可能の助動詞とは? わかりやすく解説

可能の助動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 09:21 UTC 版)

ビルマ語」の記事における「可能の助動詞」の解説

可能、つまり日本語では「…できる」「…られる」などと訳せる助動詞は ရ /ja̰/ ヤ、တတ် /daʔ~taʔ/ ダッ ~ タッ、နိုင် /nàɪɰ̃/ ナイン3種類が存在する。 まず ရ は本動詞としては〈得る〉の意味持ち動詞後に従属節化の လို့ lui' /lo̰/ ロォ を置いたさらにその後ろに現れ、英語の can や may と同様一般的な可能性、〈何かをするにあたって障害がない〉という意味合いがある。 次に တတ် には主語先天的あるいは後天的な技能を表す意味合いがあり、〈…語を話せる〉という文もこの助動詞用いて表現される。 そして နိုင် は本動詞としては〈勝ち取るの意味を持つが、精神的物理的に何かを行うことが可能であるという意味合い持ちその瞬間に何ができるかということ重要であるというのが တတ် とは異なる点である。ただし နိုင် は一般的仮定的な可能性の意味を表すために使われる場合もあり、この場合は「動詞 + လို့ရတယ်」の構文の場合と意味が被る。 これらの助動詞を同じ主語・同じ本動詞と共に用いた文には以下のようなニュアンスの差が出てくる。 ကျွန်တော်ပြောလို့မရဘူး။ 転写: kyvanʻ toʻ pro lui' ma ra bhū". IPA: /t͡ɕənɔ̀ pjɔ́ lo̰ mə ja̰ bú/ カナ表記: チャノー ピョー ロォ マ ヤ ブー グロス: 私.男 話す 〔従属節化〕 〔否定〕 得る 〔否定〕 訳:「僕が話すのは無理だ。」 含意:〈僕には話すこと許されていない〉あるいは〈僕には話す機会がない〉 ကျွန်တော်မပြောတတ်ဘူး။ 転写: kyvanʻ toʻ ma pro tatʻ bhū". IPA: /t͡ɕənɔ̀ mə pjɔ́ daʔ bú/ カナ表記: チャノー マ ピョー ダッ ブー グロス: 私.男 〔否定〕 話す できる 〔否定〕 訳:「僕は話せない。」 含意:〈僕は言語分からない〉あるいは〈僕は何も思いつかない〉 ကျွန်တော်မပြောနိုင်ဘူး။ 転写: kyvanʻ toʻ ma pro nuiṅʻ bhū". IPA: /t͡ɕənɔ̀ mə pjɔ́ nàɪm bú/ カナ表記: チャノー マ ピョー ナイン ブー グロス: 私.男 〔否定〕 話す 勝ち取る否定〕 訳:「僕は話せない。」 含意:〈僕は疲れ過ぎている〉、〈僕は興奮し過ぎている〉など

※この「可能の助動詞」の解説は、「ビルマ語」の解説の一部です。
「可能の助動詞」を含む「ビルマ語」の記事については、「ビルマ語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「可能の助動詞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

可能の助動詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



可能の助動詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビルマ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS