プシュケとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > プシュケの意味・解説 

プシュケー Psȳkhē ○

ギリシャ神話で、エロスの妻。息、魂、生命の意。二世紀のローマ著作家アプレイウス作「黄金のろば」の中で一挿話として語られるプシュケークピドエロス)の恋物語でよく知られる。プシケ

プシュケー [1]ギリシャ psykhē

心。霊魂プシケ

プシュケー

(プシュケ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/05 15:55 UTC 版)

プシュケー: Ψυχήアルファベット表記:Psyche)とは、古代ギリシアの言葉で、もともとは(いき、呼吸)を意味しており、転じて生きること(いのち、生命)、またを意味するようになった言葉である。


  1. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻、【生物学】p.220
  2. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻、【生物学】p.220
  3. ^ ※ なお、息という意味から《生きること》や《いのち》までも派生するようになったのは何も古代ギリシャ語に限らない。日本語でも、「いき(息)」という言葉が活用(語形変化)して「いき-る(生きる)」という言葉が成立したのである(出典:『日本語語源大辞典』2005、『大言海』1932年)。また「いのち」という言葉の語源に関する説は(説がひとつに定まっているわけではなく確定的な説は無いものの)「い(息)のうち」という意味・表現から生じたという説(出典:大言海、日本語源辞典)、あるいは「息のち(力)」から生じた、とする説(出典:語源由来辞典)が主たるもので、いずれにせよ日本語でも一般的に「いのち」は「息」から派生した言葉だと判断されているのである。
  4. ^ 通約不可能性も参照のこと
  5. ^ a b c d e f g 山我哲雄 『哲学 ・ 思想 事典』 岩波書店1998年。4-00-080089-2。
  6. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』第11巻、【生物学】p.221
  7. ^ 文學界 第 7~8 号 p.150
  8. ^ 菱刈晃夫『近代教育思想の源流:スピリチュアリティと教育』p.123


「プシュケー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プシュケ」の関連用語

プシュケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プシュケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプシュケー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS