アウグストゥスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 統治者・君主 > ローマ皇帝 > アウグストゥスの意味・解説 

アウグストゥス【Augustus】

読み方:あうぐすとぅす

尊厳者の意》前27年オクタビアヌスローマ元老院から受けた称号


アウグストゥス 【Augustus】


アウグストゥス

作者ヘルマン・ヘッセ

収載図書ヘルマン・ヘッセ全集 9 メールヒェン・物語集71919-1936
出版社臨川書店
刊行年月2005.6


アウグストゥス

名前 AugustusAúgoustos

アウグストゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 03:49 UTC 版)

アウグストゥス: Augustus, 紀元前63年9月23日 - 紀元14年8月19日[1])は、ローマ帝国の初代皇帝(在位:紀元前27年 - 紀元14年)。


  1. ^ Augustus Roman emperor Encyclopædia Britannica
  2. ^ 古代ローマの人名#個人名の変化も参照
  3. ^ ビアード2018、p.65。
  4. ^ スエトニウス『皇帝伝』アウグストゥス、2, 7
  5. ^ しかし、この時点でこの名を名乗ったという記録はなく、また一部では疑問視もされている[要出典]。すなわち「ガイウス・ユリウス・カエサル」というパトリキの名門貴族の名を継ぐことは、騎士階級出身でしかなかった彼の低い出自では憚られることであったからである。
  6. ^ この惨劇は後に20世紀の歴史家から皮肉にも「ローマ革命」と名づけられている。あまりにも多くの血が流れ、従来の元老院の旧体制勢力が絶え、代わりに三頭政治の支持者に入れ替わったからである。
  7. ^ ローマ市民権保持者でなければ軍団兵にはなれないため。ローマ市民権を持たない属州民は補助兵(アウクシリア)としてローマ軍に従軍した。
  8. ^ 青木正規著 皇帝たちの都ローマ ISBN 4-12-101100-7 1992年発行第1版 p265-p266
  9. ^ 池上英洋 『美しきイタリア 22の物語』光文社、2017年、52頁。ISBN 978-4-334-04303-2 


「アウグストゥス」の続きの解説一覧

アウグストゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 09:28 UTC 版)

ユリウス=クラウディウス朝」の記事における「アウグストゥス」の解説

民衆派指導者として元老院支配打倒しオクタウィアヌスは、アウグストゥスと名を改め事実上の世襲君主による帝政プリンキパトゥス)を開始した。しかし肝心のアウグストゥス本人男子恵まれず、また男子兄弟もいなかったことから男系子孫による世襲早い段階で諦め一人娘大ユリアと姉の息子マルケッルスいとこ婚させて、少しでも自身に近い血縁帝位独占しようと試みた。 だが、マルケッルス紀元前23年食中毒で子を残さず早世してしまい、アウグストゥスは次に娘を腹心であったアグリッパ再婚させた。今度3人男子生まれたが、長男ガイウス・カエサル戦死次男ルキウス・カエサル早世、そして三男アグリッパ・ポストゥムス祖父対立して追放された。 孫を失った後、アウグストゥスはアグリッパ死後大ユリア3度目再婚命じた今度相手自らの後妻リウィア・ドルシッラ連れ子であり、弟大ドルスス並んで優れた軍司令官として知られていたティベリウスであったティベリウス大ユリア決し良好な間柄ではなく結婚生活不調もあってアウグストゥスと敵対したティベリウス一時期自発的にロドス島亡命生活送っていた。 しかし、ティベリウスの弟である大ドルススマルクス・アントニウス次女小アントニア結婚して子供ゲルマニクスクラウディウス)を得ていたこともあり、「甥の後見人」という立場ポストゥムス追放後ティベリウス帝位継承者に指名した

※この「アウグストゥス」の解説は、「ユリウス=クラウディウス朝」の解説の一部です。
「アウグストゥス」を含む「ユリウス=クラウディウス朝」の記事については、「ユリウス=クラウディウス朝」の概要を参照ください。


アウグストゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 03:32 UTC 版)

この私、クラウディウス」の記事における「アウグストゥス」の解説

ローマ帝国初代元首明るく開放的な性格の持ち主クラウディウス才能を一定評価しており、クラウディウス敬愛していた。妻リウィアによって暗殺される

※この「アウグストゥス」の解説は、「この私、クラウディウス」の解説の一部です。
「アウグストゥス」を含む「この私、クラウディウス」の記事については、「この私、クラウディウス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アウグストゥス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アウグストゥス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アウグストゥス」の関連用語

アウグストゥスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アウグストゥスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウグストゥス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユリウス=クラウディウス朝 (改訂履歴)、この私、クラウディウス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS