切れ]”. 代々木アニメーション学院・ニュースリリース (2016年3月28日). 2016年4月22日閲覧。


「代々木アニメーション学院」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代々木アニメーション学院」の関連用語

代々木アニメーション学院のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



代々木アニメーション学院のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの代々木アニメーション学院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS