キューピッドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > キューピッドの意味・解説 

キューピッド【Cupid】

読み方:きゅーぴっど

[一]ローマ神話の恋の神クピド英語名ビーナスの子弓矢を持つ裸の有翼少年で、その矢に当たった者は恋心起こすという。ギリシャ神話エロスに当たる。

[二]天王星の第27衛星2003年ハッブル宇宙望遠鏡によって発見された。名はシェークスピアの「アテネのタイモン」に登場する[一]由来天王星に9番目に近い軌道公転する直径15キロほどで最小平均表面温度セ氏マイナス209度以下。


キューピッド

作者雨宮諒

収載図書シゴフミstories of last letter 2
出版社メディアワークス
刊行年月2007.3
シリーズ名電撃文庫


キューピッド

名前 Cupid

クピードー

(キューピッド から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 02:43 UTC 版)

クピードーCupido)は、ローマ神話日本語では長母音を省略してクピドとも表記される。アモール(Amor)とも呼ばれる。日本では、英語読みのキューピッドen:Cupid)やキューピットで知られる。


  1. ^ de Vaan 2008, p. 155.


「クピードー」の続きの解説一覧

キューピッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 08:21 UTC 版)

電人ファウスト」の記事における「キューピッド」の解説

空中浮遊式の情報収集ロボット電波通信に関するあらゆる機能優れたステルス性を持つが武装持たないドナーに対して街中電気集めて送るなどの援護をする。

※この「キューピッド」の解説は、「電人ファウスト」の解説の一部です。
「キューピッド」を含む「電人ファウスト」の記事については、「電人ファウスト」の概要を参照ください。


キューピッド(Qpid)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 07:01 UTC 版)

DEATH STRANDING」の記事における「キューピッド(Qpid)」の解説

カイラル通信を繋ぐために必要となる情報保存されている媒体普段サムの首に首飾りのようにして身につけられている。

※この「キューピッド(Qpid)」の解説は、「DEATH STRANDING」の解説の一部です。
「キューピッド(Qpid)」を含む「DEATH STRANDING」の記事については、「DEATH STRANDING」の概要を参照ください。


キューピッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 03:37 UTC 版)

ほのぼの君」の記事における「キューピッド」の解説

連載初期登場のため翼が濡れて飛べなくなったため、ほのぼの君ドライヤーで翼を乾かしてもらったことがある

※この「キューピッド」の解説は、「ほのぼの君」の解説の一部です。
「キューピッド」を含む「ほのぼの君」の記事については、「ほのぼの君」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キューピッド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キューピッド

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:41 UTC 版)

固有名詞

キューピッド

  1. 天王星衛星固有

語源

関連語


「キューピッド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キューピッドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キューピッド」の関連用語

キューピッドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キューピッドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクピードー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電人ファウスト (改訂履歴)、DEATH STRANDING (改訂履歴)、ほのぼの君 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキューピッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS