創造学園大学とは?

創造学園大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 14:24 UTC 版)

創造学園大学(そうぞうがくえんだいがく、英語: University of Creation; Art, Music & Social Work)は、群馬県高崎市八千代町二丁目3番6号に本部を置いていた日本私立大学である。2004年に設置され、2013年に廃止された。大学の略称は創造大、創学大。


  1. ^ 堀越学園:現理事長側抗告、東京高裁が棄却  毎日新聞 2012年9月12日
  2. ^ a b 「大学概要」『大学概要 | 創造学園大学:音楽・芸術・社会福祉の4年制大学。群馬県高崎市。』創造学園大学。
  3. ^ のりピー、今月中にも創造学園大に出没 サンケイスポーツ 2009年11月14日
  4. ^ 教育の質など基準満たさず - 読売新聞 2011年4月1日
  5. ^ 創造学園大学 平成22年度 大学機関別認証評価報告書 (PDF)”. 公益財団法人日本高等教育評価機構 (2011年3月). 2016年6月26日閲覧。
  6. ^ a b 創造学園大 本校入学ゼロ 読売新聞 2012年4月6日
  7. ^ “群馬・堀越学園 3月に解散命令”. 読売新聞. (2012年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20121023-OYT8T00953.htm?from=tw 
  8. ^ 朝日新聞 最後の卒業式、54人巣立つ 閉校の群馬・創造学園大
  9. ^ 学校法人堀越学園に対する解散命令について(通知)”. 文部科学省 (2013年3月28日). 2013年4月1日閲覧。
  10. ^ [1] - 広報「さかき」110号、2017年10月31日
  11. ^ 「創造祭」『創造祭 | 創造学園大学:音楽・芸術・社会福祉の4年制大学。群馬県高崎市。』創造学園大学。
  12. ^ 「後援会・同窓会」『後援会・同窓会 | 創造学園大学:音楽・芸術・社会福祉の4年制大学。群馬県高崎市。』創造学園大学。
  13. ^ 「創造学園大学後援会」『創造学園大学後援会 | 音楽学科 - 芸術学部創造学園大学:音楽・芸術・社会福祉の4年制大学。群馬県高崎市。』創造学園大学
  14. ^ 創造学園大跡地を売却 中山キャンパスを福祉施設に上毛新聞 2016年8月4日
  15. ^ 創造学園大:タウト資料館閉館 岩波書店に展示品返却毎日新聞 2010年8月6日
  16. ^ 2012/06/21: タウト館閉館に伴う、教室変更について(創造学園大学掲示板より)
  17. ^ 跡地に看護学校が開校 来年4月 /群馬毎日新聞 2015年12月10日
  18. ^ 高崎に看護師養成学校【平井学園】ぐんま経済新聞 2016年4月23日
  19. ^ 群馬・創造学園大、虚偽の財務書類提出 補助金停止 朝日新聞 2009年3月27日
  20. ^ a b 毎日新聞 2009年3月28日
  21. ^ 群馬県教委「他校への進学」検討を要請 堀越学園立ち入り検査 産経新聞 2009年2月3日
  22. ^ 創造学園大に助成せず 私学事業団 「財務書類虚偽記載」で2年間(群馬) 読売新聞 2009年3月30日
  23. ^ 創造学園大 八千代、中山キャンパス 仮差し押さえ命令 東京新聞 2009年2月6日
  24. ^ 堀越学園に是正勧告、藤岡労基署 月給遅延で労基法違反 東京新聞 2009年4月6日
  25. ^ 堀越学園 県、助成金を全額不交付 読売新聞 2010年3月30日
  26. ^ 堀越学園、寮の家賃滞納 読売新聞 2010年7月3日
  27. ^ 創造学園大を「評価中止」、認可取り消しも 読売新聞 2010年7月10日
  28. ^ 『被害者の会』を結成 堀越学園経営悪化問題で 東京新聞 2010年7月29日
  29. ^ 給与資料、県私学振興会へ提出せず 毎日新聞2010年10月6日
  30. ^ 堀越学園:年金など掛け金、長期滞納 昨年夏から私学共済に 毎日新聞2010年10月7日
  31. ^ 巨額負債隠し大学設立…群馬の堀越学園 読売新聞 2010年10月28日
  32. ^ 創造学園大の運営法人、弁護士報酬未払いで敗訴 MSN産経ニュース 2010年10月28日
  33. ^ 堀越学園に2億支払い命令 不動産取引の違約金 スポーツニッポン 2010年10月29日
  34. ^ 堀越学園 健診代未払い 読売新聞 2011年1月5日
  35. ^ 堀越理事長が退任 朝日新聞 2011年1月26日
  36. ^ 創造学園大を「不認定」 高等教育評価機構 産経新聞 2011年3月31日
  37. ^ 県私学振興会、退会に 出資金4000万円滞納、会員資格喪失 毎日新聞 2011年4月5日
  38. ^ 堀越学園理事長辞任 今年3人目 給与再度遅配で引責 毎日新聞 2011年7月12日
  39. ^ 堀越学園が遅配4回目 藤岡労基署が調査 東京新聞 2011年7月21日
  40. ^ 堀越学園元理事長 理事と学長辞意 教職員で再建委発足へ 東京新聞 2011年7月26日
  41. ^ 甲冑・古伊万里を横領容疑、創造学園大寮を捜索 読売新聞 2011年7月28日
  42. ^ 堀越学園私学振興会を退会 読売新聞 2011年8月25日
  43. ^ 財務省、堀越学園の土地差し押さえ 読売新聞 2011年11月9日
  44. ^ 「堀越高校が付属校」と堀越学園債ウソの勧誘 読売新聞 2012年12月5日
  45. ^ 群馬の堀越学園、学校債発行総額は1億円以上 読売新聞 2011年12月6日
  46. ^ 堀越学園:男性が提訴 満期学債償還せず、文科省が調査 毎日新聞 2011年12月7日
  47. ^ 堀越学園 文科省が調査 朝日新聞 2011年12月6日
  48. ^ 堀越学園の財務悪化確認 読売新聞 2011年12月6日
  49. ^ 堀越氏、7月に引責辞任の理事長言及後も学長継続 文科省が認識 毎日新聞 2011年12月8日
  50. ^ 学長に慰労金1億円 理事長辞任で支給決定、教職員給与遅配の中 毎日新聞 2011年12月9日
  51. ^ 養父母の慰労金、06年も3億5千万円 学長らへ、理事会決める 毎日新聞 2011年12月10日
  52. ^ 堀越学園:創造学園大、一時閉鎖 今月末まで「地位保全で混乱」 毎日新聞 2012年5月23日
  53. ^ 堀越学園:構内道路通行止め 借地の明け渡しも学園に求める 読売新聞 2012年7月3日
  54. ^ 文科省が堀越学園視察、新旧経営陣対話ならず 読売新聞 2012年6月21日
  55. ^ 堀越学園 決算書類不備で「未提出」 東京新聞 2012年7月6日
  56. ^ 堀越学園、給料未払い12カ月 労基署が処分検討 朝日新聞2012年8月25 日
  57. ^ 創造学園大 硬式野球部 負担金70万円未納入 首都大学野球連盟に 東京新聞2012年9月7日
  58. ^ 創造学園大を「除名」 会費数年間滞納で県私立大学協会 東京新聞2012年9月13日
  59. ^ a b 群馬・堀越学園、料金滞納で電気止まる恐れ 『読売新聞』2012年7月10日
  60. ^ 大学全比較 週刊ダイヤモンド 2012年9月29日号
  61. ^ 文科省が堀越に行政処分と転学支援検討 読売新聞2012年9月20日
  62. ^ 群馬の学校法人に解散命令検討 経営悪化で文科省 日本経済新聞2012年9月21日
  63. ^ 堀越学園 破産手続きへ 文科省の解散命令後 東京新聞2012年9月22日
  64. ^ 旧堀越学園の生活協同組合 県が近く解散命令 東京新聞
  65. ^ 群馬・堀越学園に解散命令=創造学園大など廃止-文科省 時事.com 2013年3月28日
  66. ^ 堀越学園元理事長の破産手続きを廃止 前橋地裁 上毛新聞 2015年11月7日
  67. ^ 堀越学園元理事長 実刑確定へ 最高裁上告棄却 上毛新聞 2016年2月18日
  68. ^ 学校法人平井学園たかさき・ナイチンゲール学院
  69. ^ グランドヒルズ高崎 平成30年1月オープン藤和グループ2017年7月18日(2018年6月10日アクセス)
  70. ^ 「創造学園大学教職員組合解散にあたっての声明・・・堀越学園事件をくりかえさないために(PDFファイル)」東京私大教連[2](2018年6月10日アクセス)


「創造学園大学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創造学園大学」の関連用語

創造学園大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



創造学園大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創造学園大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS